千秋、内村光良&ウド鈴木と“ポケビ3ショット”!「懐かしい」「うれしい並び」【画像】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

千秋、内村光良&ウド鈴木と“ポケビ3ショット”!「懐かしい」「うれしい並び」【画像】

2016-07-25 | 女性芸能人>千秋

タレント・千秋(44)が7月24日付のインスタグラムで、「FNS27時間テレビ フェスティバル!」(フジテレビ系、7月23日〜24日)で共演したウッチャンナンチャン・内村光良(52)、キャイ〜ン・ウド鈴木(46)との“ポケビ3ショット写真”を披露している。

ネット上では「懐かしい〜」、「なんだかうれしい並び」、「最高の写真ありがとう」などと、感動や絶賛の声が挙がっている。→ geinougazou ranking

※3人は音楽ユニット「ポケットビスケッツ」として1990年後半に一世を風靡。
ポケットビスケッツ/スーパーベスト

にほんブログ村 芸能ブログ

千秋が2016年7月24日放送の「FNS27時間テレビ フェスティバル!」(フジテレビ系)内の「番組対抗 スカッとジャパン 国民投票フェスA」のコーナーに出演し、同日付のインスタグラムで「みんなで出た生放送、観てくれた?3人で写真撮る時、立ち位置どうだったっけ?こっち?あっち?って確認しながら収まりました」のコメントともに、同コーナーで共演した内村光良ウド鈴木との“ポケビ3ショット写真”を公開した。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 千秋&内村光良&ウド鈴木・3ショット
(※左からウド、千秋、内村)

両手を広げにこやかな笑顔のウド、両手の人指し指で頬を指したぶりっ子ポーズの千秋、左人指し指を突き上げにらみを利かせるウッチャンの“ポケビ3ショット”。「ポケットビスケッツ」として活躍した頃と比べても、衰えを感じさせないきいきとした表情が印象的な一枚。インスタグラムでは、以下のような意見が出ていた。

(以下、Instagramより抜粋)
懐かしい〜
「思い出して涙目」
なんだかうれしい並び
「3人ともポケビ全盛期の頃と変わらない!すごい」
ポケビはわたしの青春です!最高の写真ありがとう
「いまだにポケビの曲聞いてまーす!しあわせ」
「復活お願い!」
(情報元:Instagram)

懐かしい〜」、「なんだかうれしい並び」、「ポケビはわたしの青春です!最高の写真ありがとう」などと、懐かしいショットに感動や絶賛の声が挙がっていた。

そんな“ポケビ”こと「ポケットビスケッツ」といえばバラエティ番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」(日本テレビ系、1996年4月〜2002年3月)内の企画で誕生した音楽ユニットで、ボーカルを千秋が、リーダーでキーボードを内村光良が、ショルダーキーボードやエレクトリックドラムをウド鈴木が担当し、1990年後半に一世を風靡したことで知られる。

“ポケビ”は当初、3人組の女性ユニットを誕生させるオーディションに落ちた千秋が泣き出したのを見た内村が、アドリブで放った一言をきっかけに結成されたようだ。その後、前者のユニット「McKee(マッキー)」(高山理衣、国生さゆり、室井滋。後藤次利プロデュース)と、「ポケットビスケッツ」(千秋、内村、ウド。パッパラー河合プロデュース)のデビュー曲対決が展開され、これに勝利した“ポケビ”を中心とした企画へとつながっていた(ちなみにオリコンチャートで“マッキー”の「Can't Stop My Heart」は28位、“ポケビ”の「Rapturous Blue」は25位)。

“ポケビ”はその後、2枚目のシングル「YELLOW YELLOW HAPPY」(1996年9月4日発売)がオリコンチャートで「20位に届かなかったら解散」をクリアするオリコン初登場8位(最高4位)を記録し、同作はポケビ史上最大のヒット曲となった。“ポケビ”は3枚目のシングル「Red Angel」(1997年1月22日発売)もミリオンヒットを記録したほか、“ポケビ”史上唯一のオリコンチャート1位を獲得した5枚目のシングル「POWER」(1998年7月22日発売)もヒット曲として知られる。

その後もビビアン・スー(41)、“ナンチャン”こと南原清隆(51)、キャイ〜ン・天野ひろゆき(46)による音楽ユニット「ブラックビスケッツ」(通称:ブラビ)との対決シリーズなど、様々な企画へと波及していった(なお“ブラビ”の2枚目のシングル「Timing」は“ポケビ”の「YELLOW YELLOW HAPPY」を凌ぐ同企画のナンバーワンヒットとなった)。

だが2002年の「ウリナリ」終了とともに“ポケビ”も活動休止状態となり、これまで同ユニットとしての活動はなりを潜めている。今回も3人が番組でそろっただけで“ポケビ”として楽曲を披露したわけではなさそうだが、この再会をきっかけに再始動への扉が開かれることになるのか、期待したいと思う。

★関連記事 千秋のツイッターを探すなら 内村光良のニュースを探すなら
2016-07-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.