佐藤江梨子、“コンビ”のベビーカーで買い物の庶民派ママ!芸能人愛用の海外製に興味ナシ? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

佐藤江梨子、“コンビ”のベビーカーで買い物の庶民派ママ!芸能人愛用の海外製に興味ナシ?

女優・佐藤江梨子(33)が9月上旬の昼すぎ、大きなビニール袋を左手に掛けつつベビーカーを押し、坂道を登ってくるなど“新米ママ”として早くも奮闘していたと、9月15日発売の「女性自身」が報じている。

そんなサトエリの押していたベビーカーは芸能人らが好んで選ぶ海外製の高級ブランドのものではなく、国内を代表する「コンビ」の庶民的なベビーカーだったようで・・・?→ uwasa

※もともと庶民派ですよね?
アンアン 2007年 6/13号 [雑誌]

にほんブログ村 芸能裏話・噂

“サトエリ”こと佐藤江梨子といえば、2015年1月31日付のブログで結婚と妊娠を報告し、世間を驚かせた。同ブログによると「旦那さんは45歳の一般の方」であり、「自分の大切な方々にお伝えしないままでいるのは、もう耐えられなくなり本日発表させて頂く事と致しました」とのことで、彼女が人生の大切なパートナーを得たことや、新しい命を授かったことによる感激が伝わってくる内容だった。

ちなみに2015年2月5日発売の「週刊文春」によると、サトエリの夫・Aさんは父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフであり、画廊を経営する青年実業家とされるほか、同日発売の「週刊新潮」によるとAさんが経営する店は「歌舞伎役者の絵」を特に大きく取り扱っているようで、「役者絵専門店の中では、大手と言っていい」店であることから、Aさんは奇しくもサトエリの元カレである歌舞伎俳優・市川海老蔵(37)とも知り合いのようだ。さらにAさんは女優・小雪(38)の姉で歌手の弥生(40)と2007年に結婚し、約5年前に離婚している“バツイチ”でもあるようで、芸能界とのコネクションもそれなりにある方なのかも。

ひらめき佐藤江梨子、夫は米国人ハーフの青年実業家だった!“ブラジル人の海老蔵スタッフ”は誤報?
(※Aさんは経営者としても男性としても良い意味でやり手?)

そんなサトエリは2015年8月20日付のブログで「今月のはじめに57cmの大きな男の子を出産致しました。母子ともに健康で先日退院致しました。支えて下さった沢山の方々に心から感謝申し上げます」と、8月上旬に第一子となる男児を出産したことを明かしたばかり。さらには2015年8月6日にスタートしたベビー・子供用品チェーン「西松屋」のCMにも、妊娠7ヶ月頃に撮影したとみられる大きなお腹の“妊婦役”で出演しているほどで、妊娠中からママとしての第一歩ともいえる仕事に取りかかっていたとすれば、今後は“ママタレ”としての活動も意識している可能性もある。

ひらめき【画像】 佐藤江梨子・ブログ(2015/8/20)
(※ご出産おめでとうございます)

彼女の往年のグラビア時代を知るファンからすれば、時の流れを痛感する話かもしれないが、そんな“新米ママ”となったサトエリが9月上旬の昼過ぎに、ベビーカーを押しながら買い物に出掛けていたようで・・・?

(以下引用)

退院して間もないはずだが、左手には大きなビニール袋が。なかから長ネギがのぞいており、スーパーへ買い物に出かけたようだ。

意外だったのは、ベビーカー。最近では10万円以上する海外製を購入する芸能人が激増しているが、彼女が選んだのは一般的でリーズナブルな「コンビ」の製品だった。

(引用元:女性自身)

近年は結婚、出産を経た女性タレントらが変わらぬ美貌をキープしつつ、同世代のママらをターゲットに、各々のタレント性を生かした結婚生活や子育ての様子をブログなどのSNSを利用して発信することで、ママとしても頑張る芸能人(ママタレ)として様々な付加価値をつけ、売り出していく手法が定着している。もちろんママになってもプライベートを切り売りせず、これまで通り芸能活動する女性芸能人もいるが、逆にママになってからの方が親近感が増し需要が伸びているタイプもいるように思われる。

人それぞれでよいと思われるが、結局良くも悪くも芸能人の生活ぶりは見張られているもので、子育てからお受験までどんな選択をしたところで注目される人はされますし、批判を浴びたり、物議を醸したりしてしまうのは気の毒な話。ただ昨今は芸能人だからといってゴージャスな暮らしをひけらかしすぎるよりも、むしろ一般的な主婦や結婚を控えた一般女性らに共感されやすい親近感を押し出しているママタレやパパタレの方が需要のあるイメージがあり(少なくともネット上では)、北斗晶(48)や東尾理子(39)、東原亜希(32)、藤本美貴(30)らのほか、市川海老蔵(37)や薬丸裕英(49)、杉浦太陽(34)ら子育てに積極的なイメージのある男性タレントもブログの閲覧数で上位に名を連ねていることからも、その傾向が読み取れる。

テレビではタレント発信の一方向になりがちだが、ネットではコメント欄などを通じて和気あいあいとした空気感が生まれることでタレントと閲覧者がつながる場として機能したり、タレントの更新頻度が高ければ高いほど彼らの日常のリアルな生活が垣間見える機会が増えることで関心度が高くなると思われる点において、ブログをはじめとしたSNSはママタレ、パパタレ市場には向いているツールといえるのかも。サトエリが今後どのようなポジションで芸能活動を続けていくのかは不明だが、今回キャッチされた買い物姿からは庶民派のイメージが垣間見えるようだ。

そんな“ベビーカー”も今やママタレの暮らしぶりやイメージを評価する物差しになっており、多くの芸能人が10万円以上するとされる海外の高級ブランドのベビーカーを愛用する傾向にあるようだ。例えば神田うの(40)はノルウェー発の超高級ブランド「ストッケ」の最上位モデル“エクスプローリー”を、山田優(31)や木下優樹菜(27)らはオランダ発の高級ブランド「バガブー」などをそれぞれ使用しているようだ。一台だけでなく複数台所持している芸能人もいるようで、セレブ感を演出している。

そうしたなかサトエリが使用していた「コンビ」といえば、ベビー用品などを製造するコンビ株式会社(東京)によるブランドで、日本のベビーカー市場ではトップを走っている人気ブランドとはいえ、その機能性の割にお手ごろ価格で知られている(「コンビメチャカルハンディシリーズ」などが売れ筋のようです)。ちなみにその「コンビ」を購入したのは、旦那のAさんだったようで・・・?

(以下引用)

「(前略)ベビーカーは僕がネットで買ったものですね。コンビで安かったんですよ

ちなみにそのサイトを見てみると、同タイプの商品が42%オフで2万円台。かなりのお手ごろ価格だった。

(引用元:女性自身

Aさんは「女性自身」さんの取材に応じてくれたようで、どうやら2万円台の「コンビ」のベビーカーをネットでゲットされたようだ。子育て中のママたちの中には「コンビ」を愛用されている方も多いと思われますし、サトエリが急な坂道を荷物片手に上がってきた姿は好感度が上がりそうな光景にもみえる。

なお「コンビ」を使っていることをブログで報告している芸能人には、他にhitomi(39、2015年3月26日付のブログ)や、福田萌(30、2013年11月2日付のブログ)、東尾理子(39、2013年2月1日付のブログ)らがいる。サトエリの旦那・Aさんが辣腕経営者の割にはくだけた印象で、安くてもしっかりした品質のものであればブランド名にこだわるスタンスでもなさそうなタイプですし、そんな庶民派感覚を持ち合わせた彼にサトエリも惚れ込んだのかも。先述のCM出演中の「西松屋」も低価格がウリですし、今後は庶民派で行くのでしょうかね。はてさて。

★関連記事 佐藤江梨子のブログを探すなら 佐藤江梨子のニュースを探すなら
タグキーワード
2015-09-22 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.