倉科カナ、「珍遊記」での“丸刈り写真”公開!「普通の顔が思い出せなくなった」【画像】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

倉科カナ、「珍遊記」での“丸刈り写真”公開!「普通の顔が思い出せなくなった」【画像】

女優・倉科カナ(28)が映画「珍遊記」(2月27日公開予定)で演じる僧侶・玄奘(げんじょう)の“丸刈り姿”が公開された。怒気を帯びたような顔付きも印象的な一枚。

ネット上では「おぉー女優魂ですね」、「いいじゃないの、迫力あって雰囲気出てて」、「やばい…倉科カナの普通の顔が思い出せなくなった」などと、絶賛や驚きの声が挙がっている。→ geinougazou ranking

※ビフォアはこんな感じ。
倉科カナ 2016年 カレンダー  壁掛け B3

にほんブログ村 芸能ブログ

倉科カナが、映画「珍遊記」(2016年2月27日公開予定)に修行僧・玄奘(げんじょう)役で出演するが、その“丸刈り姿”がこのたび公開された。その倉科の画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 倉科カナ・丸刈り

目の色も変わるほどの怒気を帯びた顔つきや、長く伸びた耳たぶも衝撃的な“スキンヘッド・ショット”。同作がいつ頃撮影されたのかはわからないが、倉科の2016年1月30日付のブログではボブヘア姿を披露しているので、さすがに役作りとはいえ剃髪したものではなく、坊主用のカツラを着用したものと思われるが、憶することなく奇抜なキャラクターに挑戦した倉科のチャレンジ精神も伝わってくる一枚。ミクシィでは、以下のような意見が出ていた。

(以下、mixiより抜粋)
おぉー女優魂ですね
「倉科さん頑張ってるなー!」
いいじゃないの、迫力あって雰囲気出てて
「あの生臭坊主の役を倉科カナが演じるとは」
やばい…倉科カナの普通の顔が思い出せなくなった
「倉科カナも仕事選ばないなwww」
「これでどんな役が来ても怖いもんナシやな」
(情報元:mixi)

おぉー女優魂ですね」、「いいじゃないの、迫力あって雰囲気出てて」、「やばい…倉科カナの普通の顔が思い出せなくなった」などと、絶賛や驚きの声が出ていた。

ちなみに倉科といえばかつてはロングヘアのイメージが定着していたが、2014年12月21日付のブログで髪をバッサリと切り、「小学生の時以来」のショートカットにしたことを報告したことが話題になった。その倉科の画像がコチラでみられる(↓)。

倉科カナ、「小学生以来」のショートカットに!「可愛さ増してるやんけ」【画像】

このイメチェンは、ドラマ「残念な夫。」(フジテレビ系、2015年1月期)の役作りのためだったと思われ、それ以降の倉科はボブヘアのイメージもある。この時も、ネット上では「超絶可愛いんだけど」、「可愛さ増してるやんけ」、「すこぶるキュートになった!」などと、絶賛の声が出ていた。

そんな倉科カナは2015年も、ドラマ「残念な夫。」(フジテレビ系、2015年1月期)や、スペシャルドラマ「最後の証人」(テレビ朝日系、2015年1月24日)、ドラマ「天使のナイフ」(WOWOW、2015年2月22日〜3月22日、全5話)、ドラマ「刑事7人」(テレビ朝日系、2015年7月期)、舞台「タンゴ・冬の終わりに」(2015年9月5日〜10月31日、全国8か所)、舞台「現代能楽集[『道玄坂綺譚』〜三島由紀夫作 近代能楽集「卒塔婆小町」「熊野」より」(2015年11月8日〜21日:東京・世田谷パブリックシアター、企画、監修・野村萬斎)に出演するなど、一年を通じてドラマや舞台など多彩な活躍が目立った。

倉科は「ミスマガジン2006」でグランプリに選ばれたことをきっかけに芸能界入りしており、2016年はデビュー10周年の節目と思われるため“メモリアルイヤー”としてますますの活躍が期待できそう。今後は先述の映画「珍遊記」(2016年2月27日公開予定、主演・松山ケンイチ)の公開や、舞台「ライ王のテラス」(2016年3月4日〜17日、東京・赤坂ACTシアター、演出・宮本亜門、主演・鈴木亮平)への出演を控えている。

なお「珍遊記」といえば、漫☆画太郎のギャグ漫画「珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜」(「週刊少年ジャンプ」で1990年49号〜1992年13号で連載。全6巻)が原作で、お下劣なセリフや描写でお馴染み。実写化は困難と思われただけに、どんな内容になるのか気になるところで、倉科も同映画の2015年12月28日付のツイッターで「玄奘を演じ少し時間が経った今、私は..なんてハレンチなセリフを言っていたんだろう?隣には真ッ裸の松山ケンイチさん....それが当り前の現場。やはり凄い作品に参加してしまったなと....思いました」と撮影を振り返っており、倉科を含めたメンバーが大胆な演技に挑戦したことが伝わってくるだけに、“爆笑”が待つのか“ドン引き”が待つのか予測が付かないが、鑑賞者に衝撃を与えることは間違いなさそうだ。

★関連記事 倉科カナのブログを探すなら 倉科カナのニュースを探すなら
タグキーワード
2016-02-17 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.