蓮佛美沙子、トレードマークのロングヘアを35cmバッサリ!「似合うぜまったく」【画像】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

蓮佛美沙子、トレードマークのロングヘアを35cmバッサリ!「似合うぜまったく」【画像】

女優・蓮佛美沙子(24)が7月9日スタートのドラマ「37.5℃の涙」(TBS系)で民放の連続ドラマ初主演を果たすことが明らかになったほか、役柄に合わせトレードマークのロングヘアを35センチ以上もバッサリと切ったことがわかった。

ネット上では「むちゃくちゃかわいい」、「ショートも素敵です!」、「似合うぜまったく」などと、絶賛の声が挙がっている。

※ビフォアはこんな感じ。

蓮佛美沙子(れんぶつ・みさこ)が2015年7月9日スタートのドラマ「37.5℃の涙」(TBS系)で民放の連ドラ初主演を果たすことが決まったほか、“病児保育士”の役柄に合わせてトレードマークのロングヘアを35センチ以上もカットしたことがわかった。その蓮佛の新しい髪型がコチラでみられる(↓)。

【画像】 蓮佛美沙子・ボブヘア
(※情報元:スポーツニッポン)

さらに蓮佛は2015年6月10日付のFacebook(フェイスブック)でも、「この度、民放連続ドラマ初主演を務めさせて頂く事になりました!」、「デビュー以来のショートヘアの新しい蓮佛美沙子をどうぞ宜しくお願いします」のコメントとともに、髪を短くした写真を公開した。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 蓮佛美沙子・ボブヘア
(※情報元:蓮佛美沙子Facebook)

ロングヘアのイメージだった蓮佛だが、肩にもつかない短さに。

蓮佛演じる“病児保育士”は体調に不安のある子供(熱発、嘔吐、湿疹など)を預かり世話をする職業のようなので、緊急度の高い対応や動きやすさが求められそうで、まさに役作りのため女優魂でをバッサリと切ったのかも。Facebookでは、以下のような意見が出ていた。

(以下、フェイスブックより抜粋)
「民放初主演、おめでとうございます」
むちゃくちゃかわいい
ショートも素敵です!
似合うぜまったく
「ショート初めて見ました」
「夏の季節感出て似合います」
「毎週楽しみに観ます」
(情報元:フェイスブック)

ちなみに蓮佛がロングヘアだった頃の写真は、2015年4月9日付のインスタグラムがわかりやすいだろうか。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 蓮佛美沙子・ロングヘア(2015/4/9)
(※情報元:蓮佛美沙子インスタグラム)

同写真はドラマ「潜入探偵トカゲ」(TBS系、2013年4月期)に出演していた時のもののようで、お腹付近まである超ロングヘア。

この時から比べるとかなり短くなったことがわかりますし、最近出演したドラマ「○○妻」(日本テレビ系、2015年1月期)や、現在放送中のドラマ「アイムホーム」(テレビ朝日系、2015年4月期)などでもロングヘアで登場しており、思い切ったイメチェンだったことがうかがえる。

そんな蓮佛美沙子といえば、2005年に角川映画とソニー・ミュージックエンタテインメントが共催した「スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス」で応募総数37,749人の中からグランプリに選ばれ、芸能界入りしたことで知られる(審査員特別賞には、女優・土屋太鳳(20)も選ばれている)。

その後、映画「犬神家の一族」(2006年12月16日公開)で映画デビューを果たすと、翌年には早くも映画「転校生 -さよならあなた-」(2007年6月23日公開)で初主演を飾り、2007年の「第81回キネマ旬報ベスト・テン」では日本映画新人女優賞を受賞した。

その後もドラマ「七瀬ふたたび」(NHK、2008年10月期、全10話)で主演を務めるなど、映画やドラマを中心に切れ目のない活躍をみせている。

近年は事務所の方針なのか脇役中心のポジションでじっくりと育てられている印象も受け、2015年はスペシャルドラマ「新ナニワ金融道」(フジテレビ系、2015年1月24日)や、ドラマ「○○妻」(日本テレビ系、2015年1月期)、ドラマ「アイムホーム」(テレビ朝日系、2015年4月期)でそれぞれキーマンを演じるなど、重用な役柄を任されるようになってきた印象もある(ジャニーズタレントとの共演が多いのも特徴的だが、現在の担当マネージャーがかつてジャニーズ事務所で敏腕をふるっていた人物のようなので(情報元:メンズサイゾー)、何らかのコネクションがあるのかも)。

なお蓮佛の連ドラ主演は、先述の「七瀬ふたたび」(NHK)や、現在放送中のドラマ「ランチのアッコちゃん」(NHK BSプレミアム、2015年5月12日〜6月30日、全8話)があるが、ドラマ「37.5℃の涙」(TBS系、2015年7月スタート)は意外にも民放連ドラ初主演となる。

映画やスペシャルドラマなどでも主演経験がある蓮佛だけに驚きだが、事務所サイドも彼女を女優として大事に育成し、表舞台に出る機会を探っていたのかも。

ちなみに「37.5℃の涙」は椎名チカの同名漫画が原作で、蓮佛は6月中旬のクランクインを前に病児保育の研修を受けたり、“だっこヒモ”の使い方やおしめの替え方を勉強するなどすでに奮闘中のようだ(情報元:スポーツニッポン)。

共演者には上司役に成宮寛貴(32)や藤木直人(42)、顧客役に速水もこみち(30)、先輩保育士役に水野美紀(40)、親友の幼馴染役にトリンドル玲奈(23)らが決まっており、蓮佛が民放連ドラ初主演でどのような新味を出すのか注目したいと思う。

★すっかりおなじみ!芸能界の裏話はこちらでどうぞ

★関連記事

人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2019/8/7
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

タグキーワード
2015-06-10 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
え〜 この人地味、3番手の顔
Posted by at 2015年06月11日 12:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.