小室哲哉、KEIKOの病後初の歌声を公開!「変わらぬ綺麗な歌声で涙が出ました」【動画】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサードリンク

小室哲哉、KEIKOの病後初の歌声を公開!「変わらぬ綺麗な歌声で涙が出ました」【動画】

音楽プロデューサー・小室哲哉(58)が8月15日付のインスタグラムで、妻・KEIKO(45)の歌声を公開している。

ネット上では「歌声が聴けて本当に嬉しい」、「変わらぬ綺麗な歌声で涙が出ました」、「やっぱりglobeのボーカルはKEIKOさんしかいない」などと、喜びや感動、激励の声が挙がっている。→ geinougazou ranking

※KEIKOさんは2011年にくも膜下出血を発症、リハビリを続けています。
KCO (CCCD)

にほんブログ村 芸能ブログ

小室哲哉が2017年8月15日付のインスタグラムで、「病気後に創って唄ってみたkeikoの声です。きっと今はもっと上手になってると思う」のコメントとともに、妻・KEIKOの歌声を披露した。その音源がコチラでみられる(↓)。

【動画】 KEIKO・歌声
(※音が出ますのでご注意ください)

夕焼けの海辺の映像を背景に、中央に「2016〜2017 KEIKO」と記された約1分間のムービーで、穏やかなイントロから始まり、「♪こんなあたしでいいのかな…。たくさんたくさん相談しているよ」、「♪いろいろ分からない…だけど、ひと言ひと言を大切にしてるよ」と、KEIKOの優しい歌声が披露されている。伸びやかな歌声はブランクを感じさせないほか、「たくさんたくさん」、「いろいろ」、「ひと言ひと言」と繰り返し言葉が多用されている点からは、KEIKOが一歩一歩着実に前進していることも伝わってくる。

KEIKOはこの映像に登場しておらず、上記の小室のコメントからは具体的にいつ頃レコーディングされたものなのかは不明だが、「今はもっと上手になってると思う」のコメントからは、つい最近に録音されたものではなさそうではあるものの、そう遠くないいつかであることもうかがわせる。インスタグラムでは、以下のような意見が出ていた。

(以下、Instagramより抜粋)
「この日をずっと待ってました」
またkeikoさんの歌声が聴けて本当に嬉しい
「とってもとっても優しい声」
変わらぬ綺麗な歌声で涙が出ました
「青春が蘇ります」
やっぱりglobeのボーカルはKEIKOさんしかいない
「復帰、待ってます」
(情報元:Instagram)

またkeikoさんの歌声が聴けて本当に嬉しい」、「変わらぬ綺麗な歌声で涙が出ました」、「やっぱりglobeのボーカルはKEIKOさんしかいない」などと、喜びや感動、激励の声が出ていた。

そんな小室哲哉KEIKOといえば、マーク・パンサーとの3人組音楽ユニット「globe」としてシングル「Feel Like dance」(1995年8月9日発売)でデビューし、その後も「DEPARTURES」(1996年1月1日発売)、「Can't Stop Fallin' in Love」(1996年10月30日発売)、「FACE」(1997年1月15日発売)などが立て続けにミリオンヒットを記録したほか、デビューアルバム「globe」(1996年3月31日発売)が400万枚超、2枚目のアルバム「FACES PLACES」(1997年3月12日発売)も300万枚超を売り上げるなど、1990年代に一世を風靡したことで知られる。

小室とKEIKOはプライベートでも縁があり2002年11月22日に結婚したが、2008年に小室に巨額の“借金騒動”が持ち上がったほか(すでに和解)、2011年10月にはKEIKOがくも膜下出血で倒れるなど、現在は夫婦で支え合いながら前進している最中であると思われる。そうしたなか、KEIKOは2016年11月27日(小室の誕生日)付のツイッターで小室との“夫婦ツーショット写真”を披露したほか、小室も2017年6月11日付のツイッターでKEIKOとの“散歩ショット”を公開するなど、夫婦で支え合いながら着実に前進していることを印象づけた。

KEIKOの肉声は、2015年8月9日に開催されたglobeのデビュー20周年記念イベント(東京・新宿ステーションスクエア。小室がスマートフォンで録音した音声を公開)や、2016年12月13日放送のトーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、ゲストは小室哲哉。KEIKOが徹子へ向けたメッセージ音源を公開)でそれぞれ公開されたことがあるが、“歌声”としては今回が初めてのようだ。小室は2017年8月9日付のツイッターで、「今日はglobeの誕生日!私のためにも音楽の仕事を頑張ってるって、言葉にする機会が増えてきた。ありがとう。発症後、より一層桂子は理解を深めている。最近、今の私にあった曲なら唄えるよ〜とも。桂子がkeikoになれるかもと、、僕こそ信じないとね!」とコメントしており、KEIKOが現状を理解し、歌唱についても前向きな状態であることを報告した。

2017年8月16日付の「サンケイスポーツ」によると今回、KEIKOが歌声を披露した曲は「小室が作詞作曲し、コーラスでも参加した」楽曲で、「KEIKOと話し合いながら昨年、作詞作曲してレコーディング」されたものだという。同曲が今後、正式に発表されるかどうかは未定のようだが、2017年8月18日はKEIKOの誕生日でもあるだけに、再出発を予感させるとともに、小室からKEIKOへの祝福も兼ねたムービーのようにも感じる。

KEIKOさんの歌声は同じ病を抱えている方々への励みになるはずですし、歌えることはご本人にとっても乗り越えたいハードルの一つかも。無理はしてほしくないですが、ゆっくりと回復に努めていただき、いつかglobeとして復帰される日が来ることを願う。

★ワンクリック・アンケート

★関連記事 KEIKOのツイッターを探すなら 小室哲哉のニュースを探すなら
タグキーワード
2017-08-18 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
芸能人の熱愛 - 芸能界のうわさ - 芸能人のすっぴん - SMAP - ベッキー - 北川景子 - 高畑充希
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.