平愛梨、長友佑都&愛息との“サンタ帽3ショット”を披露!「なんて可愛い家族」【画像】 - 芸能7days

★サイト移転のお知らせ

いつも「芸能7days」をご覧いただき、ありがとうございます。この度、以下の通り、新サイトへ移転いたしました。 大変恐れ入りますが、「お気に入り」、「ブックマーク」等にご登録いただいております皆様は新しいURLで再登録していただけますと幸いです。

◆URL
(変更前)http://geinou-7days.seesaa.net/
(変更後)http://geinou-7days.net/
※旧URLにアクセスいただいた場合、自動的に新URLに転送されます(一部ページを除く)。

今後は、URL変更後の新サイトより最新情報をご覧ください。今後とも「芸能7days」をご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

芸能7days 管理人 セブン

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

平愛梨、長友佑都&愛息との“サンタ帽3ショット”を披露!「なんて可愛い家族」【画像】

タレント・平愛梨(34)が2018年12月25日付のインスタグラムで、夫でサッカー日本代表の長友佑都選手(32)と長男(0)との“親子3ショット写真”を公開している。

ネット上では「メリークリスマス そしておかえりなさい」、「なんて可愛い家族なんでしょう」、「素敵なクリスマスphotoにほっこり」などと、絶賛の声や心和む声が挙がっている。

※メリークリスマス。
merry_christmas_girl.png

平愛梨が12月25日付のインスタグラムで、「空港に着くと「おかえりなさい」と声をかけて頂きものすごく嬉しくなりました」と滞在先のトルコから日本に帰国したことを報告した。

さらに「ホテルに着くとクリスマスお帽子とメッセージカードが 温かいお気持ちに手を合わせる思いです」、「私とバンビーノとY10さんマネージャーでまずはパシャり Y10さんはかぶらないかなー?と思ったら…快くかぶってくれた!!おったまげー こういうことを楽しめるって幸せ」と、長男クン(SNSでは「バンビーノ」くんの愛称で呼んでいるようです)と長友(SNSでは「Y10」(佑都)さんと記すことが多いようです)の3人で、ホテルが用意してくれたという帽子をかぶった“3ショット写真”を公開した。

先端の白いポンポンもキュートなサンタ帽をかぶった愛梨(左)&長友(右)と、長友に抱っこされながらキョトンとした目でカメラを見る長男クン(中央)の“クリスマス家族3ショット”。

長男クンの帽子は愛梨&長友のものは異なっており、ヒイラギの葉のような飾りがみえるほか、靴下にはサッカーボールのプリントが入っていて、ホッコリします。

インスタグラムでは「バンビーノくん赤がよく似合ってます」、「お目目がクリクリ」、「ほんとカワイくて女の子に見えるー」、「旦那様はワールドクラスですからかぶりますよ〜」などと、ほっこりした声が出ていた。

ちなみに愛梨は2018年12月13日付のインスタグラムでも、長友&長男クンとの3ショット写真を公開していた。

この時は長男クンの初顔出しで、ネット上では「なんてめんこい!!素敵なご家族」、「愛梨ちゃんに似てるかな?」、「癒されました」などと、絶賛の声が出ていた。

そんな平愛梨長友佑都といえば、2017年1月に結婚し、2018年2月に第一子となる男児(0)が誕生したことで知られる。

一家は長友の所属チーム・ガラタサライの本拠地であるトルコで暮らしているが、長友が招集されているサッカー日本代表が12月26日にもアジアカップ(UAE)に向けた合宿に入るため帰国したようだ。

アジアカップは1次リーグが年明けにも始まり、日本はトルクメニスタン戦(2019年1月9日)、オマーン戦(2019年1月13日)、ウズベキスタン戦(2019年1月17日)を控えている。

長友&愛梨一家は久しぶりの日本で年末年始を過ごし、家族一丸でまた次のステージへと向かわれることでは。

長友一家&日本代表の今後のさらなる活躍に期待したいと思う。

合わせて読みたい→ 平愛梨&長友佑都、寄り添い合う“ディナー2ショット”に反響!「めちゃ幸せそう」【画像】

※平愛梨さんの裏話は こちらからどうぞ

【管理人からのお知らせ】2021/3/23
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。



2018-12-27 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
神田うののサンタコスの後に見たから凄く良い写真に見える
Posted by n at 2018年12月27日 16:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]