渡辺麻友、トレードマークのロングヘアをバッサリ!「まさに神型」「似合ってる」【画像】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

渡辺麻友、トレードマークのロングヘアをバッサリ!「まさに神型」「似合ってる」【画像】

AKB48・渡辺麻友(21)が8月17日付のTwitter(ツイッター)で、トレードマークのロングヘアをバッサリと切り、肩ほどまでのミディアムヘアにイメチェンした写真を公開している。「先日髪をバッサリ切った私と本日のからあげ」というまゆゆ。

ネット上では「可愛いよ何だよこの可愛さ」、「まさに神型」、「似合ってる!」などと、絶賛の声が挙がっている。

※まゆゆといえばロングヘアのイメージ。

“まゆゆ”こと渡辺麻友が2015年8月17日付のツイッターで「先日髪をバッサリ切った私と本日のからあげ」のコメントとともに、肩ほどまでのミディアムヘアにした写真を公開した。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 渡辺麻友・ロブヘア
(※情報元:渡辺麻友ツイッター)

ロングヘアのイメージがあったまゆゆだが、肩ほどまでの短さにイメチェン。

どんな心境の変化があったのかは不明だが、1日3食唐揚げの日もあると語ったことがあるほか、ツイッターのアカウントも「@karaage_mayu」にしているほど“唐揚げ好き”の彼女らしく、しっかりとこの日食べたと思われる唐揚げ写真も並べたシュールな一枚。Twitterでは、以下のような意見が出ていた。

(以下、ツイッターより抜粋)
可愛いよ何だよこの可愛さ
「過去最高に可愛いのきちゃったなこれ笑」
まさに神型
「デコ出しも可愛い」
「夏らしく涼やかで素敵」
似合ってる!
「唐揚げ美味しそう」
(情報元:ツイッター)

ちなみにまゆゆがを切る前の写真は、2015年6月6日に行われた「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」の開票イベント際の写真がわかりやすいだろうか。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 渡辺麻友・ロングヘア(2015/6/6)
(※情報元:オリコン)

この時は胸元あたりまであるロングヘアだったほか、まゆゆが主演を務めたドラマ「戦う!書店ガール」(フジテレビ系、2015年4月期)でも髪型はこの程度のロングだったので、今回のカットからはそれなりに思い切ったイメチェンだったこともうかがえる。

そんな渡辺麻友といえば2014年に開票された「AKB48 37thシングル選抜総選挙」で初の1位を獲得するなど、すでにAKBを卒業し“絶対的エース”といわれた前田敦子(24)や大島優子(26)の後継者として名乗りを上げるとともに、AKB48の中心的存在として活躍の場を広げている。

先述の2015年に開票された「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」では残念ながら順位を3位に落とし(1位は指原莉乃)、史上初のAKB48選抜総選挙連覇は逃したものの、常にグループきっての清純派として公私ともにファンを裏切らない姿勢を続ける姿からは、今後も数多くのファンが彼女を後押ししてくれる期待感を抱かせる。

2015年の渡辺は先述のドラマ「戦う!書店ガール」(フジテレビ系、2015年4月期)でゴールデン帯の連ドラとして初主演を飾るなど女優としても貴重な経験をしたと思われる。

同作は全話の平均視聴率が4.8%と歴史的惨敗を喫したが、渡辺はコネ入社のお嬢様でありながら大好きな本のためにエネルギッシュに職場を盛り上げる書店員・北村亜紀役をためらいなく振り切って熱演しており、初主演を感じさせない演技力を満たしていたと感じたほか、主演としての存在感も十分に発揮していたと思う(不振の原因はどちらかといえば、ストーリーの展開面にあったように感じました)。

そんな「戦う!書店ガール」の不振に引きずられるように同ドラマの主題歌となった渡辺のソロ5枚目のシングル「出逢いの続き」(2015年6月10日発売)もオリコン週間CDランキング初登場2位ながら、その売り上げは自身過去最低となったとみられる(情報元:オリコン)。

同曲もむしろ良作だと思われるが、渡辺が6月6日の選挙開票で連覇を逃したうえに、「戦う!書店ガール」も不振のあまり最終話が予定より一週早い6月9日に前倒しになる不運も重なり、そうした中で同曲が6月10日に発売されたのだとすれば完全に悪循環にハマった結果とも推察できる。

渡辺陣営からすれば選挙の連覇、ドラマのヒットを足掛かりに、最終的にソロシングルのヒットという青写真を描いていたのかもしれないが、甘かったようだ。

それでも渡辺は2015年6月14日放送のドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS系)で、先述の通り3位に終わった選挙の挨拶で涙も見せず笑顔で感謝の挨拶をした様子が紹介されたほか、その翌日(6月7日)の早朝に散歩をしながらの取材に応じ、番組スタッフが「1位じゃなかったら泣いたりするんじゃないかと?」と質問されたが、笑顔で「そんなに弱くない」、「むしろ1位だった方が泣いてましたね」とハッキリと答えている姿が印象的だった。

清純派を謳いながらも、実際には泥臭く、決して媚びたりせずに信じた道をひたむきに突き進んでいるようにみえる姿には好印象を受けた。

ツイッターなどの発言などからは独特な感性の持ち主であることもうかがえるが、少なくとも一人歩きしているようにみえる“まゆゆ”という可愛らしい言葉の響きとは異なるタイプの風格があるように感じますし、今後は結果を求めすぎずひたむきに前に進むことで、AKBグループの精神的支柱としての役割を担ったり、芸能人としてさらなる飛躍につなげてほしいものですし、今後の彼女の活動や姿勢に注目したいと思う。

★ひそかに人気!芸能界の今旬ニュースはこちらでどうぞ。

★関連記事

人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2019/8/13
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

タグキーワード
2015-08-17 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.