大東駿介、水川あさみを射止めたイケメン素顔!現場では礼儀正しく、ファンには神対応も? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

大東駿介、水川あさみを射止めたイケメン素顔!現場では礼儀正しく、ファンには神対応も?

2015-08-10 | 男性芸能人>全般

女優・水川あさみ(32)と俳優・大東駿介(29)の“誕生日デート&同棲生活”を、7月31日発売の「フライデー」が報じた。

2人は2014年11月にも「女性セブン」に“お泊まり愛”を報じられており、今回の報道で順調な交際が続いていることが明らかになったが、人気女優・水川をトリコにする大東とはどんな人物なのだろうか・・・?→ uwasa

※とにかく真面目?
短髪男子 (サンマガジンムック)

にほんブログ村 芸能裏話・噂

水川あさみ大東駿介といえば、2014年11月6日発売の「女性セブン」に“豚しゃぶデート&お泊まり愛”を報じられたことで知られる。同誌によると、2人は2014年10月31日のハロウィンの日に堂々と手をつないだり、大東が水川の腰に手を回すなどラブラブな様子だったほか、翌々日の11月2日には水川が出演中の舞台を終えた後、大東と豚しゃぶ店で合流し、その後2人で水川の自宅マンションに帰宅したという。

ひらめき水川あさみ、大東駿介と“豚しゃぶデート&お泊まり愛”!8月にはインスタグラムで交流も
(※一応、交際は否定しましたが)

さらに2人は2015年7月31日発売の「フライデー」にも、7月23日に一緒に水川のマンションを出て、車で人気のカフェへ向い、30分ほど滞在した後、再び2人で水川のマンションへ帰宅したと報じられた。翌7月24日は水川の誕生日で、大東はそのまま水川の部屋で朝を迎えたとされることからもかなりの親密ぶりが伝わってくるほか、それ以外の日にも大東が仕事帰りの水川を車で迎えに行くなどしていたようなので、ほぼ“同棲”に近い生活を送っていることもうかがわせた。

ひらめき水川あさみと大東駿介がゴールイン? 結婚の壁は「収入格差」か
(※交際順調も結婚には障壁も?)

そんな水川あさみといえば、これまでに映画「ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY」(2004年3月1日公開)で共演した嵐・相葉雅紀(32)や、ドラマ「のだめカンタービレ」(フジテレビ系、2006年10月期)で共演した俳優・小出恵介(31)との間に熱愛の噂が持ち上がったことがあるので、共演を通じて恋愛に発展するパターンが多かったことがうかがえるが、大東駿介との共演はおそらくないはず。だが2人はともに大阪出身で、同じ所属事務所(A.L.C.Atlantis(アトランティス))の先輩・後輩の間柄でもあることなどから意気投合したのかも(大東は2011年12月に芸能事務所・トップコートから移籍)。

ちなみに2人の所属事務所(アトランティス)は、2014年11月6日発売の「女性セブン」の熱愛報道の際には「交際の事実はありません」とキッパリと否定したが(情報元:日刊スポーツ)、今回の「フライデー」の報道後には「担当者が不在のため、お答えできません」(情報元:スポーツ報知)とやや苦しい返答に終始しているだけに、さすがに二度目ともなると対応に苦慮せざるを得ないようだ。2人は同じ所属事務所なので別の事務所に迷惑をかけることはなさそうだが、事務所サイドからすればそれだけ2人を有望視してるからこそすんなりと認めるわけにもいかないのかも。

そんな事務所の意向に反して(?)、すっかり意気投合している様子の2人だが、数々のドラマや映画に引っ張りだこの水川に対して、大東の知名度はまだそれほど高くはなさそう。とはいえ彼も芸能生活10年にもなる中堅で、連続テレビ小説「ウェルかめ」(NHK、2009年下半期)ではヒロインを演じた倉科カナ(27)の夫役で注目を集めたほか、ドラマ「タンブリング」(TBS系、2010年4月期)では8か月間かけて習得したとされるバック転や宙返り(タンブリング)を披露したり、大河ドラマ「平清盛」(NHK、2012年)では主演・松山ケンイチ演じる平清盛の弟・家盛を熱演したことでも知られている。

こうしてみてくると主演級という立ち位置ではないが、注目度の高いドラマで重要な役柄に抜擢されていることがわかる。そんな大東の現場での評判は、どんなものなのだろうか・・・?

(以下引用)

大東くんは真面目だし、礼儀正しい。待ち時間が長かったり、急なスケジュール変更にも文句を言わないどころか、静かに待っている。

職人気質で気むずかしい制作スタッフからも、『彼はいいね』と相当気に入られています」(NHK関係者)。

(引用元:井上公造芸能)

上記はNHK関係者の談話だが、大東は先述の朝ドラ「ウェルかめ」(2009年下半期)や大河ドラマ「平清盛」(2012年)だけでなく、近年ではドラマ「いつか陽のあたる場所で」(2013年1月8日〜3月12日、全10回、主演・上戸彩と飯島直子)や、ドラマ「夫婦善哉」(2013年8月24日〜9月14日、全4回、主演・森山未來と尾野真千子)、スペシャルドラマ「木曽オリオン」(2014年1月22日、NHK BSプレミアム、主演・和久井映見)など、NHKのドラマに数多く出演していることからも彼が同局の現場で認められていることもうかがえる。

一方で民放ドラマになると、2015年にレギュラー出演した連ドラは「戦う!書店ガール」(フジテレビ系(関西テレビ制作)、2015年4月期)のみで、それ以外ではドラマ「太鼓持ちの達人〜正しい××のほめ方〜」(テレビ東京系、第1話(2015年1月12日))や、ドラマ「女くどき飯」(TBS系、最終話(2015年3月15日))、ドラマ「ホテルコンシェルジュ」(TBS系、第3話(2015年7月21日))、ドラマ「エイジハラスメント」(テレビ朝日系、第5話(2015年8月6日))など単発出演が中心となっている。先述の通り、大東は2011年に「トップコート」から「アトランティス」に所属事務所を移籍しており、キャリアの長さとは別に新事務所のタレントとしてはまだ4年目となるだけに、揺るぎない信用を得るにはまた時間がかかるのかもしれないが、各局に満遍なく出演しているので、今後地道な出演を続け、いずれかの局の制作陣と意気投合することがあれば、連ドラレギュラーの常連になる日もそう遠くはないのかも。

そんな大東は、ファンとの交流も大切にしているようで・・・?

(以下引用)

写真集イベントなどでも握手して、じっと見つめてくれて話してくれるし、小さな子にはしゃがんで目線を合わせて話しかけてくれます。

あんな神対応をされると、ファンをやめられません(笑)」(都内在住の女性ファン)。

(引用元:井上公造芸能)

大東が直近に発売した写真集は「月刊MEN 大東駿介」(2012年1月27日発売)になりそうなので若干古い話かもしれないが、ファン対応にも気遣いがみられたようだ。上記の通り些細なところほどファンはよく見ているものだけに、好感度が上がりそうなエピソードといえるのかも。

こうしてみてくると大東の内外の評判はまずまず良いようですし、今後の展開が気になるところ。ちなみに大東は俳優業に留まらず、音楽関連のイベントにもオファーが来ているようで・・・?

(以下引用)

「プライベートでロックフェスに行くなど、よくチェックしていますよ」と音楽関係者が言うとおり、音楽好きが認められ、WOWOWが生中継する「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」(1、2、8、9日)のゲストMC(8、9日)にも抜擢された。

さまざまな証言からみるポテンシャルの高さから、人気女優としての地位を確立した水川との“格差”は、すぐに埋められるに違いない。

(引用元:井上公造芸能)

大東は、4日間に渡り行われた野外音楽フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」(茨城・国営ひたち海浜公園)の8月9日〜10日の2日間においてゲストMCを務めたようだ。大東といえば過去にスポーツバラエティ番組「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系、2009年3月22日〜2010年3月21日放送分)や、トークバラエティ番組「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」(日本テレビ系、2010年4月3日〜2015年3月28日放送分)でレギュラーを務めたことがあるなど、俳優業以外での経験も意外と豊富にある。

今後は俳優一本で行った方が味が良い気がするが、これまでの様々なフィールドでの経験は無駄にはならないはずで、演技にも生かされていくのでは。大東は今後も映画「ガールズ・ステップ」(2015年9月12日公開予定)や、NHK放送90周年ドラマ「経世済民の男『小林一三 〜夢とそろばん〜』後編」(NHK、2015年9月12日)、スペシャルドラマ「ハッピー・リタイアメント」(テレビ朝日系、2015年秋放送予定)、映画「海難1890」(日本・トルコ合作映画、2015年12月5日公開予定)への出演が控えるなど、着実に露出を増やしている。

主演を何本も張るような水川からみればまだ“格差”があるのかもしれないが、ご本人たちは案外気にしていないものかもしれないですし、大東も与えられた仕事をきっちりとこなし続けることで転機が訪れる日がやってくるかも。同じ事務所同士であれば、他の事務所同士に比べて何かと都合はいいはずですし、大東に主演作が回ってきた頃に再び熱愛(結婚)報道が出るような良い循環が生まれるといいですね。

★関連記事 大東駿介のインスタグラムを探すなら 大東駿介のニュースを探すなら
タグキーワード
2015-08-10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.