吉瀬美智子、堺雅人&高橋一生との“共演3ショット”を公開!「出会えて感謝」【画像】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサードリンク

吉瀬美智子、堺雅人&高橋一生との“共演3ショット”を公開!「出会えて感謝」【画像】

2015-06-19 | 女性芸能人>全般

女優・吉瀬美智子(40)が6月18日付のインスタグラムで、ドラマ「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)で共演した俳優・堺雅人(41)、俳優・高橋一生(34)との“3ショット”を披露している。「素敵な作品に出会えて感謝」という吉瀬。

ネット上では「この3ショット最高です」、「皆さまみたいなドクターがほんとに居たらいいのに」、「今クールで1番素晴らしい作品だったと思います」などと、絶賛の声が挙がっている。→ geinougazou ranking

※2014年に上梓したエッセイ。一児のママでもあります。
幸転力

にほんブログ村 芸能ブログ

吉瀬美智子が、2015年6月18日付のインスタグラムで「最後までご覧頂きありがとうございました!素敵な作品に出会えて感謝」のコメントともに、堺雅人高橋一生との3ショット写真を公開した。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 吉瀬美智子&堺雅人&高橋一生・3ショット
(左から高橋、堺、吉瀬)

ドラマ「Dr.倫太郎」(日本テレビ系、2015年4月期)がクランクアップを迎えた時と思われる一枚で、3人のホッとしたような和やかな空気も伝わってくる“3ショット”(若干、粗めですが)。背後に大学病院の階段教室らしき机が見えるので、まさに最終話のラストシーンを終えた直後かも。インスタグラムでは、以下のような意見が出ていた。

(以下、Instagramより抜粋)
この3ショット最高です
「吉瀬さんの白衣姿を見るのがBOSS以来で嬉しかったです」
皆さまみたいなドクターがほんとに居たらいいのに(何科でも)と、いつも思います 堺さんも素敵
「高橋一生君、最近いい味出てる」
「百合子さんの毎度の気遣いが女性として本当に勉強になりました」
「話を聴く・・・聴こうとする姿勢、とっても大事だなと再認識できました」
今クールで1番素晴らしい作品だったと思います
(情報元:Instagram)

この3ショット最高です」、「皆さまみたいなドクターがほんとに居たらいいのに」、「今クールで1番素晴らしい作品だったと思います」などと、絶賛の声が出ていた。

ちなみにラストシーンの合間には、堺が長時間の撮影で疲れを見せるエキストラたちに「1回立って腕を回してみましょう!」と優しく気遣う場面もみられたといい、劇中さながら人の心に寄り添う一幕もあったようだ。堺は本番でおよそ2分間の長ぜりふも難なくこなし、スタッフからの拍手に包まれながらクランクアップとなったとか(情報元:ザ・テレビジョン)。

気になる視聴率は一桁台を一度も記録することなく終始安定した推移となった。ちなみに最終話(第10話)までの平均視聴率の推移は以下の通り(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

  • 第01話(4/15)=13.9%(70分の拡大版)
  • 第02話(4/22)=13.2%
  • 第03話(4/29)=13.7%
  • 第04話(5/06)=13.9%
  • 第05話(5/13)=10.8%
  • 第06話(5/20)=12.6%
  • 第07話(5/27)=12.3%
  • 第08話(6/03)=11.0%
  • 第09話(6/10)=12.7%
  • 第10話(6/17)=13.0%
(情報元:Audience Rating TV。全話の平均視聴率は12.7%

記録的ヒットとなったドラマ「半沢直樹」(TBS系、2013年7月期、最終話の平均視聴率は42.2%)や、敏腕弁護士・古美門研介役がハマリ役となったドラマ「リーガルハイ」(フジテレビ系、2013年10月期、平均視聴率18.4%)で話題をさらった堺雅人と、ヒットドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系、これまで3シリーズ)や連続テレビ小説「花子とアン」(NHK、2014年下半期、平均視聴率22.6%)で脚本を務めた中園ミホ氏(55)とのタッグ作としてはやや物足りない印象も受ける。それでもこれまで“しゃべり役”が続いた堺が聞き手に回ることの多い精神科医を静かに演じたことや、女性主人公のドラマを手がけることの多い中園氏が男性主人公のドラマに挑戦したところにそれぞれ新味が出たと思いますし、バラツキの小さい視聴率推移からも多くの癒しをもらった視聴者も少なくないのでは。

ひらめき「Dr.倫太郎」の随所にタモリの影 劇中のセリフから犬の名前まで
(※実はタモリさんのドラマだった?)

そんな堺雅人は今後、大河ドラマ「真田丸」(NHK、2016年、脚本・三谷幸喜)で主演を務める予定で、今夏にも撮影がスタートすると思われる。妻で女優の菅野美穂(37)も2015年5月4日に第一子を妊娠していることを報告しており、プライベートでは今秋にもパパになると思われる堺のますますの活躍が期待される。

一方、吉瀬美智子は2014年に出演したドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」(フジテレビ系、2014年7月期)が反響を呼んだほか、2014年9月25日には初のエッセイとなる「幸転力」を上梓した。またプライベートでは2010年12月に10歳年上の実業家の男性と結婚したほか、2013年7月(38歳の時)には第一子となる女児を出産するなど公私ともに充実しているようだ。

高橋一生は今年すでにドラマ「だから荒野」(NHK BSプレミアム、2015年1月期、全8話)や、ドラマ「Dr.倫太郎」(日本テレビ系、2015年4月期)に出演したほか、今後も深夜ドラマ「民王」(テレビ朝日系、2015年7月期、遠藤憲一と菅田将暉のW主演)に出演予定となっており、連ドラを3本ハシゴする多忙ぶりとなっている。近年は主に連ドラにおける名脇役として重宝される存在へと成長しているようだ。

「Dr.倫太郎」での共演を糧に、3人が次の作品でどのような活躍をみせてくれるのか、注目したいと思う。

★ワンクリック・アンケート

★関連記事 吉瀬美智子のブログを探すなら 吉瀬美智子のニュースを探すなら
2015-06-19 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
芸能人の熱愛 - 芸能界のうわさ - 芸能人のすっぴん - SMAP - ベッキー - 北川景子 - 高畑充希
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.