瑛太、「西郷どん」の撮影休みに愛娘と“公園デート”!鈴木亮平らとも子育て談義! - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

瑛太、「西郷どん」の撮影休みに愛娘と“公園デート”!鈴木亮平らとも子育て談義!

俳優・瑛太(35)が愛娘(4)と公園で回転式ジャングルジムやブランコを楽しんでいたと、2月6日発売の「女性自身」が報じている。

瑛太は現在出演中の大河ドラマ「西郷どん」(NHK)の撮影現場でも、育児秘話を披露し、周囲を和ませているようで…?

※もっと強くなりたか。
Men's JOKER 12月号

瑛太といえば、2010年9月に歌手・木村カエラ(33)との結婚を発表し、2010年10月に第一子となる男児(7)が、2013年10月に第二子となる女児(4)がそれぞれ誕生したことで知られる。

お二人はご長男の誕生以降も度々協力して子育てを行っている様子を伝えられてきたほか、長女が誕生し4人家族となってからも、2014年1月28日発売の「女性自身」に“ディズニーランドデート”を報じられるなど、家族水入らずで過ごしているイメージが多々ある。

瑛太は2018年も、大河ドラマ「西郷どん」(NHK、大久保正助のちの大久保利通役)やドラマ「anone」(日本テレビ系、2018年1月期)にそれぞれ出演中のほか、今後も主演映画「友罪」(2018年5月公開予定)への出演を控えるなど、主演、脇役を問わない味のある演技を披露してくれそう。

そんな瑛太が1月末、愛娘と公園で遊んでいたようで…?

(以下引用)

公園の回転式ジャングルジムを優しく回してあげているのは俳優の瑛太(35)だった。遊具のなかにいる4歳になる長女は、楽しそうな笑い声をあげていた。

(中略)その後も愛娘に求められるどおりブランコに散策と、パパは大忙しだった。

(引用元:女性自身)

瑛太はこの日お休みだったのか、長女との時間を楽しんだようだ。お子さんを見守りつつも、もくもくと遊びたい年ごろだと思われるお嬢さまの要求に応えつつ、遊具遊びや散策を苦戦しながらも一緒に楽しむ瑛太さんの姿が目に浮かびます。

こうした体験はきっとパパそのものを成長させるのでしょうし、今後の役者人生におけるヒントを得ていることにもなるのかも。

また娘さんも4歳くらいになると物心がついてきそうですし、いつかパパと遊んだ楽しい光景を思い出されることでは。

そんな“しっかりパパ”の瑛太は大河ドラマ「西郷どん」(NHK)の撮影現場でも、子育て話を披露することがあるようで…?

(以下引用)

「大河ドラマ『西郷どん』の撮影現場で、ムードメーカーになっているのが瑛太さんなんです。7歳と4歳、2児のパパである瑛太さんは、よく自分の育児体験を披露しているのです。

この前、子供たちが、食器をひっくり返しちゃって大変でした』とか、そういったエピソードを語るので、現場もほのぼのした雰囲気になります」(テレビ局関係者)

(引用元:女性自身

瑛太は「西郷どん」の撮影現場でも、オープンに子どもの成長エピソードを披露しているようだ。

同じ年代のお子さんを持つ俳優仲間とも話が弾んでいるようで、娘さん(6)を持つ鈴木亮平(34)や、息子さん(3)のいる北村有起哉(43)らとも子育て談義に花を咲かせているようだ。

「西郷どん」の第3回「子どもは国の宝」では、薩摩の下級武士である主人公・西郷吉之助(鈴木)が、ある武士の一家が貧しさのあまり夜逃げをする場面に遭遇し、この窮状を島津斉彬(渡辺謙)に訴えたことをきっかけに、時代が動き始めるシーンが描かれていた。

そんな現代にも通じるような舞台で、実際に父として、役者として奮闘を続ける、瑛太さんの人間くささのある演技に注目したいと思う。

★関連記事 ★瑛太のSNS一覧はコチラ!
タグキーワード
2018-02-12 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.