東方神起ユンホ、ドラマ撮影中に日本人ファンが迷惑行為?現地で問われるファンのマナー - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

東方神起ユンホ、ドラマ撮影中に日本人ファンが迷惑行為?現地で問われるファンのマナー

東方神起・ユンホ(29)が7月初旬スタートのウェブドラマ「あなたを注文します」で主演を務めるが、その撮影現場で一部の日本人ファンが騒動を起こしたと、6月2日発売の「週刊女性」が報じている。

ソウル市内の撮影現場には混乱を避けるためセキュリティ担当者が配置されたが、5月23日早朝に一部ファンが指示に従わなかったことが原因で担当者が激怒するトラブルがあったようで・・・?→ uwasa

※マナーは守ってほしいものです。
SPUR2015年6月号

にほんブログ村 芸能ブログ

東方神起といえばユンホ(29)とチャンミン(27)からなる韓国出身の男性デュオで、母国や日本にとどまらずアジア各国など世界各地で人気を博していることで知られる。彼らは2015年もシングル「サクラミチ」(2015年2月25日発売)をリリースしたほか、全国5大ドームツアー「東方神起 LIVE TOUR 2015 〜WITH〜」(2015年2月6日〜4月2日、全国5カ所16公演)を開催するなど、日本ファンを楽しませた。

なおユンホはこのドームツアーのファイナルとなる東京ドーム公演(2015年4月2日)で「これをいつ言うかずっと悩んでいたんですけど、実は東方神起の単独ライブツアーでは、しばらく会えないと思うんです」、「僕が『ただいま』って言ったら、みんなが『おかえり』って必ず言ってください」と語るなど、2015年中の兵役入隊を示唆したことも話題となった。東方神起の所属事務所・SMエンターテインメントの関係者も2015年4月3日に「ユンホの入隊時期はまだ未定だが、今年中に現役で入隊するものと見られる」と回答しており(情報元:K-PLAZA)、少なくともユンホの今年中の兵役入隊(約2年間の服務)は確実なものとみられている。

ひらめき【動画】 東方神起、涙で再会を約束(時事通信)
(※You Tube。音が出ますのでご注意ください。ユンホの告白は7分4秒頃〜)

それでもユンホは日本ファンのために初のソロミニアルバム「U KNOW Y」を2015年7月8日にリリースする予定のほか、ウェブドラマ「あなたを注文します」(7月上旬スタート、「NAVER TVCAST」と「SBSプラス」で放送予定)で主演を務めることが決まるなど、ギリギリまで芸能活動を行うようだ。ファンにとっては嬉しい話でしょうし、5月中旬からスタートしたという同ドラマの撮影には海外からも多くのファンが詰め掛けたようだ。

ひらめき東方神起 ユンホ&キム・ガウン、これが理想の身長差!少女漫画のようなビジュアル
(※お弁当屋さんが舞台。かわいいビジュアルが目を引きます)

撮影現場となったソウル市内のカフェ付近には、撮影が日中あるいは夕方から翌日の明け方までというハードスケジュールにもかかわらず、多くのファンが陣取っていたようで・・・?

(以下引用)

ファンたちはカフェの脇道に場所取りをして、窓越しにたまに見えるイケメンシェフ役のユンホの姿を食い入るように見つめていました。多い時で40人ほどのファンが。

韓国人、中国人もいましたが、いちばん多かったのが日本人。そのほとんどがアラフィフ世代で、日傘や折りたたみイスを用意して24時間態勢で張りついていました」(前出の記者)

(引用元:週刊女性PRIME)

熱狂的なファンともなると「24時間態勢」でユンホを一目見ようと待機していたというから、恐れ入る。もちろん撮影に差し障りがなければ問題はないが、中には声を出したり、道をふさぐなどの行為をした者もいたようで、現場にはセキュリティ担当者が配置されていたようだ。

ファンたちも基本的にはおとなしく指示に従っていたようだが、徹夜明けの5月23日早朝にはセキュリティ担当者が一部のファンが指示に従わなかったことを原因に激怒し、そのファンらを撮影した画像をインスタグラムにアップしてしまう出来事があったという。すでにそれらの画像は削除されたようだが、同騒動はツイッターなどを通じて拡散したようで・・・?

(以下引用)

「とある韓国人ファンが事の詳細をTwitterに投稿したんです。

事態を収めようとファンのもとにやって来たユンホに対し、口答えをした日本人がいた”とも。(後略)」(韓流ライター)

(引用元:週刊女性PRIME)

具体的に現場で何が起きたのかはわからないが、徹夜で撮影をみていたファンと、セキュリティ担当者とのあいだに何らかのトラブルがあったものと思われ、さらに同担当者がマナーの悪かったと思われるファンを撮影し、顔出しでインスタグラムにアップしたことで火に油を注いでしまったのかも。

双方がヒートアップする事態にユンホも収拾に駆けつけたようだが、本人を前にして「口答え」をした日本人ファンがいたらしい。言葉が通じなかった可能性もあり、誤解が誤解を生んだとも考えられるが、撮影がスムーズに進み、素晴らしいドラマになるよう行動するのが真のファンだと思いますし、どんな事情があったにせよトラブルが起きてしまったことで彼に残念な思いをさせてしまったことは確かかも。

トラブルを起こしたのが日本人ファンとは断定できないが、もし心当たりのあるファンがいるのであれば自分の行動に問題がなかったどうか今一度顧みるべきかも。また日本人ファンの行き過ぎた行為は、このシーンに限ったことではないという。

ソウル市内にはユンホの友人がオープンしたカフェがあり、ユンホも週に1〜2回は立ち寄り、開店当初には店内でくつろぐ様子もしばしば目撃されていたようなのだが・・・?

(以下引用)

日本のファンが常にいらしてますし、満席で席がないことも。

それもあり、ユンホさんはいらしてもテークアウトにしてすぐに帰られることがほとんど」(店員)

(引用元:週刊女性PRIME

カフェは15席ほどの小さな店舗のようだが、日本人ファンがユンホ目当てで訪れていることも少なくないらしく、せっかくユンホが来訪しても満席のためくつろぐことができず、テイクアウトして帰ってしまうこともあるとか。こればかりは仕方のない部分もあり、ファンのユンホに逢いたい気持ちも十分理解できるが、ユンホを待つために店内に長時間居座ったり、訪れたユンホの写真を撮ろうとするなどの身勝手な行動だけは避けてほしいものです。

今回のドラマ撮影の件でも、ユンホはわざわざ自分のために韓国まで来てくれた日本人ファンにきっと大きな感謝の気持ちを持ってくれたはずなのに、一部の心ない行為のために気分を害してしまったかもしれない。ファンの熱い気持ちは素晴らしいが、多くのファンによって支えられ、積み重ねられているアーティストのイメージを、少数の些細な行動のおかげで大きく損ねるリスクがあることもファンは念頭に置き、時にはその熱い気持ちを心の中に留め、激しい炎のようではなく、消えそうで消えない炎のようにジッと燃やし続けることも心がけとして大事なことかも。

★ワンクリック・アンケート

★関連記事 東方神起のニュースを探すなら
タグキーワード
2015-06-04 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.