相川七瀬&清春の“20年ぶり再会2ショット”に反響!「お変わりなくカッコいい」【画像】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

相川七瀬&清春の“20年ぶり再会2ショット”に反響!「お変わりなくカッコいい」【画像】

歌手・相川七瀬(44)が2月24日付のインスタグラムで、ロックバンド・黒夢の清春(50)との2ショット写真を披露している。

ネット上では「凄いお写真です!」、「間に挟まれたい」、「大好きでライブに行ってCDも全部持っているお二人が並んでいるなんて、、、感動です」などと、感激の声が挙がっている。

※お二方とも、90年代に一世を風靡。

相川七瀬が2019年2月24日付のインスタグラムで、「先日、お久しぶりに清春さんにお会いした。お変わりなくカッコいい!!」のコメントとともに、黒夢・清春との2ショット写真を公開した。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 相川七瀬&清春
(※情報元:相川七瀬インスタグラム)

黒のキャップに黒縁のウエリントンタイプの眼鏡、レザーのジャケットを合わせた清春(左)と、Wピースサインを決め、笑顔をみせる相川(右)の“90年代ロックスター2ショット”。

相川さんによると「#20年ぶりぐらい」の再会だったようで、その感激ぶりも伝わってくる一枚。

インスタグラムでは「凄いお写真です!」、「間に挟まれたい」、「大好きでライブに行ってCDも全部持っているお二人が並んでいるなんて、、、感動です」などと、感激の声が挙がっていた。

そんな相川七瀬といえば、織田哲郎(60)プロデュースによるシングル「夢見る少女じゃいられない」(1995年11月8日発売)でデビューし、その後もシングル「恋心」(1996年10月7日発売)や、シングル「トラブルメイカー」(1997年2月13日発売)、シングル「Sweet Emotion」(1997年5月1日発売)など、数々のヒット曲を世に送り出したことで知られる。

2019年も、ライブツアー『LIVE TOUR 2019 「NO LIMIT」』(2019年2月10日:愛知・Blue Note Nagoya、2月11日:大阪・Billboard Live OSAKA、2月16日:東京・Shibuya DUO Music Exchange)を行うなど、精力的に活動しているようだ。

清春はロックバンド「黒夢」としてシングル「for dear 」(1994年2月9日発売)でデビューし、その後もシングル「BEAMS」(1995年10月13日発売)、シングル「MARIA」(1998年4月8日発売)など数々のヒットを飛ばしてきたほか、ロックバンド「SADS」(現在は活動休止)や、ソロのシンガーソングライターとして活動してきたことでも知られる。

2019年は、ソロとして現在「KIYOHARU 25TH ANNIVERSARY YEARS debut days『REPLAY』」(2019年2月9日:東京・恵比寿ガーデンホール、2月15日:大阪・梅田CLUB QUATTRO、3月1日:愛知・名古屋ダイアモンドホール)を開催中であるほか、今後も「KIYOHARU 25TH ANNIVERSARY YEARS FC ONLY 『愛の巣』」(2019年3月20日:大阪・梅田CLUB QUATTRO、4月2日:愛知・名古屋CLUB QUATTRO、4月6日:東京・渋谷CLUB QUATTRO)が待機するなど、デビュー25周年を記念した意欲的なライブ活動が目立っている。

そんなお二人は1990年代にブレイクしたロッカーという共通点があるが、これまであまり接点がなかったようだ。

「20年ぶりぐらい」の再会だとすれば懐かしい話もできたと思われますし、今回どのようなことがきっかけで会われたのかも気になります。

お二人ともすでに結婚しており、お子さんを持つパパ&ママであることを考えると、オールドファンにとっては感慨深いものがあるかも。

★ワンクリック・アンケート

★ワンクリック・アンケート

★関連記事 ★黒夢の裏ニュースを探すなら
2019-03-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.