三田友梨佳アナ、西武・金子侑司と“焼肉&ドライブデート”!2月に破局報道もヨリを戻した? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサードリンク

三田友梨佳アナ、西武・金子侑司と“焼肉&ドライブデート”!2月に破局報道もヨリを戻した?

フジテレビ・三田友梨佳アナウンサー(29)と埼玉西武ライオンズ・金子侑司選手(26)の“復活愛”を、10月14日発売の「週刊ポスト」が報じている。

2人は今年2月20日付の「サンケイスポーツ」に破局を報じられたが、10月上旬に病院で合流後“焼肉デート”を楽しんだり、その3日後にも“ドライブデート”をしていたようで・・・?

※いつも塁上にミタパンがいると思って走っています。
オーナーズリーグ18弾/OL18 016L金子侑司ST

にほんブログ村 芸能裏話・噂

“ミタパン”こと三田友梨佳アナと西武・金子侑司選手といえば、2014年8月7日付のスポーツ各紙に熱愛を報じられたことを受け、金子が堂々の交際宣言をしたほか、その後も2015年1月31日付の「東スポ」や、2015年6月2日発売の「フラッシュ」にツーショットをキャッチされるなど、順調な交際を続けてきたかにみえた。だが2人は2016年2月20日付の「サンケイスポーツ」に、2015年末にも破局したと報じられた。

同紙によると、三田アナはフジテレビの次期エース候補であるほか、金子も西武の遊撃手としてレギュラーの有力候補として期待されており、お互いの仕事をレベルアップさせるため、前向きな形で交際に終止符を打ったという。さらにミタパンの父親で明治座代表取締役社長である三田芳裕氏(65)が、2人の熱愛発覚後の2014年8月20日に開かれた「市川猿之助奮闘連続公演」の製作発表会見で、娘の熱愛について報道陣に聞かれ「存じておりません。報告も受けておりません。親子の断絶です」と苦笑いしていたこともあり(情報元:デイリースポーツ)、ミタパパの交際反対が2人の関係に微妙な影響を及ぼした可能性もある(情報元:サンケイスポーツ)。

とはいえ2人は破局後も友人関係を続けているとのことだったが(情報元:サンケイスポーツ)、ミタパンは進行役を務める昼の情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)が高視聴率を誇る裏番組「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)の対抗馬として2015年春からスタートしたばかりでしたし、金子もまずは西武でレギュラーを獲得し、結果を出さなければミタパパからのお墨付きはもらえないはずなだけに、当時においてはお互いが本業に専念する道を選ぶのがベストと判断したのかも。

そんなミタパンと金子が、10月上旬に都内にある芸能人御用達の病院で目撃されたようで・・・?

(以下引用)

10月上旬の夕方、本誌記者は、大きなマスクを付けて病院に入るミタパンことフジテレビの三田友梨佳アナ(29)を目撃した。

(中略)さらに記者を驚かせたのは、それから約1時間後、夜間通用口から出てきた彼女を迎えに来た男性だった。白い高級外車に乗ったその男性は、西武ライオンズの金子侑司(26)。

(引用元:NEWSポストセブン)

ミタパンが病院から帰る際、車で迎えに来たのはなんと金子だったようだ。ちなみにミタパンは2016年10月11日付のブログで「先週!!甥っ子が産まれましたー」、「毎日病院に行き対面しています♪♪」と記しているので、甥の誕生祝いのため来院していたものと思われる。金子もすでにシーズンオフに入っているので(西武はパ・リーグ4位に終わり、クライマックスシリーズ(CS)への進出を逃した)、この時期は余裕があったのかも。

それにしても2人が合流した点からは、何かしらの関係が続いていることをうかがわせる。今年2月の破局報道が事実だったとすれば、時を経てヨリを戻したのか、あるいは同報道にもあったように友人として会っていただけなのか。

そのヒントになりそうな動きが、その後の2人に確認されたようで・・・?

(以下引用)

その後、2人は六本木の高級焼肉店へ。秘伝のピリ辛ダレに浸かったジューシーな肉は精が付くと評判で、金子と向かい合って座ったミタパンは幸せそうな表情を浮かべていた。

2人はその後も逢瀬を重ねていた。産婦人科デートから3日後、西武ドームで練習を終えた金子が車を飛ばして向かった先は、ミタパンの自宅。彼女をピックアップすると、しばし都内をドライブデートし、次に停まったのは金子の自宅だった。

(引用元:NEWSポストセブン

ミタパンと金子は病院で合流後“焼肉デート”を楽しんだほか、その3日後には“ドライブデート”をして金子宅へと帰っていったようなので、現時点で交際中である可能性は高そう。ちなみに2人は最初の熱愛報道が出た際も、一度は破局したものの再び交際をスタートさせたという形で報じられていただけに、付いては離れを繰り返している感じなのかも。

そんな金子だが今シーズンは129試合に出場し、パ・リーグの盗塁王53個、オリックス・糸井嘉男選手(35)と1位タイ)に輝いた。ライト(右翼手)での出場が多かったようで、本来期待される内野での守備面には課題を残したものの、ほぼレギュラーでの出場を達成し、53個の“盗塁王”はプロでもトップレベルの俊足を証明したことになるだけに(今季のセ・リーグの盗塁王であるヤクルト・山田哲人は30個)、箔を付けたといえるのかも。

とはいえ、ミタパンともまだ本格的な家族ぐるみでの交際に発展している雰囲気でもないだけに、金子が本気なのであればミタパパからのお墨付きをもらいたいところかも。ミタパンと毎日が“グッディ”となる日が来るのか注目したいと思う。

★関連記事 三田友梨佳のブログを探すなら 金子侑司のニュースを探すなら
タグキーワード
2016-10-14 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
30台になったらカトパンみたいに見向きもされなくなる
Posted by at 2016年10月15日 00:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
芸能人の熱愛 - 芸能界のうわさ - 芸能人のすっぴん - SMAP - ベッキー - 北川景子 - 高畑充希
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.