高橋克典、窪田正孝&三浦翔平との“遭遇3ショット”を披露!「イケメン三人衆」【画像】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

高橋克典、窪田正孝&三浦翔平との“遭遇3ショット”を披露!「イケメン三人衆」【画像】

2015-07-22 | 男性芸能人>全般

ドラマ「ホテルコンシェルジュ」(TBS系、2015年7月期)に出演中の俳優・高橋克典(50)が7月21日付のブログで、ドラマ「デスノート」(日本テレビ系、2015年7月期)で主演を務めている俳優・窪田正孝(26)と撮影現場で遭遇したことを、写真付きで報告している。

ネット上では「なかなか見られないお宝ショット」、「イケメン三人衆!!」、「こんな事ってあるんですね!」などと、絶賛の声が挙がっている。

※高橋と窪田はドラマ「SUMMER NUDE」(フジテレビ系、2013年7月期)で共演。

ドラマ「ホテルコンシェルジュ」(TBS系)に出演中の高橋克典が7月21日付のブログで、「日曜日は施設を貸していただけるので、撮影が入ることが多いのですが、当然、他の撮影隊と出くわす事も。今日はなんとこの人にお会いしました!」と、ドラマ「デスノート」(日本テレビ系)で主演中の窪田正孝と遭遇したことを報告した。

ちなみに高橋はドラマ「SUMMER NUDE」(フジテレビ系、2013年7月期)で窪田と共演したことがあり、「エレベーター乗り場で、デスノートのスタッフに窪田くんによろしく伝えてと言ったら会いに来てくれました」と、「デスノート」のスタッフに伝言をお願いしたところ、窪田がわざわざ挨拶に駆けつけてくれたようだ。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 高橋克典&窪田正孝&三浦翔平・3ショット
(※左から高橋、窪田。後ろで着替えているのは三浦翔平。情報元:高橋克典ブログ)

久々の再会に嬉しそうな高橋と、ダブルピースサインの窪田の“イケメンツーショット”。

と思いきや、「ホテルコンシェルジュ」に出演中の俳優・三浦翔平(27)もとぼけた顔で着替えながら、後ろに映り込んでいる“イケメン3ショット”。コメント欄では、以下のような意見が出ていた。

(以下、高橋克典オフィシャルブログ コメント欄より抜粋)
なかなか見られないお宝ショット
イケメン三人衆!!
こんな事ってあるんですね!
「窪田さん会いに来て下さるなんて律儀な方ですね」
「謙虚な感じがいいですね」
「克典さん尊敬される先輩で羨ましい!」
「高橋さん 優しいな」
(情報元:高橋克典オフィシャルブログ コメント欄)

なお高橋克典と窪田正孝が共演したドラマ「SUMMER NUDE」(フジテレビ系、2013年7月期)で、高橋は主演・山下智久(30)演じる三厨朝日の仲間らを見守るカフェ&バー「港区」のオーナー・下嶋賢二役を、窪田は「港区」の常連客で繊細な文学青年・桐畑光役をそれぞれ演じていた。

今回「ホテルコンシェルジュ」に出演中の高橋が、他局で放送中の「デスノート」に出演中の窪田の存在に気をかけた上に、窪田もわざわざ高橋へ挨拶に訪れたところをみると、高橋は当時から窪田の人柄に好感を持っていたことがうかがえますし、窪田もまた高橋を良き先輩として慕っていることも伝わってくる。

そんな高橋克典が出演中のドラマ「ホテルコンシェルジュ」(TBS系、2015年7月期)はホテルのお客様に最大限のおもてなしをする役割を担う“コンシェルジュ”にスポットを当てた「笑って泣けるハートウォーミングストーリー」(情報元:ドラマ公式ホームページ)で、女優・西内まりや(21)が連続ドラマ初主演を務めている。

高橋は舞台となる外資系一流ホテル「ホテル・フォルモント」の総支配人・鷲尾陵介役を、三浦はプロ意識の高いコンシェルジュ・本城和馬役を、西内は新米コンシェルジュ・天野塔子役をそれぞれ務めている。

気になる同作の平均視聴率は第1話(7月7日放送)が9.4%、第2話(7月14日放送)が8.5%、第3話(7月21日放送)が8.9%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)と思ったほど伸びていないが堅調に推移しており、今後さらなる巻き返しが期待される。

一方、窪田正孝の主演ドラマ「デスノート」(日本テレビ系、2015年7月期)は大場つぐみの漫画が原作で(作画は小畑健)、連ドラとしては初の実写化となるが、これまで実写化された映画「デスノート」(2006年6月17日公開)や、ミュージカル「デス・ノート THE MUSICAL」(2015年4月6日〜29日:東京・日生劇場、5月15日〜17日:大阪・梅田芸術劇場メインホール、5月23日〜24日:・愛知県芸術劇場 大ホール)らとは異なるオリジナルストーリーになっているようで(情報元:ウィキペディア)、窪田が主人公・夜神月(ヤガミ・ライト)を、俳優・山崎賢人(20)が天才探偵・L(エル)を、女優・優希美青(16)が謎の人物・N(ニア)を務めるなど、フレッシュな顔ぶれも見どころの一つとなっている。

気になる同作の平均視聴率は第1話(7月5日放送)が16.9%、第2話(7月12日放送)が12.3%、第3話(7月19日放送)が8.7%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)と初回こそ今年の夏ドラマにおけるトップの好スタートを切ったものの、その後大きく数字を下げており、話題性先行の印象も受ける。

今後そのオリジナルストーリーがどれだけ原作を飛び越えてこれるか、気になるところ。

今回の“3ショットは”はテレビ局やドラマの垣根を超えた珍しい交流が切り取られた貴重な一枚だが、それぞれの人柄も垣間見え、相乗効果も期待できるかも。

彼らのドラマが今後、どのように推移していくのか注目したいと思う。

★ワンクリック・アンケート

★ワンクリック・アンケート

★高橋克典のプロフィール&ニュースはこちらからどうぞ

★関連記事

人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2019/8/10
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

2015-07-22 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.