杉野真実アナ、書道師範級の美文字に反響!「芸術レベル」「額にいれて飾りたい」【画像】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

杉野真実アナ、書道師範級の美文字に反響!「芸術レベル」「額にいれて飾りたい」【画像】

日本テレビ・杉野真実アナウンサー(31)が2021年1月24日付のインスタグラムで、季節を表す二十四節気をペンで書いた美文字を披露し、話題になっています。

ネット上では「芸術レベルですね」、「額にいれて飾りたい」、「爪の垢呑ませて」などと、絶賛の声が挙がっています。

※師範級の腕前。
kakizome_girl.png

1.杉野真実アナ、ペンで書いた二十四節気

左上の「小寒」(1月6日頃)から右下の「冬至」(12月22日頃)まで、季節を表す二十四節気が美しい文字で書かれています。

それぞれの節気のイメージによって書体も様々で、「小寒」は雪だるまのような丸いイメージ、「大寒」は先の尖った冷たいイメージ、「立春」は爽やかな風が吹いているようなイメージにも見えます。芸術的。

なお、杉野アナは2020年2月4日付のインスタグラムで「立春」を披露してから、2021年1月20日付のインスタグラムで「大寒」を披露するまで、二十四節気の節目にこのペン文字を書いては、自身が担当する情報番組「バゲット」(日本テレビ系)の収録スタジオに飾ってきたようで、上記はそれらを全て振り返ったコンプリート版のようです。

インスタグラムでは「こうやって見ると、ホントスゴイ作品」、「どれも、個性があって、素晴らしい」、「このシリーズ本当に目が楽しかった」などと、絶賛の声が出ていました。

また、後藤晴菜アナ(30)は「立春がすき〜」と、岩本乃蒼アナ(29)は「穀雨のしたたる感じが好きです」などと、好きな字を発表していました。

2.杉野真実アナが過去に披露した美文字

杉野アナはこれまでにも、SNSで筆で書いた美しい文字を披露したことがあります。

ここでは、それらのうちのいくつかを振り返ってみましょう。

2-1.大きな紙に揮毫した書き初め「克」

2021年1月6日付のインスタグラムで披露したもので、大きな紙に力強く揮毫した「」の文字です。

うつむかず、上を向く一年に、なりますように」との願いを込めた「今年の書き初め」です。

2-2.ロッカーに5年間貼っている「絆」

2020年12月20日付のインスタグラムで披露したもので、「箱根駅伝」のポスターの前で披露した「」の文字です。

駅伝はたすきをつなぐ仲間の絆に感動をもらいますが、杉野アナもこの「絆」の書を「5年ほど前に書いて、ずっとアナウンス部の自分のロッカーに貼っている」というだけに、職場仲間との絆を大切にしているようです。

2-3.「尊尚親愛」を書くムービー

日本テレビの2018年6月8日付の公式YouTubeで公開されたもので、杉野アナが「尊尚親愛」(尊敬して親しみを持って愛すること)と書いているムービーです。

杉野アナは「3歳から書道」をしており、「師範級も持っています」とのことで、さすがの達筆も納得です。

3.まとめ

日テレ・杉野真実アナが、一年にわたり書いてきた二十四節気の美文字を披露しました。

#ペンで書道」と記されていますが、いったいどのように書いているのかも気になりますし、それぞれの季節をイメージした書体のアイデアも、視野の広さがないと出てこないような気がするだけにスゴイです。

「立秋」に一票、入れさせていただきます。

合わせて読みたい→ 上白石萌音、文字が綺麗すぎると話題!「めっちゃ美しい」「べらぼうに上手い」【画像】

※杉野真実アナの裏ネタを一気読み こちらからどうぞ

タグキーワード
2021-01-29 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★「ネメシス」、初回は平均視聴率11.4%!
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.