鈴木亮平、永野芽郁と時を超えた“西郷どん&楡野鈴愛2ショット”!「良い笑顔」【画像】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサードリンク

鈴木亮平、永野芽郁と時を超えた“西郷どん&楡野鈴愛2ショット”!「良い笑顔」【画像】

大河ドラマ「西郷どん」(NHK)で主演を務める俳優・鈴木亮平(35)が5月27日付のツイッターで、連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK)でヒロインを務める女優・永野芽郁(18)とのツーショット写真を披露している。

ネット上では「お二人とも良い笑顔」、「なんか不思議おもしろい!」、「好きだーっ」などと、絶賛の声が挙がっている。→ geinougazou ranking

※西郷どんと鈴愛がバッタリ?
西郷どん 後編 (NHK大河ドラマ・ガイド)

鈴木亮平が2018年5月17日付のツイッターで、「まだお江戸におった頃、美濃国の鈴愛どんなるお方にお会いしもした。名前に「愛」が入っちょ。良か名前じゃの」のコメントや「#半分青か」のハッシュタグとともに、永野芽郁との2ショット写真を公開した。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 鈴木亮平&永野芽郁・ツーショット
(※左が永野、右が鈴木。情報元:鈴木亮平ツイッター)

青と白のボーダー柄のまさしく“半分、青い”トップス姿でピースサインを作る永野(左)と、西郷どんの衣装を着た鈴木(右)の時空を超えた“NHKの顔2ショット”。

「美濃国」といえば「半分、青い。」で永野演じる鈴愛の故郷・岐阜県付近ですし、「西郷どん」で鈴木演じる西郷吉之助の2番目の妻となる女性が愛加那(あいかな)だけに、「名前に「愛」が入っちょ」というのはこれを意識した言葉だと思われます。ツイッターでは、以下のような意見が出ていた。

(以下、Twitterより抜粋)
お二人とも良い笑顔
「しあわせな気持ちになりました」
なんか不思議おもしろい!
「俺物語の2人が朝ドラと大河の主役になるとはねー」
好きだーっ
「吉之助さぁ〜目尻下がってますよ!」
「時を超えて会えたんだ」
(情報元:Twitter)

お二人とも良い笑顔」、「なんか不思議おもしろい!」、「好きだーっ」などと、絶賛の声が出ていた。

ちなみに永野も2018年5月27日付のツイッターで、上記のツイートに対し、「西郷どんがおった!!おかーちゃんに会わせたかった!なんつって!」とコメントするなど、和気あいあいとした様子をうかがわせていた。

そんな鈴木亮平は現在、大河ドラマ「西郷どん」(NHK、2018年)で主人公・西郷吉之助(後の西郷隆盛)を熱演している。

実直で人間味に溢れた西郷像を鈴木が見事に体現している印象で、当初はわかりにくいとも言われていた薩摩弁(薩摩ことば)も定着してきた印象を受ける。放送はもうすぐ折り返しを迎えるようだ。

永野芽郁は現在、連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK、2018年上半期)で、左耳の聴力を失うヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)を演じている。

最近では鈴愛(永野)が師と仰ぐ少女漫画家・秋風羽織(豊川悦司)の本名が、そのイメージとあまりにもかけ離れた美濃権太だったことが明らかになるなど、ネット上で反響を呼んだばかり(「美濃」は、鈴愛の故郷・岐阜県と縁も感じさせます)。視聴率も20%の大台を回復しているなど、盛り上がりをみせているようだ。

なお、鈴木と永野は映画「俺物語!!」(2015年10月31日公開、主演は鈴木)で共演したことがあるだけに、今回の再会は嬉しかったのでは。ともに今年は“NHKの顔”として大舞台で奮闘しているが、またいつか共演されることに期待したいと思う。

★関連記事 ★鈴木亮平の最新ニュースを探すなら
2018-05-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
芸能人の熱愛 - 芸能界のうわさ - 芸能人のすっぴん - SMAP - ベッキー - 北川景子 - 高畑充希
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.