NHK・桑子真帆アナ、フジ・谷岡慎一アナと深夜の“手つなぎデート”!バーではノロけ話も - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

NHK・桑子真帆アナ、フジ・谷岡慎一アナと深夜の“手つなぎデート”!バーではノロけ話も

NHK・桑子真帆アナウンサー(28)とフジテレビ・谷岡慎一アナウンサー(29)が4月1日深夜、“バーデート&手つなぎ帰宅”をしていたと、4月11日発売の「週刊ポスト」が報じている。

桑子アナと谷岡アナは1月1日付の「サンケイスポーツ」に熱愛を報じられたが、交際はすこぶる順調なようで・・・?

※「ブラタモリ」でブレイクした桑子アナのお相手は他局の“同期”とか。
NHKアナウンサーとともにことば力アップ 2016年4月~2017年3月―NHKラジオ (NHKシリーズ)

にほんブログ村 芸能裏話・噂

NHK・桑子真帆アナといえば神奈川県出身で、東京外国語大学ロシア・東欧課程卒業後、2010年にNHKに入社し、長野放送局で3年間、広島放送局で2年間勤務後、2015年度に東京アナウンス室へ異動したことで知られる。東京勤務後は「NHKニュース7」(平日19:00〜19:30、サブキャスター、2015年3月30日〜2016年3月25日。メインキャスターは武田真一)や、「首都圏ニュース845」(平日20:45〜21:00、キャスター(隔週)、2015年3月30日〜2016年3月25日。関東ローカル)に起用されたほか、3年ぶりにレギュラー化された人気紀行バラエティ番組「ブラタモリ」(第4シリーズ、2015年4月11日〜2016年4月2日)のアシスタント(第1〜3シリーズは久保田祐佳アナ)にも抜擢された。

特に「ブラタモリ」では大御所・タモリ(70)を相手に軽妙なツッコミを入れるなど、息の合ったコンビプレーをみせたことで認知度がアップし、2015年12月9日に発表された毎年恒例の「第12回 好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)では初登場で5位にランクインするなど人気も急上昇した。そんなブレイクも一因となったのか、桑子アナは「ブラタモリ」のアシスタントをわずか1年で卒業し(現在は近江友里恵アナが担当)、前述の「NHKニュース7」、「首都圏ニュース845」も併せて2016年3月いっぱいで降板し、2016年4月4日にスタートした新ニュース情報番組「ニュースチェック11(イレブン)」(平日23:15〜23:55)のMCに抜擢され、NHKの“夜の顔”として活躍しているほど。

一方、フジテレビ・谷岡慎一アナは高知県出身で、法政大学経営学部卒業後、2010年にフジテレビに入社したことで知られる(同期に山崎夕貴アナ、細貝沙羅アナら)。現在は生活情報番組「ノンストップ!」で話題のネタをピックアップする“NONSTOP!タブロイド”のコーナー(月、木曜)を担当するほか、プロ野球や競馬などのスポーツ実況を担当するなど臨機応変な対応が求められる仕事も任されているようだ。

そんな桑子アナと谷岡アナは2016年1月1日付の「サンケイスポーツ」に熱愛を報じられていた。同紙によると、2人は同期だったため大学時代にテレビ局のアナウンサー養成講座などで学んだことから以前から顔見知りだったようで、桑子アナが2015年4月に東京へ異動となったことをきっかけに急接近したという。

同報道を受けた両局とも特に交際を否定しなかったことから、2人の交際にある程度の真実味も増したが、その後は特に音沙汰もなかった。だが、そうしたなか2人は4月1日深夜、都内のバーで知人を交え、お酒を楽しむ様子を「週刊ポスト」さんにキャッチされたようだ。

桑子アナが深夜1時過ぎにバーに来店し、先に一人で飲んでいた知人男性と待ち合わせていたようで・・・?

(以下引用)

「(前略)しばらく経って谷岡さんが合流しました。その時の桑子さんの嬉しそうな顔ったらなかった。

それまでは普通のトーンだったのに、急に猫なで声で喋り出したのには驚きましたね(笑い)。2人は店では公認の仲のようで、他の客の存在も忘れてイチャイチャしていました。

谷岡さんが仲の良い店員に真帆(桑子アナ)の家がすごく綺麗で居心地が良いんです。だから『Wii』を持ち込んで、彼女をゲーマーにしちゃいました(笑い)≠ニ言えば、桑子さんも2人で引きこもりです。だから全然痩せないのぉ≠ニ返す。2人とも堂々とノロけていました」

(引用元:週刊ポスト。店に居合わせた客の談話)

2人はお酒も入りホロ酔いだったのか、店内でも比較的オープンな雰囲気でラブラブぶりをアピールしていたようだ。2人にとって行きつけのお店のようなので、リラックスされていたのでしょうね。

結局、午前4時過ぎまで飲んだ後、2人は千鳥足で手をつないでしばらく歩き、タクシーに乗り込み桑子アナの自宅マンションへと帰っていったようだ(情報元:週刊ポスト。写真などは同誌をご覧下さい)。すでに半同棲状態なのかもしれないが、桑子アナはこれまで主に夜のニュース(NHKニュース7や、首都圏ニュース845)を、谷岡アナは午前中の情報番組(ノンストップ!)をそれぞれ担当してきたので、生活のリズムは真逆だったと思われますし、改編期を前にしたこの日はお互いがゆっくりできる束の間の休日だったのかも。

仲良しそうで何よりだが、桑子アナは前述の通り4月から新番組「ニュースチェック11」(平日23:15〜23:55、生放送)に起用されたことから、ますます仕事が深夜帯へとずれ込むことになっただけにさらにすれ違い生活が続きそう。それでも2人とも平日のレギュラー番組が中心なので土日はデートの機会が作れそうだが、桑子アナがバーで「2人で引きこもり」と言っていたように、さすがに人出の多い土日は目立ってしまうため“お家デート”になってしまうのかも。

桑子アナに「ブラタモリ」でハートをガッチリと掴まれた中高年層にとっては少々ショックかもしれないが、今度は疲れて帰宅した平日深夜に毎晩見られると思えば、むしろ癒しをもらえる機会が増えたと前向きに考えるのが吉かも。「ニュースチェック11」はラジオ番組のブースのようなセットに臨場感を意識したカメラワークで、ツイッターから生の声も拾いながら、政治からスポーツまで幅広いネタをコンパクトに取り上げる新感覚な番組の印象で、桑子アナもDJのように生き生きしているようにみえます。これも公私ともに充実の証かも。

桑子真帆のニュースを探すなら
タグキーワード
2016-04-14 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.