藤ヶ谷太輔、初恋相手・安室奈美恵の企画展でカメラ男子に!ブレイク前からの大ファン - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

藤ヶ谷太輔、初恋相手・安室奈美恵の企画展でカメラ男子に!ブレイク前からの大ファン

Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔(30)が4歳年下の次弟と、渋谷「SHIBUYA109」で開催された安室奈美恵(40)の期間限定展示イベントに足を運んでいたと、11月21日発売の「週刊女性」が報じている。

藤ヶ谷は、安室がブレイクする前からの筋金入りのファンのようで…?

※安室さんは僕の初恋の人なんです。
「Everybody Go」 Kis-My-Ft2 SHOP限定 藤ヶ谷太輔 ver

安室奈美恵が40歳の誕生日となる2017年9月20日付の公式サイトで、デビュー25周年(2017年9月16日)を迎えられたことに感謝の意を表したほか、2018年9月16日に芸能界を引退することを発表した。

そして2017年11月8日には3枚組ベストアルバム「Finally」をリリースし、同作がオリコン週間アルバムランキング(2017年11月20日付)で1位を獲得したほか、すでに100万枚を突破するセールスを記録するなど反響を呼んでいる。

この記録を踏まえ、安室は10代・20代・30代・40代をまたいでの4年代連続ミリオンセラー(アルバム部門、史上初)や、4年代連続オリコン1位(オリジナルアルバム部門、ソロアーティスト初の記録)を達成した(自身の記録を更新)。

これらの偉業は、安室が長期に渡り人気を博してきたことを如実に表すだけに、様々な年代のファンに影響を及ぼしてきたことも想像に難くない。安室より10歳年下のキスマイ・藤ヶ谷太輔も例外ではないようだ。

藤ヶ谷は、安室がブレイクする前からのファンだったようで…?

(以下引用)

「'94年に『ポンキッキーズ』(フジテレビ系)で、安室さんがうさぎの着ぐるみ姿で参加していた『シスターラビッツ』というユニットを見てファンになったそうです」(芸能プロ関係者)

(引用元:週刊女性)

安室は沖縄アクターズスクール出身で、その選抜グループだった「SUPER MONKEY'S」として、シングル「恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.」(1992年9月16日発売)でデビューしたことで知られる。

安室はその後、1994年から夕方の子ども向け番組「ポンキッキーズ」(フジテレビ系)のレギュラーに起用され、鈴木蘭々(42)と結成したユニット「シスターラビッツ」として人気を博し、知名度も上がったと思われる。

すると、その後は「SUPER MONKEY'S」としての活動にも変化があり、4枚目のシングル「PARADISE TRAIN」(1994年7月20日発売)から「安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」と名義が変わり、安室の単独ボーカル体制に移行するなど、彼女にとってこの時期は芸能活動の転機になったようにもみえる。

そんな今から思えば貴重すぎる安室の“シスターラビッツ”時代に、藤ヶ谷は小学校の低学年だったと思われ、まさに「ポンキッキーズ」世代のど真ん中だったのかもしれないですし、安室を「初恋」の女性と公言することもあるようだ。

当時の藤ヶ谷からすれば安室はテレビの中にいる可愛く綺麗なお姉さんであり、その後もスターダムを駆け上がっていく姿はキラキラとした憧れの存在に映ったのかも。

藤ヶ谷は、その安室のベストアルバム「Finally」のリリースに伴い、東京・渋谷のファッションビル「SHIBUYA 109」で開催された「namie amuro × SHIBUYA109 × TOWER RECORDS POP UP STORE」(2017年11月7日〜19日)と題した企画展やアルバムの販売等にも足を運んでいたようで…?

(以下引用)

「連れの男性に、ちょっと待って!これ見たい≠ニねだって、安室さんのデビューから20数年分のジャケット写真をまとめたパネルの前で立ち止まり、自分で持ってきたカメラで熱心に写真を撮っていましたよ」(別の目撃した女性)

(引用元:週刊女性)

藤ヶ谷は4歳年下の次弟(三男)とともに「SHIBUYA109」で行われた展示を訪れ、安室の軌跡をカメラに収めていたようだ(ちなみに藤ヶ谷は3兄弟の長男で、1歳年下の長弟(次男)もいるようです。情報元:週刊女性)。

藤ヶ谷にとって安室の引退発表は残念かもしれないが、彼も芸能界に身を置く一ファンとして、引き際の美学を貫く安室の決断を静かに受け入れているところかも。

奇しくも安室のベストアルバム「Finally」がリリースされた日(2017年11月8日)は、藤ヶ谷がジャニーズ事務所に入所した日(1998年11月8日。情報元:Yahoo!知恵袋)と月日が同じようだ。

そんな偶然も重なった藤ヶ谷が、約30年に渡り活躍を続けてきた“初恋の女性”に思いを馳せつつ、今後は安室さん以上の感動やパワーを与えられる存在へと飛躍してくれることに期待したいと思う。

★関連記事 ★藤ヶ谷太輔のニュースを探すなら ★藤ヶ谷太輔の噂を探すならコチラ!
タグキーワード
2017-11-22 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.