枡田絵理奈、加藤綾子との“同期2ショット”を披露!「笑顔最高 癒やされた」【画像】 - 芸能7days

★サイト移転のお知らせ

いつも「芸能7days」をご覧いただき、ありがとうございます。この度、以下の通り、新サイトへ移転いたしました。 大変恐れ入りますが、「お気に入り」、「ブックマーク」等にご登録いただいております皆様は新しいURLで再登録していただけますと幸いです。

◆URL
(変更前)http://geinou-7days.seesaa.net/
(変更後)http://geinou-7days.net/
※旧URLにアクセスいただいた場合、自動的に新URLに転送されます(一部ページを除く)。

今後は、URL変更後の新サイトより最新情報をご覧ください。今後とも「芸能7days」をご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

芸能7days 管理人 セブン

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

枡田絵理奈、加藤綾子との“同期2ショット”を披露!「笑顔最高 癒やされた」【画像】

フリーアナウンサーの枡田絵理奈(33)が2019年8月7日付のインスタグラムで、フリーアナウンサーの加藤綾子(34)との“同期ツーショット写真”を披露している。

ネット上では「笑顔最高 癒やされた」、「二人から幸せオーラ感じます」、「学生時代からの知り合いだったんだ」などと、絶賛や驚きの声が挙がっている。

※現在、第3子を妊娠中のマスパン。
ninshin_onaka3.png

にこやかに微笑む“カトパン”こと加藤(左)と、飲み物を手にし、白い歯をみせる“マスパン”こと枡田(右)が並んだ“美人アナ2ショット”(1枚目)で、その笑顔から気心の知れた関係であることもうかがえます。

枡田は現在第3子を妊娠中だが、その膨らんだお腹に手を載せる加藤の写真も微笑ましい一枚(2枚目)。

枡田の2019年8月7日付のブログによると、加藤は「局は違うけど、学生時代からずっと仲良しの同期」だそうで、局アナ時代は仕事後、一緒にラーメンを食べに行ったり、お互いの家で過ごすなど、交流を続けてきたようだ。

枡田は「何度も何度もお腹撫でてくれた綾子 パワーもらいました」と、出産を控えるなか、久しぶりの同期・加藤との再会でパワーをもらうことができたようだ。

ちなみに加藤も2019年8月7日付のインスタグラムで、枡田とのツーショット写真を公開していた。

こちらには、お腹に両手を当て、微笑む枡田の写真もあります(2枚目)。

ネット上では「二人とも笑顔がいい!」、「ママになったマスパンも相変わらずカワイイですね」、「素敵でハッピーなニュース しかもカトパンの笑顔付き。最高やん」などと、絶賛の声や心和ませる声が出ていた。

ちなみにマスパンとカトパンはそれぞれTBS、フジテレビに入社する前に、TBSアナウンススクールに通っていたそうで(情報元:ウィキペディア)、大学生時代(枡田アナが成城大学、加藤アナは国立音楽大学)からの知り合いのようだ。

そんな枡田絵理奈は2008年にTBSに入社後、2015年6月にTBSを退社し、現在は芸能事務所「LIBERA」に所属し、フリーアナウンサーやタレントとして活動している。

またプライベートでは広島東洋カープ・堂林翔太選手(27)と2014年12月に結婚し、2015年9月に第一子となる男児(3)が、2017年9月に第二子となる女児(1)がそれぞれ誕生したほか、現在は第3子を妊娠している。

加藤綾子は2008年にフジテレビに入社後、2016年4月にフジテレビを退社し、現在は芸能事務所「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」に所属し、ニュース番組「Live News it!」(フジテレビ系、平日16:50〜19:00、MC)や、情報トークバラエティ番組「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系、進行)でレギュラーを務めている。

お互い学生時代から切磋琢磨し、民放局でキャリアを積み、今ではよりシビアながら充実度も大きいと思われるフリーアナとして奮闘しているが、これまでおおよそ同じくらいの苦労や決断をしてきたと思われる同期の仲間がいるのはとても心強いはず。

これからも支え合いながら進まれると思いますし、いつか同じ番組で共演できる日が来ると素敵だと思う。

合わせて読みたい→ 加藤綾子&枡田絵理奈&相内優香の“学生時代3ショット”に反響!「超絶可愛い」【画像】

※枡田絵理奈さんの裏ネタを一気読み 芸能人ブログ全集

【管理人からのお知らせ】2021/10/30
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。



2019-08-12 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]