永野芽郁、広瀬すずとの“朝ドラヒロイン2ショット”を公開!「清純派Twins」【画像】 - 芸能7days

★サイト移転のお知らせ

いつも「芸能7days」をご覧いただき、ありがとうございます。この度、以下の通り、新サイトへ移転いたしました。 大変恐れ入りますが、「お気に入り」、「ブックマーク」等にご登録いただいております皆様は新しいURLで再登録していただけますと幸いです。

◆URL
(変更前)http://geinou-7days.seesaa.net/
(変更後)http://geinou-7days.net/
※旧URLにアクセスいただいた場合、自動的に新URLに転送されます(一部ページを除く)。

今後は、URL変更後の新サイトより最新情報をご覧ください。今後とも「芸能7days」をご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

芸能7days 管理人 セブン

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

永野芽郁、広瀬すずとの“朝ドラヒロイン2ショット”を公開!「清純派Twins」【画像】

2018-11-10 | 女性芸能人>全般

女優・永野芽郁(19)が2018年11月8日付のインスタグラムで、女優・広瀬すず(20)とのツーショット写真を披露している。

ネット上では「朝ドラヒロイン最強の二人」、「清純派Twins」、「うちもわーーーってなってるw」などと、絶賛や感激の声が挙がっている。

※永野さんが、広瀬さんの撮影現場を訪れたようです。
friends_girl.png

ロッカーの前で首を傾けて微笑む広瀬(左)と、彼女を見つめる永野(右)の“朝ドラヒロインコンビ2ショット”。

なつぞらのすずちゃんに会えた」、「久々ではないのに心がわーってなった笑」とのことなので、永野が連続テレビ小説「なつぞら」(NHK、2019年上半期)の撮影現場を訪れた際の一枚かも。

ちなみに広瀬も2018年11月8日付のインスタグラムで、「ありがとうめいめい」、「なつぞら再スタートしました、来年までがんばりまーす!」と、永野が訪問してくれたことに感謝し、「なつぞら」の撮影が再スタートしたことを報告するとともに、永野とのツーショット写真を公開していた。

2枚目には「「半分、青い。」のすずめちゃんからいただきました!!!スイートポテトとどら焼きです☆ありがとう!ながのめいちゃん☆」と書かれた紙が写っているので、永野が「なつぞら」の現場に差し入れを届けたのかも。

インスタグラムでは「すずめい大好き ふたりともおかわ」、「爽やかなツーショット」、「もう眼福デス」、「なぜ、あなたは横向きなの??笑」などと、絶賛の声やほっこりした声が出ていた。

そんな永野芽郁といえば、2018年に連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK、2018年上半期)で、左耳の聴力を失うヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)を熱演し、大ブレイクを果たした。

今後も、主演映画「君は月夜に光り輝く」(2019年3月15日公開予定、北村匠海とのW主演)が待機するなど、さらなる活躍へと期待が高まるばかりだ。

一方、広瀬すずも、2018年は主演ドラマ「anone」(日本テレビ系、2018年1月期)や主演映画「ちはやふる -結び-」(2018年3月17日公開)、映画「ラプラスの魔女」(2018年5月4日公開)、ドラマ「チア☆ダン」(TBS系、2018年7月期、特別出演)、映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(2018年8月31日公開)に出演するなど、主演級作品での活躍が目立った。

今後も連続テレビ小説(上半期)100作目となる「なつぞら」(NHK、2019年上半期、ヒロイン)や、映画「Last Letter」(2019年公開予定)、映画「一度死んでみた(仮題)」(2020年公開予定)への出演を控えるなど、充実ぶりが光っている。

広瀬と永野はともにファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」の専属モデル出身であり(広瀬は2018年11月号で卒業。永野は現役)、親交を深めてきたようだ。

永野は11月8日付のツイッターで「またすぐに会いに行くね!!笑」と記しているので、また近いうちに“すずめい2ショット”がみられるかも。

作品での共演が叶うことにも期待したいと思う。

合わせて読みたい→ 土屋太鳳&広瀬すず&新木優子の“チア☆ダン3ショット”に反響!「眩しいっ」【画像】

※永野芽郁さんのニュースまとめは こちらからどうぞ

【管理人からのお知らせ】2021/6/13
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。



2018-11-10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]