上田まりえ、7年前の“日テレ新人時代”の写真を公開!「黒髪ロングもかわいい」【画像】 - 芸能7days

★サイト移転のお知らせ

いつも「芸能7days」をご覧いただき、ありがとうございます。この度、以下の通り、新サイトへ移転いたしました。 大変恐れ入りますが、「お気に入り」、「ブックマーク」等にご登録いただいております皆様は新しいURLで再登録していただけますと幸いです。

◆URL
(変更前)http://geinou-7days.seesaa.net/
(変更後)http://geinou-7days.net/
※旧URLにアクセスいただいた場合、自動的に新URLに転送されます(一部ページを除く)。

今後は、URL変更後の新サイトより最新情報をご覧ください。今後とも「芸能7days」をご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

芸能7days 管理人 セブン

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

上田まりえ、7年前の“日テレ新人時代”の写真を公開!「黒髪ロングもかわいい」【画像】

元日本テレビアナウンサーでタレントの上田まりえ(29)が2016年7月10日付のブログで、「日本テレビに入社して、2ヵ月目」の頃の新人時代の写真を公開している。

ネット上では「黒髪ロングもかわいい」、「一生懸命で健気な感じ」、「今とどっちがいいかと言われても困ってしまうくらい かわいい」などと、絶賛や驚きの声が挙がっている。

※上田さんは現在、タレントとして活躍中。
megane_woman.png

【画像】 上田まりえ・日テレ入社時代

後ろで縛れるほど長い黒髪に眼鏡姿で、日テレのフレッシャーとしていきいきと奮闘している様子が伝わってくる約7年前の“新人時代ショット”。

はじけるような笑顔は今と変わらない印象だが「この頃の私は、常にネガティブ思考」だったそうで、不安と戦っていた様子もうかがわせます。

コメント欄では、以下のような意見が出ていた。

(以下、上田まりえオフィシャルブログ コメント欄より抜粋)
黒髪ロングもかわいい
「眼鏡女子だったんですね」
「きゃーまりえさん初々しい!」
一生懸命で健気な感じ
「素敵な年の重ねかた」
「まりえさんのその素直な気持ちが皆さんの心をゆさぶる」
今とどっちがいいかと言われても困ってしまうくらい かわいい
(情報元:上田まりえオフィシャルブログ コメント欄)

なお上田の近影は、2016年7月13日付のブログで公開している新幹線で移動中の写真がわかりやすいだろうか。

【画像】 上田まりえ・近影(2016/7/13)

現在は茶髪のショートヘアで、毎日の充実ぶりも感じられる笑顔が素敵な一枚。

この時も、ネット上では「いつも元気を頂いております」、「活躍を大いに期待していますよ!」などと、絶賛や激励の声が出ていた。

そんな上田まりえといえば2009年に日本テレビに入社し、同局のアナウンサーとして約7年間活躍してきたが、2016年1月末で同局を退社し、同年2月からタレント(松竹芸能所属)として再出発したことで知られる。

女子アナの中には局アナ時代に実績を積み、フリーアナに転向する者もいるが、上田の例は類を見ない身の振り方といえる。

上田は日テレ時代に報道番組「真相報道 バンキシャ!」(2013年6月〜2015年12月、ニュース担当)や情報バラエティ番組「PON!」(2014年10月〜2015年10月、水〜金曜のアシスタント)、バラエティ番組「月曜から夜ふかし」(不定期出演)などを担当してきたものの、日テレの女子アナの中では比較的目立たないポジションで地道に活動している印象を受けた。

だが「月曜から―」でMCを務め“女子アナ嫌い”を公言しているマツコ・デラックス(43)からは飾らない人柄を評価されるなど、その磨けば光りそうなタレント性は当時から際立っていたのかも。

そんな上田だけに、タレント転向後はしっかりと仕事が舞い込んできている。

現在は情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX、月〜木曜、アシスタント)とラジオ番組「伊集院光とらじおと」(TBSラジオ、火曜日アシスタント)でレギュラーを務めるほか、2016年7月12日(火)には上記の2番組に加え、トークバラエティ特番「踊る踊る踊る!さんま御殿!! 最強2世が奇跡の集結 美女アスリート浴衣祭」(日本テレビ系)やトークバラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)にゲスト出演するなど、上田の“出演ラッシュ”となったほど。

今回の上田のブログによると、かつては「常にネガティブ思考」だったが、今は「自分のことが好きですし、その当時の自分のことも愛おしく思えます」、「自分のことを好きじゃないと、人に好きになってもらうことなんてできないですもんね。自分のことを好きだと思えるようになれたのは、みなさまのおかげです」と謙虚で前向きな言葉が並んでいる。

上田は2016年7月10日付の「NEWSポストセブン」のインタビューで、新たな夢を「表現者」であると語っており、「ナレーション」や「文章を書く仕事」、「声優も女優」もやってみたいと未来像を描いており、そうした枠にとらわれないポジションとして行き着いたのが“タレント”だったのかも。

“アヤパン”こと高島彩(37)はフリーアナとして活躍しながら、ドラマ「下町ロケット」(TBS系、2015年10月期)に出演したことでも話題になったが、上田は知名度もそこそこで中途半端な身の振り方はしたくなかったからこそ“タレント”の道を選択したのかもしれないですし、日テレという大手企業を離れる決断をしたこともまた大したもの。

そうかと言って上田は育ててくれた日テレに感謝する謙虚さを持ち、明るく飾らない人柄が身上だと思われますし、マツコさんの言うとおり今後「大化け」する日はそう遠くないかも。

これからも様々なフィールドで視聴者に元気なパワーを与えてくれるタレントとしての上田の活躍に注目したいと思う。

★関連記事

※上田まりえさんの裏ネタはこちらから 芸能人ブログ全集

【管理人からのお知らせ】2020/12/28
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。



タグキーワード
2016-07-13 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]