内村光良、久本雅美と“5年ぶり共演”の舞台裏!“共演NG説”はテレビ局側の勝手な配慮? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサードリンク

内村光良、久本雅美と“5年ぶり共演”の舞台裏!“共演NG説”はテレビ局側の勝手な配慮?

2016-02-13 | お笑い芸人>全般

ウッチャンナンチャン・内村光良(51)が1月27日放送の「真実解明バラエティー!トリックハンター」(日本テレビ系)で、これまで“共演NG”が噂されてきたお笑いタレント・久本雅美(57)と“奇跡の再共演”を果たしたと、2月10日発売の「女性セブン」が報じている。

2人は約10年前から“ある出来事”をきっかけに共演を避けるようになったとされており、2010年11月28日放送のバラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で久々に共演したこともあったが、あれから5年が経過し“再共演”が実現したようで・・・?

※人生とは、他人(ひと)には見えない景色。
LIFE! ~人生に捧げるコント~ DVD-BOX

にほんブログ村 芸能裏話・噂

“ウッチャン”こと内村光良と“マチャミ”こと久本雅美といえば、意外にも長年に渡り“共演NG”とされてきたことで知られる。そのきっかけは約10年前、内村の冠バラエティ番組「内村プロデュース」(テレビ朝日系、2000年4月8日〜2005年9月26日)に不定期出演していたお笑いタレント・Oがある宗教団体への勧誘を出演者らにしつこく迫っていたことに内村が激怒したとされるが、Oが同団体の芸能部門で力を持つ久本に泣きついたことから、久本と内村が揉めたことが原因だと一部では噂されている(実際にそんなことがあったのか不明)。

お二人ともそれぞれが冠番組を抱えるほどの大物芸能人ですし、それぞれのレギュラー番組が増えていったことで自然と共演が減っただけの可能性もあるが、近年では久本が約17年間もレギュラーを務めたバラエティ番組「笑っていいとも!」の最終回(2014年3月31日)に出演しなかったことや、同番組に内村が出演していたことなどから、2人の“不仲説”に拍車が掛かっていた(だがこれについては、久本が当時「笑っていいとも!」の裏番組であった「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)に出演していたため遠慮しただけとの説があり、実際長年に渡り「いいとも」に出演しながらも「ヒルナンデス!」に移ったオリエンタルラジオや、ココリコ・遠藤章造らも「いいとも」最終回は欠席していた。「ヒルナンデス」出演組では南原清隆が「いいとも」最終回に出演したが、これはウッチャンナンチャンとして体裁を保つためや、あからさまに「ヒルナンデス」出演者が出演しない画になるのも不自然との配慮だったとも一部ではみられている)。

そんな内村と久本が、2016年1月27日放送のバラエティ番組「真実解明バラエティー!トリックハンター」(日本テレビ系)で久々の“再共演”を果たしたが、これにはテレビ関係者も驚いていたようで・・・?

(以下引用)

「(前略)あれ、内村さんと久本さん、一緒に出て大丈夫なの?って。実はこのふたり、テレビ界では長年『共演NG』と言われてきました。

キャスティング会議でも特例をのぞいて共演は避けるよう聞いていました」(テレビ関係者)

(引用元:NEWSポストセブン)

2人の“共演NG説”は、業界内でもまことしやかにささやかれていたようだ。だが2人は、2009年5月17日放送の学園バラエティ番組「スクール革命!」(日本テレビ系)や、2010年11月28日放送のバラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)でも共演していたようですし、“完全NG”というわけでもなかったのかも。

とはいえ今回の共演はおそらく2010年の「イッテQ」以来、約5年ぶりとなるだけに、どんな絡みになるのか周囲も固唾を呑んで見守っていた可能性もある。だが番組内での2人は周囲の心配もよそに、驚くほど仲睦まじいやり取りをみせていたようで・・・?

(以下引用)

あれを見ると、実は言われているほどの確執はなかったんじゃないかって気もします。テレビ局側が勝手に配慮して自粛してきちゃっただけで。

共演NGリストの中には同様のケースも多いんです。いざブッキングしてみたら、周囲の心配をよそに当人たちはもうわだかまりもなく、むしろ番組がきっかけでまた仲よくなったりね」(前出・広告代理店関係者)

(引用元:NEWSポストセブン

仮に2人の間に過去に何らかのトラブルがあり、そのわだかまりが少なからず残っていたとしても、時間の経過とともにもそれらが徐々に消えつつあるのかもしれませんし、双方に歩み寄りたいとの思いが芽生え、“再共演”に至った可能性もある。実際、内村と久本の間に何があったのかは憶測の域を出ないが、こうした歩み寄りによる共演は視聴者にとっても喜ばしいことですし、今回の共演をきっかけに今後のさらなる再共演や、新番組での立ち上げなど新展開へつながるのだとすれば、多くのものを積み上げてきたお二人がどんな共鳴をみせるのか楽しみが増えるだけに期待したいと思う。

ちなみに近年“共演NG”とされてきた面々の中には、自ら“雪解け”を明かした者もいる。さまぁ〜ず・三村マサカズ(48)は2015年3月3日放送のバラエティ番組「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)で、タレント・ヒロミ(50)と約15年間に渡り“共演NG”だったが和解したことを明かし、ヒロミが三村に謝罪したうえでいつか番組をやることを約束した(三村とヒロミは、先述の「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の最終回でも、和解していたことを打ち明けていた)。

またタモリ(70)も1980年頃にラジオ番組で「フォークソングは暗くて好きじゃない」と小田和正(68)の所属した音楽グループ「オフコース」を批判したことをきっかけに、1984年2月にタモリが司会を務めた「笑っていいとも!」(フジテレビ系)に小田がゲスト出演した際に険悪なムードになるなど、長らく“不仲説”が取り沙汰されてきた。だが2015年2月9日付の「スポーツ報知」によると、フジテレビの中村光宏アナ(31)と生野陽子アナ(31)の披露宴前に小田がタモリに歩み寄り握手を交わしたほか、タモリもスピーチで「きょうは小田さんと会えて良かった」と話し再び握手したというから、不思議なもの。

ちょっとしたことで“隔たり”が生まれることはあるのかもしれないが、どちらかが歩み寄る姿勢をみせれば、案外相手も“自分も突っ張ってばかりで悪かったなぁ”と反省するものなのかも。奇しくもウッチャンは相方・ナンチャン(南原清隆)と微妙な距離感を取っているが、その南原がMCを務める「ヒルナンデス!」には久本が金曜レギュラーで出演しているだけに、今回の内村と久本の“雪解け(?)”がウッチャンナンチャンも交えた新展開へとつながることにも期待したいと思う。

★関連記事 久本雅美のニュースを探すなら
タグキーワード
2016-02-13 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
芸能人の熱愛 - 芸能界のうわさ - 芸能人のすっぴん - SMAP - ベッキー - 北川景子 - 高畑充希
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.