榮倉奈々、相次ぐヒットで幅広い層に支持拡大?賀来賢人との“熱愛説”も急浮上の充実ぶり - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサードリンク

榮倉奈々、相次ぐヒットで幅広い層に支持拡大?賀来賢人との“熱愛説”も急浮上の充実ぶり

2015-12-21 | 女性芸能人>全般

女優・榮倉奈々(27)が昨今、スマッシュヒットを連発する活躍をみせている。主演映画「図書館戦争-THE LAST MISSION-」(2015年10月10日公開)が好調なほか、ヒロインを務めたドラマ「遺産争族」(テレビ朝日系、2015年10月期)も全話の平均視聴率を10.7%にまとめた。

プライベートでも最近、主演ドラマ「Nのために」(TBS系、2014年10月期)で共演した俳優・賀来賢人(26)との目撃談が噂されるなど“熱愛説”も浮上しており、今は公私ともに絶好調かも・・・?

※最終話は11.7%とまずまずの着地でフィニッシュ。
遺産争族 DVD-BOX

にほんブログ村 芸能裏話・噂

榮倉奈々といえば、2002年(中学3年生のとき)に渋谷の代名詞ともいえるファッションビル「109」前でスカウトされ芸能界入りし、2009年まで女性向けファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデル(表紙46回)を務めてきたことで知られる。一方で女優としてもドラマ「ジイジ〜孫といた夏」(NHK、2004年8月16日〜9月6日、全4回)でのデビュー後、連続テレビ小説「」(NHK、2008年上半期)でヒロイン・一本木瞳役に抜擢されたほか、主演ドラマ「メイちゃんの執事」(フジテレビ系、2009年1月期、水嶋ヒロとのW主演)のスマッシュヒットでブレイクを果たし、近年も多数のドラマや映画に出演している。

だが高身長などもネックになったのか、その後の榮倉は一定の人気を保持しつつも大ヒット作に恵まれたかといわれればそうでもないような印象も受ける。かといって人気が落ちたかといえばこれもまた違い、2005年以降毎年最低でも1本の連ドラ出演を続けており、近年は映画での主演作も目立つほか、CMも安定的に維持している。

昨今では主演ドラマ「Nのために」(TBS系、2014年10月期)が全話の平均視聴率こそ9.0%と奮わなかったものの、「ギャラクシー賞」の月間賞(2014年12月度)や、「第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」で最優秀作品賞に選ばれ話題をさらうなど、上々の評価を得た。榮倉の演技は今年に入っても、ジワジワと評価を上げているようで・・・?

(以下引用)

主演映画『図書館戦争-THE LAST MISSION-』は、前作『図書館戦争』(2013)の初日動員数、興行成績で150%の伸びを見せた。

その上、「実は大根」といわれる向井理との『遺産相続』も高評価で、全話平均視聴率も2ケタに乗せる可能性を残しており、「アゲマン」の称号まで出てくる勢いだ。

(引用元:日刊サイゾー)

榮倉は先述の主演ドラマ「Nのために」の勢いそのままに、2015年は主演映画「娚の一生」(2015年2月14日公開、豊川悦司とのW主演)で“足キスシーン”が話題をさらったほか、その後も主演映画「図書館戦争-THE LAST MISSION-」(2015年10月10日公開、2年前の主演映画「図書館戦争」(2013年4月27日公開、岡田准一とのW主演、最終興収17.2億円)の続編)が前作との初日2日間対比で観客動員数で150.1%、興行収入で152%(情報元:シネマトゥデイ)と前作を上回る好スタートを決めたことも話題となった。

さらに榮倉は今秋に放送されたドラマ「遺産争族」(テレビ朝日系、2015年10月期、主演・向井理)でもヒロインの資産家令嬢・河村楓役を好演し、全話の平均視聴率も10.7%とまずまずの結果を残すなどヒットが続いている。ビッグヒットとはいえなくとも、ある程度の数字にまで持ってくる安定感が彼女の武器とも言えそうで、男女・世代を問わず好感度が高そうな点もこれに起因しているかも。

そんな榮倉はプライベートでも、それほど大きなスキャンダルで騒がれていない。こうした点も“安定感”につながっていると思われるが、最近は恋の噂もチラホラ聞かれるようで・・・?

(以下引用)

「(前略)オトコ関係でいえば、俳優の山本裕典とのツーショットプリクラの流出、フジテレビ社員とのデートスクープが目立つところ。

最近では女優の賀来千香子の甥で、『Nのために』で共演した賀来賢人とのUSJデートやドン・キホーテでの目撃談などもあり、熱愛がささやかれてもいますが、明確な証拠は得られていません。(後略)」(同)

(引用元:日刊サイゾー

榮倉には“スキャンダル処女”のイメージもあるが、実はちょこちょこと出ている。過去には俳優・山本裕典(27)と思われる男性とのプリクラツーショットが流出し、話題になったこともある。2人が本人とは断定できないが、「なな」、「ゆうすけ」の文字が入っていたり、「初デート」と書かれていたことなどから熱愛説もささやかれた。

さらに榮倉は2013年7月5日発売の「フライデー」にフジテレビ社員との“焼き鳥デート&手つなぎ帰宅”を報じられたが、こちらはお相手が一般男性だったこともあり、それほど話題にならなかった。同男性とまだ交際が続いている可能性もあるが、最近では2015年6月〜8月頃にツイッター上で「Nのために」で共演した俳優・賀来賢人(26)との目撃談が挙がるなど“熱愛説”も一部で浮上しているようだ(だが賀来との目撃談もごく一部のようですし、見間違えなどの可能性も考慮すれば断定はできない)。

榮倉も年頃ですしシレっと公私ともに充実した毎日を送っている可能性もあるが、「SEVENTEEN(セブンティーン)」のモデル出身女優はスキャンダル色が薄い印象を受けるので(桐谷美玲、大政絢、石橋杏奈、剛力彩芽、武井咲、新川優愛ら)、榮倉の安定感、安心感もそんな洗練されたモデルのイメージを崩さず、キャリアを重ねていることからくるものなのかも。

昨今は明るく屈託のないイメージが幅広い層に定着してきた印象があり、2016年もすでに映画「64 -ロクヨン-」(前編・後編、2016年公開予定)への出演が予定されているなど、今後もますます安定感のある活躍が見込めそうだ。

★ワンクリック・アンケート

★関連記事 榮倉奈々のブログを探すなら 榮倉奈々のニュースを探すなら
タグキーワード
2015-12-21 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
芸能人の熱愛 - 芸能界のうわさ - 芸能人のすっぴん - SMAP - ベッキー - 北川景子 - 高畑充希
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.