梨花、2年間の“ハワイ移住”を決意!憧れは“吉川ひなの的”子育てスローライフ? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

梨花、2年間の“ハワイ移住”を決意!憧れは“吉川ひなの的”子育てスローライフ?

モデル・梨花(42)が女性ファッション誌「オトナミューズ」(2015年12月号)で2年間の“ハワイ移住”を発表したと、11月2日発売の「女子自身」が報じている。

梨花は今夏にも約2カ月間に渡り息子(3)とハワイで過ごしたことが話題になったが、本格的な移住を決断した陰にはすでにハワイで子育てをしながら暮らすモデル・吉川ひなの(35)の影響もあったようで・・・?→ matome

※「オトナミューズ」(2015年12月号)では同誌初の専属モデルに就任。
otona MUSE(オトナミューズ) 2015年 12 月号 [雑誌]

にほんブログ村 芸能裏話・噂

梨花といえば、2015年4月17日放送の紀行バラエティ番組「アナザースカイ」(日本テレビ系)で、同夏に約2カ月間に渡り息子とハワイで過ごす予定であることを告白し、同放送ではハワイでの物件探しや現在の人生観などを語った。梨花にとって、ハワイは「18歳の時に旅行で訪れて以来24年間訪れない年はなかった」という「第2の故郷」(情報元:「アナザースカイ」)であり、昨今“子育て”と“実業家(店舗経営)”を両立させる彼女にとって、そんな心境に至らせた理由の一つに“愛息子の存在”も垣間見えた。

梨花は時々刻々と変化する人生と常々向き合い、所々で自問自答しながらも自分に素直に進んでいるようにもみえる。テレビに引っ張りだこのバラエティタレントとしてブレイクした際も一度立ち止まり、テレビの世界から距離を置く選択をしたり(2008年頃〜)、それが紆余曲折を経ての結婚(2010年)や出産(2011年)につながったり、その後は自身の価値観をシェアできるセレクトショップ「Maison de Reefur(メゾン ド リーファー)」を開くことにつながったり(2012年)、近年は“モデル”を基点としながらも、“梨花”という人間を発信するスタイルのマイナーチェンジを繰り返しているようにみえる。

ひらめき梨花、自分らしさを打ち出し続ける機敏な店舗改装策が奏功!商品は“2割値上げ”でも客殺到
(※ショップもリニューアルを繰り返すこだわりぶり)

ちなみに今夏のハワイ行きは、息子に“サマースクール”(世界中の子どもたちが集まり勉強やスポーツ、芸術などを学ぶスクール)を経験させることも目的の一つではあったようだが、同地で自身の人間力を上げることでさらなる自信を付けたいとの思惑もあったようだ。彼女が“子育て”と“仕事”とのバランス感を敏感に察知し、今が人生のターニングポイントだと感じたからこその決断だったと思われる。

梨花は2015年8月18日付のインスタグラムで「沢山の素敵な出逢いがありました。色々な人に助けてくれ、とても貴重な経験ができたHawaiiでのこの2ヶ月!本当にありがとう」とすでに帰国したことを報告しており、新たな挑戦を無事クリアしたようだが、そんな経験も踏まえ、2015年9月には先述のプロデュースブランド「Maison de Reefur(メゾン ド リーファー)」を新ブランド「LI HUA(リーファー)」に刷新するなど新たなステージで早くも始動しているようだ。そして梨花は今回の経験を通し、ハワイ移住への思いをますます強めているようで・・・?

(以下引用)

「梨花さんはもともと長男を都内のインターに通わせるなど、子どもに英語を身につけさせたいという思いが強かった。

それがハワイで生活するうちに、移住することでしか体験できない現地交流の大切さを実感するようになったそうです」(芸能関係者)

(引用元:女性自身)

梨花がさらに長期での“ハワイ移住”を希望するきっかけとなった背景には、やはり今夏の“2カ月移住”において、子どもを伸び伸びと国際色豊かな場で育てられるメリットが大きいことにあるようだ。さらに自身においては日本での多忙な生活をスローダウンさせ、「もっともっと穏やかに生きたい」(情報元:「オトナミューズ」(2015年12月号)との思いもあるようだ。

最近ではハワイで子育てする芸能人やモデルも増えているが、梨花は彼女たちと交流していくうちにハワイでの“スローライフ”に憧れを持つようになったという。なかでも長女(3)を連れて“ハワイ移住”をしているモデル・吉川ひなの(35)の影響は大きかったようで・・・?

(以下引用)

「彼女はハワイを拠点にしながら日本で仕事をしていますが、きっかけは“芸能人として注目され続けることへの葛藤”だった。そのリセット先としてハワイを選び、子どもと伸び伸び生活している。

そんな彼女に、梨花さんは強く共感したそうです。“移住の先輩”でもある彼女に、梨花さんは現地での生活について相談していたみたいです」(前出・関係者)

(引用元:女性自身

吉川ひなのといえば1999年2月に元ヴィジュアル系バンド「SHAZNA」のIZAM(43)と結婚したが、同年9月にスピード離婚したことで知られる。その後、約10年間は独身時代を続けてきたが、2011年9月に妊娠4か月であることを報告したほか、2011年11月にお相手の一般男性と都内で挙式・披露宴を行い(すでに婚姻届も提出)、2012年3月には第一子となる女児を出産した。

現在はモデル業と併行し、ウエディングドレスブランド「alohina」のプロデュースなども行っており、夫や娘とともにハワイと東京を行き来する生活を続けているようだ。その傍らでは心身のケアにも務めており、16歳のときに出会ったヨガを娘を出産した3年前から再開するなど(情報元:「yoga JOURNAL」2015年2/3月号)、ライフワークにしているようだ。

そんなひなのは2015年7月29日付のインスタグラムで、やはりハワイを拠点に活動するモデル・長谷川潤(29)や梨花との集合写真を披露していた。その画像がコチラでみられる(↓)。

ひらめき【画像】 吉川ひなの&長谷川潤&マキ・コニクソン氏&梨花(2015/7/29)
(※マキ・コニクソンさんはハワイのカリスマコーディネーターとして知られています)

上記の写真がアップされた時期は梨花がハワイに“2カ月移住”していた時期とも重なりますし、長谷川も二児の母であることからも、梨花は“ハワイママ”として活躍する二人から貴重な話を聞くことができたのかも。旦那さんの理解もあってこそだと思いますが、梨花は今後ハワイを拠点とした“スローライフ”を目指しながら、子育てや仕事と向き合っていくことになりそう。

年齢を重ねながらも、常に新しい挑戦や発見をプライベートや仕事に取り入れる順応性の高さが彼女の大きな武器といえそうで、幅広い世代の女性から大きな支持を集める理由の一つかも。梨花が今後のハワイ移住も含め、どんな選択肢を選ぶながら進んでいくのか興味深い。

★関連記事 梨花のインスタグラムを探すなら 梨花のニュースを探すなら
タグキーワード
2015-11-09 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.