瀧本美織、藤ヶ谷太輔と“週一通い愛”!車内で“お辞儀状態”で隠れ続けた本気は報われる? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

瀧本美織、藤ヶ谷太輔と“週一通い愛”!車内で“お辞儀状態”で隠れ続けた本気は報われる?

Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔(27)と女優・瀧本美織(23)がほぼ週一回のペースで“通い愛”を続けていると、6月4日発売の「週刊文春」が報じている。

瀧本は決まって週初めの夜にキャップとマスクで変装し、タクシーで彼の自宅マンションを訪れていたという。彼女は車内では常に身をかがめ、外から見えないよう厳戒態勢を敷いていたようなのだが・・・?→ starblog

※自動車保険の更新の相談に乗ってもらっていただけなんですよ。
Kis-My-Ft2(キスマイ)公式グッズKis-My-Ft2 Good Live Tour いくぜ! クリアファイル【藤ヶ谷太輔】&公式生写真【藤ヶ谷太輔】セット

にほんブログ村 芸能ブログ

藤ヶ谷太輔瀧本美織といえば、ともに民放連ドラ初主演となった「美男ですね」(TBS系、2011年7月期)で共演しており、これをきっかけに交際に進展したものとみられる。同ドラマではバンドメンバーをめぐる恋愛模様が描かれており、ギター・藤城柊役の藤ヶ谷がボーカル・桜庭美子役の瀧本に惹かれるも恋は叶わず、瀧本はリーダーでボーカル兼ギター・桂木廉役の玉森裕太(25)と結ばれるストーリーだったが、藤ヶ谷はそんなドラマでの“失恋”の裏で実際には瀧本との恋を実らせていたようだ。

2015年6月3日付の「日刊スポーツ」、「スポーツニッポン」、「スポーツ報知」が報じた内容にはそれぞれ若干食い違いがあり、交際期間については「2年半程度」(日刊)、「共演し、すぐに交際に発展」(スポニチ)、「4年」(スポーツ報知)とそれぞれ異なるものの、ドラマ共演後に意気投合し、比較的長い交際を続けてきたことは確かなようだ。

そんな2人は先述のドラマ「美男ですね」の放送直後の時期にあたる2011年10月1日に、ツイッター上で、江ノ島で開催された音楽イベントでの目撃情報が話題になったことがある。

ひらめき10月1日に江の島でキスマイの藤ヶ谷くんと瀧本美織ちゃんのツーショットが目撃されたようですが本当に二人だけだったのでしょうか?
(※2人が江ノ島で目撃されたとか)

さらに時期は不明だが、2人がテレビに出演した際に着けていた指輪が同じデザインのものだとネット上で話題になったことがあるほか、2015年6月3日付の「日刊スポーツ」によると、2014年5月にも都内の鉄板焼き店で食事デートする姿を目撃されていたという。

ひらめき【画像】 藤ヶ谷太輔&瀧本美織・指輪がお揃い?
(※ティファニーのナローツイストリング?)

こうしたことから2人の間にはこれまで何度か恋の噂が取り沙汰されてきたことがうかがえるが、決定的なショットを抑えられることはなかったため、噂の域を出ることはなかったようだ。だが2015念6月4日発売の「週刊文春」が、ついに足繁く藤ヶ谷の自宅マンションへ通う瀧本の行動をキャッチしたようで・・・?

(以下引用)

小誌が初めて藤ヶ谷の自宅へ通う瀧本を見たのは、今年三月初め。以降計七回、ほぼ週イチのペースで通う姿を確認している。

いずれも瀧本は厳戒態勢。マンション周辺では、タクシー内で身を屈めていて、外からは空のタクシーが入っていくようにさえ見えた。

(引用元:週刊文春)

瀧本は決まって週初めの夜にキャップとマスクで変装し、タクシーで藤ヶ谷の自宅マンションを訪れていたという。それも彼女はタクシーの座席に前屈みになって座っていたそうで、外からは誰も乗っていないように見えるほどだったというから、それこそ座って“お辞儀をした状態”をひたすら保ちながら乗っていたことになる。

「週刊文春」さんが瀧本の“通い愛”に気付いたのは2015年3月頃からのようだが、交際期間が数年だと仮定すれば、もっと前から彼女は同じようなことを続けながら藤ヶ谷のマンションへ通っていた可能性もある。仮にそうであれば涙ぐましい努力だが、人気者同士が恋愛を続けるのはそれだけ大変だということも伝わってくる。

それでも藤ヶ谷のマンションはおそらくセキュリティも万全のほか、地下駐車場も完備した利便性を兼ね備えていると思われ、瀧本はタクシーで藤ヶ谷のマンション内の地下駐車場に直接入ることもできたのかもしれないですし(藤ヶ谷が手配したタクシーなどに限られるかもしれないが)、2人が一緒に歩いてマンションから出入りすることがない限り、マスコミもツーショットを撮るのは至難の業だと思われる。それでも藤ヶ谷のマンション関係者も、こんな証言をしているようで・・・?

(以下引用)

藤ヶ谷さんは彼女が来ると地下駐車場まで迎えにいって、二人でエレベーターに乗って部屋まで戻るんです。お揃いのハットを被っていたこともありました

お泊まりの翌朝は、瀧本がタクシーを呼び、時間差で藤ヶ谷の事務所送迎車が現れ、共に地下駐車場へと入る。マンションから出る際、瀧本はタクシーの中で必ず身を屈めている。

(引用元:週刊文春)

多くの高級マンションには地下駐車場から部屋までの直通エレベーターがあるようで、地下駐車場から部屋まで上がってしまえば、基本的にマンションの住人以外の誰かに見られるということはなさそう(マンションによってはエレベーターが自宅のある階にしか止まらない仕様になっている場合もあり、住人同士のセキュリティチェックにもなっているようだ)。とはいえ上記のマンション関係者の話を読む限り、情報はダダ漏れですし、本当に同マンションのセキュリティが大丈夫なのか心配になってくるが、少なくともツーショットを撮られることだけはなかったようだ。

だが瀧本が毎週のように藤ヶ谷のマンションを訪れていることは確かなようで、さすがに同じパターンで逢瀬を続けていればマスコミに勘づかれるのも仕方がなかったかも。「週刊文春」さんは朝に瀧本が藤ヶ谷のマンションからタクシーで出てきたところを直撃取材しているが、彼女は顔を伏せたまま無言のままだったようだ。

瀧本にとっては沈黙を貫くことだけがジャニーズ事務所に身を置く彼への精一杯の配慮だったのかもしれず、気の毒な光景にもみえてしまうが、こうなることも人気者同士の宿命かも。ただ彼女に辛い思いをさせてしまった藤ヶ谷としては、思い切って「(彼女は)夜間、休日も駆けつけてくれます」などと(瀧本がイメージキャラクターを務める「ソニー損保」のCMにちなんで)、サラッと受け流しながらもオープンな交際宣言をしても、逆に男が上がる気もしますが。一途な関係であることも想像できますし、こんな時に心から「おめでとう」と言ってくれるファンも増えてくれるといいなとも思うのですが。

★関連記事 藤ヶ谷太輔のニュースを探すなら
タグキーワード
2015-06-05 | Comment(5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
これは告訴レベルの脅しだそうです!

若い女性が一人でタクシーに乗っているところをイキナリフラッシュをたかれ、訳の分からない脅し文句を言われている状態を想像してください。

こういう体制にもなりますよ!
どれほどの恐怖か分かりますか?

たった一人で夜盗に遭ったような気持ち分かりますか?

余りの恐怖に怖がって縮こまった若い女性に対して、「ほら、こういう体制をしたから交際は本当だ」などと吐き捨てる記者をどう思いますか?

どうか、こちらの読者の皆さんで常識のある方なら、こういう文春のカメラマンのやり方を非難してください!


たった一人で仕事をした帰宅中のタクシー内です、どこぞやの男の家に向かったのではなく自宅に帰るところだったとタクシー運転手の証言も得ました。


彼らの脅しと恐怖を与えた取材に対してみなさんの意見はどうなのでしょうか?
Posted by K at 2015年06月05日 14:04
蓋を開けたら純愛でもなんでもなかったようだ
このジャニタレが何股かけてたのかは知らんが、滝本がただただ可哀想
Posted by at 2015年06月05日 22:16
昔から女たらしで有名だったから一途っていう言葉どこから出てきたの?
Posted by at 2015年06月05日 23:14
この熱愛って、デマらしいですよ!
 
ちなみに藤ヶ谷は事務所から完全否定出していましたよ。

お揃いも二人の関係も違うと言うことを本人がファンに弁明されていますのでお調べ下さいね。

瀧本さんが行ったマンションは藤ヶ谷マンションではなく、近くの友人のところです。

もし藤ヶ谷マンションなら、なんで出入り画像もないのでしょう?(笑)

友人の友人を当たってみたらいかがでしょうか。
デマの検証ならすぐ明確になります。
交際の検証なら、いつまでも平行のはずですよ(笑)
Posted by at 2016年01月11日 18:42
藤ヶ谷くんと美織ちゃんの熱愛報道はただの噂で嘘という事でいいんでしょうか?ガセという事でよろしいんでしょうか?

ずっと気になっていた事なので、聞かせて下さいm(_ _)m完全否定しているのですよね?

何卒よろしくお願い致しますm(_ _)mm(_ _)m

Posted by あたふた at 2016年03月25日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.