石田ゆり子、16歳の“キャンギャル時代ショット”を披露!「小麦色の肌が眩しい」【画像】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

石田ゆり子、16歳の“キャンギャル時代ショット”を披露!「小麦色の肌が眩しい」【画像】

女優・石田ゆり子(49)が2019年7月24日付のインスタグラムで、全日空の沖縄キャンペーンガールを務めていた16歳の頃の写真を披露している。

ネット上では「スペシャルに可愛い」、「変わってない!可憐」、「小麦色の肌が眩しい」などと、絶賛の声が挙がっている。

※デビューしたばかりのキャンギャル時代とは…?

その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 石田ゆり子・16歳
(※情報元:石田ゆり子インスタグラム)

水着姿で寝そべりながら、鼻の頭に砂を付け、白い歯をみせる“16歳ショット”で、小麦色の肌も眩しい一枚。

ゆり子さんによると、「きのう、とある会食の席」でシンガーソングライター・山下達郎(66)の楽曲が流れてきて、「心は一瞬でデビュー当時の16歳の自分にフラッシュバック」したのだとか。

というのも、ゆり子さんは1987年(16歳の時)に全日空(現在のANA)の沖縄キャンペーンガールでデビューしており、そのキャンペーンソング「踊ろよ、フィッシュ」を作ったのが、山下だったからのようだ。

撮影当時16歳の私は何もかもが楽しくて 未来が果てしなく続くと思っていた」と振り返るとおり、写真の表情は希望に満ち溢れているようにもみえます。

インスタグラムでは、「めっちゃ懐かしい!映像もBGMも覚えてますよ」、「ああ。私の永遠の恋人」、「この笑顔は変わらないな」などと、絶賛の声や当時を懐かしむ声が出ていた。

ちなみに当時の全日空のCMはコチラでみられる(↓)。

芸能界入りまで水泳を続けていたとされるだけに、さすがの泳ぎですし、エメラルドブルーの海を心から楽しんでいる様子が伝わってきます。

こちらにも、ネット上では「可愛くてキラキラしてて胸が締め付けられる」、「俺はこのCMにやられちったんだ」、「美白なんて言葉が無かった頃、みんな日焼けがしたくて仕方がなかった」などと、絶賛の声や当時を懐かしむ声が出ていた。

音楽を聴いていると、まるで魔法のように当時の思い出が蘇ることがあります。

それが思い出して嬉しい過去である場合もあれば、思い出したくない嫌な過去である場合もあるかもしれないが、いまの自分にとって必要な経験だったからこそ、それを覚えているようにも感じます。

思い出の曲を聴きながら、当時の自分の気持ちを振り返ってみるというのも、次の「未来」へ踏み出すための新たなヒントになるかも。

※「踊ろよ、フィッシュ」も収録された山下達郎のベスト盤。

★いろんなところに抜けられます 【ネタたっぷり】芸能人ブログ全集

★関連記事

人気ブログランキング

タグキーワード
2019-07-27 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.