中居正広、ダンサー・武田舞香と“6年同棲愛”!気になる恋と“結婚できないキャラ”の行方 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

中居正広、ダンサー・武田舞香と“6年同棲愛”!気になる恋と“結婚できないキャラ”の行方

中居正広(44)と振付師謙ダンサー・武田舞香さん(32)の“6年同棲愛”を、3月16日発売の「女性セブン」が報じている。

中居といえば自他共に認める“結婚できないキャラ”が定着していたが、6年間も連れ添った女性がいたとすれば驚きである。“隠密愛”の発覚で今後、公私ともに大きな動きがあるのだろうか・・・?

※ご飯だけ作っといて、出て行ってくれる。そんな人が理想です。
中居正広MERAMERA★メラメラ★PRINCE J-GENERATION 11月号増刊

にほんブログ村 芸能裏話・噂

中居正広といえば、自身を“結婚不適合者”などと公言し、2015年8月1日放送のラジオ番組「中居正広のSome girl'SMAP」(ニッポン放送)では「週に1回洗濯だけしてくれればとかさ、ご飯だけ毎日俺が帰ってくる前に作っといて、出てってくれる。そんな人が理想です」(情報元:J-CASTニュース)と語ったほか、2015年12月19日付の「日刊スポーツ」でのインタビュー記事では「(同居は)修行でしょ。僕は荒行だと思ってる」などと身も蓋もない発言を繰り返しており、そもそも“結婚”云々というより、人として思いやりに欠ける発言に疑問も覚えた。

中居は多忙を極める大物芸能人であり、仕事では毎日多くの人たちと関わっているはずで、せめてプライベートだけでもゆっくり好きなことをしたいとの思いがあっても不思議ではないですし、あるいは中居(のステータス)目当てで近寄ってくる相手への牽制も兼ね、あえてそうした言葉を使っている可能性もあるが、さすがに上記の言葉は恋愛を対象としたお相手(の女性)をまるで“家政婦”のように見ているようにも聞こえるだけに、彼が仮にそのような(距離感に注文のある)性分だとしても、44歳の大人であれば、もう少し別の言い方がなかったのかと思えるほど。

そんな中居に6年間も同棲してきた女性がいたというのだから拍子抜けだが、彼に“ある女性”の影がちらついたのは2011年頃だったようで・・・?

(以下引用)

「中居さんの住む部屋をよく訪れる女性がいるんです。身長は160cmほどで、スラリとスタイルのいいきれいな人。スーパーの買い物袋を提げて慣れた様子で、“ああ、中居さんと一緒に住んでるんだな”って」

それから6年、彼女の姿は変わることなく見かけられた。中居の車に乗り込む姿、一緒に食事をする様子、ふたりで食材を買う姿…。

(引用元:NEWSポストセブン

上記の限りでは、中居は少なくとも2011年頃から“ある女性”と親密な関係を築いてきたようで、これまでの間に「中居の車に乗り込む姿、一緒に食事をする様子、ふたりで食材を買う姿」を見かけられていたのだとすれば、2人はすでに長い交際関係にあり、同棲に進展していることもうかがわせる(これら後者の情報も目撃談なのか、あるいは「女性セブン」さん自身がキャッチしていた情報なのかは微妙なニュアンスである)。

少なくとも「女性セブン」さんはこの6年ものあいだ、中居に女性の影があるとの情報を把握していたことをうかがわせるが(それが確固たるものだったかどうかはさておき)、このタイミングで同棲報道として伝えられたことや、何と言っても“結婚不適合者”を公言する彼にそれだけ長期間に渡り一緒に時を過ごしてきた女性がいたことに驚きだが、彼女も中居の生活リズムに干渉しないタイプだったからこそ長らく連れ添ってこられたのかも。

ちなみに中居といえば2009年10月8日発売の「女性セブン」に約2年間交際してきたとされる歌手・倖田來未(34)との破局を報じられているので、上記の女性とは倖田との破局以降に親密度を深めた可能性もある。あるいは中居は倖田との破局報道後もしばしば“復縁説”が持ち上がっていたほか、2010年12月22日発売の「週刊文春」には複数のマンションを使い分けていると報じられていたので、複数のガールフレンドが(同時期に)いたとも考えられる。

というのも中居は2011年8月に福岡で行われたSMAPのファンミーティングで、ファンから「彼女さん、すごく香水使ってますよね?」と質問された際、「どの彼女のことー?」と意味深に返していたほか(情報元:サイゾーウーマン)、2012年1月17日発売の「週刊女性」には同年1月4日から5泊6日で20代後半のA子さんとオーストラリアへ旅行していたと報じられたこともあるからだ(なおA子さんと今回、同棲を報じられた女性とは別人であると一部で伝えられている)。

こうしてみてくると、中居は意外にも様々な女性との親密関係を切れ目なく続けていたことをうかがわせますし、そうした中でも長らく連れ添ってきたのが、今回報じられた女性だったのかも。今回の「女性セブン」さんによると、そのお相手は振付師謙ダンサーの武田舞香さんであり、2009年頃にSMAPの振り付け補助(コピーダンサー)として関わったことがあるようなので、これをきっかけに親しくなった可能性もある。

また今回の「女性セブン」の記事では詳しく触れられていないものの、武田さんはSMAPのバックダンサーとしてコンサートツアーに帯同した時期もあったようで・・・?

(以下引用)

一部ファンから、10年に行われた『We are SMAP! 2010 CONCERT』に関して、「他はわかんないけど、ウィアスマでは確実に活躍してたダンサーさん!つよぽんと組んでた!」「『僕の素晴らしい人生』で中居くんと2人で仲良く踊ってる」といった指摘が出ている。

実際に同ツアーのDVDを確認すると、「僕の素晴らしい人生」という楽曲で中居とペアダンスを披露し、「Trust」で草なぎ剛とコンビネーションを組む女性は確かに武田と酷似しており、エンドロールのダンサー欄にも「MAIKA」という名前が確認できた

SMAPと接点があった時期からみても、同一人物である可能性が高いだろう。

(引用元:ジャニーズ研究会

上記はあくまでもファンによる指摘なだけに断定できないが、武田さんらしき人物が2010年に開催されたSMAPのドームツアー「We are SMAP!2010 SMAP CONCERT」にバックダンサーとして参加していたようで、同ツアーを収録したDVDには「僕の素晴らしい人生」で中居と一緒に踊る彼女が映っているという。少なくとも、クレジットに「MAIKA」と記録されているのだとすれば、2009年頃に武田さんがSMAPの振り付け補助をしたことをきっかけに、本番のツアーでも(彼女の)指導した楽曲を中居らと一緒に踊ったとしても不思議ではない。

武田さんはジャニーズの他のグループや安室奈美恵、板野友美らのバックダンサーとしてコンサートに帯同したことがあるというから(情報元:女性セブン)、芸能界の内情等も踏まえた業界の歩き方について一定の知識を持ち合わせていたとも考えられますし、彼女がSNSなどを開設していなかったとされる点からも(情報元:女性セブン)、中居に対し配慮してきたことをうかがわせる。同報道を受け、ジャニーズ事務所は「プライベートなことなので、ノーコメントです」(情報元:日刊スポーツ)と否定しておらず、中居も3月18日に都内で行われたイベントでの取材で報道陣に対し、この件について「話さなーいっ!」(情報元:日刊スポーツ)と煙に巻いたが、やはり否定しなかったことを踏まえると、半分認めているような雰囲気も漂う。

中居が2016年末でのSMAP解散を経て、今後ジャニーズ事務所からの独立を視野に入れているのだとすれば、プライベートにおける“鉄のカーテン”も徐々にその効力を失いつつあるのか、あるいは逆に考えれば結婚において支障がなくなる状況が整いつつあるとも言えるだけに、今後はプライベートも含め流れるままに進んでいこうとの思いもあるのかも。中居はこれまで「同居は荒行」とまで言っていたが、はたして彼女と「僕の素晴らしい人生」を歩み続けることになるのか、今後の恋の行方が気になるところ。

★関連記事 中居正広のニュースを探すなら
タグキーワード
2017-03-21 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.