福山雅治、武井咲と“黒革の手帖”ツーショット!「絵になるお二人」「美男美女」【画像】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサードリンク

福山雅治、武井咲と“黒革の手帖”ツーショット!「絵になるお二人」「美男美女」【画像】

歌手で俳優の福山雅治(48)が8月24日付のインスタグラムで、ドラマ「黒革の手帖」(テレビ朝日系、2017年7月期)で主演を務める女優・武井咲(23)とのツーショット写真を披露している。

ネット上では「絵になるお二人」、「銀座が似合う美男美女」、「本当に高級クラブに居るみたい」などと、絶賛の声が挙がっている。→ geinougazou ranking

※ドラマ主題歌を担当する福山さんが陣中見舞いにきてくださいました。
週刊ザテレビジョン PLUS 2017年8月4日号 [雑誌]

にほんブログ村 芸能ブログ

福山雅治が2017年8月24日付のインスタグラムで、「カルネに行ってきました」のコメントや「#陣中見舞い」のハッシュタグとともに、現在放送中のドラマ「黒革の手帖」(テレビ朝日系、2017年7月期)の撮影現場を陣中見舞いに訪れたことを報告し、主演の武井咲とのツーショット写真を公開した。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 福山雅治&武井咲・ツーショット
(左が武井、右が福山)

ドラマの舞台となる銀座の高級クラブ「カルネ(CARNET)」(銀座には実在していないと思われます)の店名があしらわれた入り口付近と思われる場所を前に、黒のジャケット姿で微笑をたたえる福山(右)と、黒を基調とした和服姿で若干緊張気味にもみえる武井(左)が並んだ“黒革の手帖2ショット”。両脇に飾られている花も、美男美女をより一層の華やかさで引き立てているように見える一枚。インスタグラムでは、以下のような意見が出ていた。

(以下、Instagramより抜粋)
絵になるお二人
銀座が似合う美男美女
本当に高級クラブに居るみたい
「お似合いです 綺麗な咲ちゃん隣に美味しいお酒飲めそう」
「元子ママ、お顔が小さい!」
「マシャ兄の気品のある佇まい」
「ぜひ、さりげなく出演して下さい」
(情報元:Instagram)

絵になるお二人」、「銀座が似合う美男美女」、「本当に高級クラブに居るみたい」などと、絶賛の声が出ていた。

そんなドラマ「黒革の手帖」(テレビ朝日系、2017年7月期)は松本清張の同名小説が原作で、武井咲(23)が父の死後に母の背負った借金を相続し、銀行の派遣社員とクラブのホステスを掛け持ちした末に借金を完遂し、銀座の一等地にクラブ「カルネ」をオープンさせるまでになった主人公・原口元子を、江口洋介(49)が政治家になる夢を持ち、衆議院議員秘書を務める安島富夫を、仲里依紗(27)が銀行の元派遣社員で、元子(武井)の誘いで人気ホステスになると、次第に元子のライバルとなる山田波子を、滝藤賢一(40)が元子(武井)や波子(仲)が働いていた東林銀行世田谷北支店の次長・村井亨を、和田正人(38)が元子(武井)の通う美容室のオネエ店長で、銀座の情報収集に長ける牧野を、内藤理沙(28)が料亭「梅村」の仲居で後にホステスとなる島崎すみ江を、高嶋政伸(50)が大手予備校「上星ゼミナール」の理事長で、裏口入学で得た巨額の利益を借名口座に預金している橋田常雄を、真矢ミキ(53)が元子(武井)が最初に働いたクラブのママで、銀座のルールとモラルを守る岩村叡子を、高畑淳子(62)が「楢林クリニック」の看護師長で、院長の愛人・中岡市子を、奥田瑛二(67)が「楢林クリニック」の院長で、裏金を貯め病院を拡大してきた楢林謙治を、伊東四朗(80)が政財界のフィクサーで、安島(江口)の父親代わりの後援者でもある長谷川庄治を、それぞれ演じている。

ちなみに同作の現時点(8月24日放送の第5話)までの平均視聴率の推移(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は、以下の通りとなっている。

  • 第01話(7/20)=11.7%(69分の拡大版)
  • 第02話(7/27)=12.3%(69分の拡大版)
  • 第03話(8/03)=10.9%
  • 第04話(8/10)=10.7%
  • 第05話(8/17)=10.4%
  • 第06話(8/24)=10.1%
  • 第07話(9/07)=?(8/31は「サッカーワールドカップアジア最終予選・日本×オーストラリア」が放送されるため、お休み。9/7が第7話)
(情報元:Audience Rating TV。最終話の日程は不明)

初回で11.7%とまずまずの好発進を決めると、その後も10%台をキープする堅調な推移となっている。「黒革の手帖」といえば過去に5回もドラマ化されたほどの不朽の名作として知られており、武井と同じ事務所の先輩・米倉涼子(42)も2004年10月期の連ドラや、2005年のスペシャルドラマで主演(原口元子役)を務めたことがある(当時29歳)。

武井は23歳にして同作に挑んでいるが、その立ち振る舞いやゆったりとした言葉遣いは着物姿と相まって品格のある女性らしさを漂わせる一方で、悪女然とした不敵な笑みや、誰にも屈しないという芯の強さも見事に体現しており、まさにハマリ役にみえる。武井のこれまでの積み重ねが実を結んだと思えるほどの好演ぶりで、まだストーリーの中盤とはいえ、彼女の女優としてのターニングポイントあるいは出世作になりそうな予感もある。

一方、福山雅治は同ドラマの主題歌「聖域」(2017年9月13日発売予定)を担当しており、各話のエンディングシーンに花を添えている。さらに福山は、同曲のリリースを見据えた形で2017年8月19日からインスタグラムをスタートしており、同日付の投稿で「福山、インスタ始めました。聖域MV解禁まで震えてまて」と記すなど、同曲のMV公開やリリースを前に様々な写真を投稿しており、こちらも良い意味でこれまでの福山さんのイメージを覆す試みといえるのかも(なお2017年8月25日に「聖域」のMV(ショートバージョン)が「GYAO」で先行配信されたようです)。

今回の陣中見舞いをきっかけに、福山のカメオ出演が実現するかどうかは不明だが、武井演じる元子が魑魅魍魎とした銀座の世界でどのような生き様をみせてくれるのか引き続き注目したいと思う。

★ワンクリック・アンケート

★関連記事 福山雅治のインスタグラムを探すなら 武井咲のニュースを探すなら
2017-08-26 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
芸能人の熱愛 - 芸能界のうわさ - 芸能人のすっぴん - SMAP - ベッキー - 北川景子 - 高畑充希
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.