寺島しのぶ、3歳の長男と“歌舞伎俳優御用達”幼稚園を見学!幼少時からの夢を愛息に託す? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

寺島しのぶ、3歳の長男と“歌舞伎俳優御用達”幼稚園を見学!幼少時からの夢を愛息に託す?

女優・寺島しのぶ(42)が9月中旬、長男(3)を連れ、“歌舞伎役者御用達”として知られる有名私立幼稚園で行われた園舎見学会に参加していたと、10月5日発売の「週刊ポスト」が報じている。

寺島は歌舞伎の名門・音羽屋の長女だったものの“女人禁制”の歌舞伎界に足を踏み入れることはできず、挫折感を吐露したこともあるだけに、長男に憧れだった歌舞伎俳優への夢を託す・・・?→ starblog

※ご長男は2015年5月に歌舞伎座に初登場。
婦人公論 2015年 3/24 号 [雑誌]

にほんブログ村 芸能裏話・噂

寺島しのぶといえば父が歌舞伎役者の七代目・尾上菊五郎(73)、母が女優の富司純子(69)、弟が五代目・尾上菊之助(38)という、歌舞伎界の超名門・音羽屋の長女として知られる。だが寺島は幼い頃から大きなコンプレックスを抱えてきたとされる。

寺島は弟・菊之助が6歳で初舞台を踏むと同時に彼を中心に家が回り出したことをきっかけに疎外感を募らせたといい(過去の雑誌でのインタビューで発言)、男社会の歌舞伎界で自分の居場所を見つけらない日々が続いたようだ。さらに寺島は、同じく歌舞伎界の名門・高麗屋の九代目・松本幸四郎(73)の長女で女優の松たか子(38)と幼なじみとして育ったが、松が大河ドラマ「花の乱」(NHK、1994年)でデビューし、月9ドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系、1996年)でSMAP・木村拓哉(42)と共演するなど一躍人気女優となったことも、挫折感を増幅させる一因となったのかも。

とはいえ寺島も舞台などを中心に女優業に邁進する傍らで20歳の頃、松たか子の兄の七代目・市川染五郎(42)と交際するなど幸せをつかもうとしていたようだが、彼との交際が発覚し、寺島が交際を認めると、1997年7月に染五郎に隠し子がいることが発覚したり、寺島と染五郎が舞台で共演中の2003年1月には彼が突然別の女性との婚約を発表するなど、すったもんだの事態となった。染五郎に信じられない捨てられ方をした寺島は、染五郎の挙式披露宴に合わせるかのように、2003年11月に彼との交際を赤裸々に綴った手記「体内時計」を上梓したほど。

だが寺島はこうした試練をエネルギーに変え、過激シーンのある映画「赤目四十八瀧心中未遂」(2003年10月25日公開)で体当たりの演技をみせ、「第27回日本アカデミー賞」(2004年発表)で“最優秀主演女優賞”を獲得するなど同年の賞レースを総なめにした。さらに映画「キャタピラー」(2010年8月14日公開)でも迫真の演技が評価され、世界三大映画祭の一つである「ベルリン国際映画祭」(2010年)で日本人女優としては史上2人目となる最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞するなど世界的評価も得た。

ひらめき銀熊賞・寺島しのぶの“壮絶”逆境人生とは?市川染五郎に捨てられた過去も!
(※逆境の連続を乗り越えた人生)

まさに執念といってもいいほどだが、こうした波瀾万丈の人生経験をバネにしたからこそ付いてきた結果なのだとすれば、これまでの試練も神様が与えてくれたものだと今では思えるものかも。プライベートでは2007年2月にフランス人アートディレクターであるローラン・グナシア氏と結婚したほか、2012年9月には第一子となる男児が誕生するなど幸せをつかんだ。

現在は連続テレビ小説「あさが来た」(NHK、2015年下半期)でヒロイン・あさ(波瑠)の母親・今井梨江役を熱演する傍らで、子育てにも奮闘中のようだ。9月中旬には長男(3)を連れ、“歌舞伎役者御用達”として知られる有名私立幼稚園で行われた園舎見学会に参加していたようで・・・?

(以下引用)

寺島さんは息子さんを歌舞伎役者にするのが悲願。歌舞伎の世界に理解が深い学校がいいと考えたようです」(芸能関係者)

(引用元:NEWSポストセブン)

寺島と長男が見学に訪れた私立幼稚園は松本幸四郎(73)、中村吉右衛門(71)、市川染五郎(42)らも通ったというから、おそらく暁星幼稚園かも。寺島は結婚を発表した際に「男の子ができたら歌舞伎役者もいいな」と明かしていたほか(情報元:スポーツニッポン)、十五代目・市村羽左衛門(享年70歳)がフランス出身のアメリカ人の父親と日本人女性とのハーフだったとされていることからも“ハーフ役者”の前例があるとみられるだけに、寺島の長男が歌舞伎俳優への道を志した場合、その実現の可能性は十分にあるといえるのかも。

寺島は実際、すでに長男を歌舞伎の世界をみせているようで・・・?

(以下引用)

しのぶさんは眞秀くんを菊之助さんの息子さんよりも頻繁に実家に連れて行って、菊五郎さんに稽古をつけてもらい、今年5月には歌舞伎座に初登場させている。

幼稚園選びもその一環で、他にも歌舞伎役者を数多く輩出している名門私立などのお受験も考えているようです」(梨園関係者)

(引用元:NEWSポストセブン

寺島は早くも長男・眞秀くんを、父・尾上菊五郎のもとで稽古させているようだ。寺島の弟・尾上菊之助も2013年2月に中村吉右衛門の四女と結婚し、2013年11月に第一子となる長男(1)が誕生しているが(2015年7月には第二子となる長女も誕生)、年齢差はあるにせよ眞秀くんはすでに2015年5月に歌舞伎座に初登場し、物おじすることなく祖父・尾上菊五郎のもとに駆け寄ったというから(情報元:スポーツ報知)、やはり血は争えないのかも。

寺島もこの舞台を見守った後、「本人は楽しかったみたい。強制せず、自分が本当にやりたいことをやっていってほしい」(情報元:スポーツ報知)と話しており、今後は本人のやる気次第ではあるが、自分の叶えられなかった歌舞伎俳優への夢を彼に見ているのだとすれば、この日はこみ上げてくるものがあったのでは。梨園に新星が登場する日が来るのか注目したいと思う。

寺島しのぶのブログを探すなら 寺島しのぶのニュースを探すなら
タグキーワード
2015-10-06 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
この人をいつまで歌舞伎役者の娘と扱う。
女優として、女として、一本筋が通っているのに。
サトエリや米倉、古くは宮沢りえ、いまだと、熊切あさみ、をカウンセリングできる女だよなぁ〜
失恋は無駄にならない。
Posted by お豆 at 2015年10月06日 13:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.