相葉雅紀、「ようこそ、わが家へ」撮影秘話!律儀な寺尾聰&豪華な嵐の“差し入れ”とは? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

相葉雅紀、「ようこそ、わが家へ」撮影秘話!律儀な寺尾聰&豪華な嵐の“差し入れ”とは?

2015-05-27 | ジャニーズ>嵐

嵐・相葉雅紀(32)が主演を務めるドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)の第7話(5月25日放送)が同ドラマ最高の平均視聴率13.4%を記録するなど勢いを増してきた。その撮影秘話を、5月19日発売の「週刊女性」が報じている。

撮影現場には父親役で出演中の寺尾聰(68)が撮影日にほぼ毎回、差し入れを持ってくるほか、嵐のメンバーからも豪華な差し入れが届けられたようで・・・?

※“名無しさん”をめぐる攻防も終盤へ。
ようこそ、わが家へ (小学館文庫)

にほんブログ村 芸能裏話・噂

相葉雅紀の主演ドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)が2015年4月13日にスタートし、視聴率は堅調に推移している。ちなみに現時点(第7話)までの平均視聴率の推移は以下の通り(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

  • 第01話(4/13)=13.0%(69分の拡大版)
  • 第02話(4/20)=11.4%(69分の拡大版)
  • 第03話(4/27)=12.0%
  • 第04話(5/04)=10.0%
  • 第05話(5/11)=11.9%
  • 第06話(5/18)=12.3%
  • 第07話(5/25)=13.4%
(情報元:Audience Rating TV)

同作は大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS系、2013年7月期。原作は「オレたちバブル入行組」など)や、ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS系、2014年4月期)などでおなじみの池井戸潤氏(51)が原作者であることに加え、“月9”枠ということもありスタート前から注目されていたが、初回は13.0%と無難なものだった。その後、第4話で10.0%と一桁台目前まで下落したが、それ以降は右肩上がりとなり第7話では同ドラマ最高の13.4%まで浮上してきた。

ちなみに2015年の春ドラマは前評判の高かった“4強”が現時点(2015年5月25日現在)で数字上は一応上位を占めているが、木村拓哉(42)主演の「アイムホーム」(テレビ朝日系)をはじめ、佐藤健(26)主演の「天皇の料理番」(TBS系)、堺雅人(41)主演の「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)のいずれも全話(現時点)での平均視聴率は15%に届いていない。そうした中でその一角であった「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)が数字の面ではまだ及ばないもののここに来て、上昇カーブを描いている。

同作で相葉雅紀(32)が演じる倉田健太は誠実で正義感が強くちょっぴり気弱な性格だが、それが等身大の相葉にも良い意味で重なっており、無理していない感じが心地よい。一方で有村架純(22)演じる妹・倉田七菜は逆に素直でしっかり者、寺尾聰(68)演じる父・倉田太一はやはり気弱な性格だが誠実な人柄は主人公・健太と似ており、南果歩(51)演じる母・倉田珪子は天真爛漫で幸せな家庭の象徴的な役割を担っているようにみえるなど、それぞれにメリハリがあり丁寧に描かれたキャラクターを各々の俳優陣が好演している印象を受ける。

脚本との相性もいいのかもしれないが、脇を固める円タウン出版社・神取明日香役の沢尻エリカ(29)、同社編集長・蟹江秀太朗役の佐藤二朗(46)、ナカノ電子部品の総務部契約社員・西沢摂子役の山口紗弥加(35)、同社営業部長・真瀬博樹役の竹中直人(59)も個性引き立つ好演ぶりが目を引く。「半沢直樹」や「ルーズヴェルト・ゲーム」同様に中小企業や銀行も舞台設定に絡むものの、ストーリーは企業ものではなく、倉田一家と彼らに何らかの恨みを持っていると思われる“名無しさん”(と倉田家では呼んでいる)との攻防を描いたサスペンスになっており、先述の作品に比べれば何ら難しい要素はない。

終盤に向け、いよいよ“名無しさん”の正体が明らかとなり、どのような理由で倉田家との間にトラブルが生じたのかが明らかになるはずだが、その撮影現場には意外な裏話があるようだ。まず主な舞台となる倉田邸だが、同家は実在しているのだろうか、それともセットなのだろうか・・・?

(以下引用)

外観については、実際に家を建てて撮影しているんです。それも主人公の家だけではなく、一帯10軒ほどのご近所もセットとして再現。

広い空き地を利用し、1月から工事を始めて、撮影に間に合わせました。外組みだけとはいえ、それだけで数千万円かかったとも」(制作関係者)

(引用元:週刊女性PRIME)

倉田邸は一軒家だが、玄関先や周囲の家が映り込むシーンがあったり、相葉演じる健太が家を走り出ていったり、自転車で出ていくシーンなどもあり、あたかも実在する家のようにもみえるが、どうやらセットだったようだ。それも倉田家だけでなく、周囲の家や公園なども全て作ってあるようでかなり大がかりなセットだとか。

確かに実在する家でロケをすれば野次馬やファンで溢れかえりそうですし、セットであればその周辺をまとめて囲い込んで立ち入り禁止にしておけば混乱は生じにくいのかも。それにしてもリアリティを出すためとはいえ、ドラマを一本作るのには大変な労力とお金が必要なことがうかがえるエピソードといえるのかも。

【画像】 倉田家周辺マップ(「ようこそ、わが家へ」オフィシャルサイト)
(※こんなに大がかりだったとは。カメラボタンを押すとその位置からの景色が見られます)

また寺尾と相葉は、撮影現場でも親子のように交流を深めているようで・・・?

(以下引用)

父親役の寺尾聰さんが撮影のある日はほぼ毎回、お菓子やフルーツなどを差し入れしています。相葉クンはバナナが好きなようで、そればかり食べていますね。

また、ギターを譲られ、大ヒット曲『ルビーの指環』のコードを直接教えてもらっているそうですよ」(芸能プロ関係者)

(引用元:週刊女性PRIME)

寺尾は毎度、律儀に差し入れを用意してくるようで、役柄同様に優しい人柄が伝わってくる。ちなみに2015年4月7日に行われた同ドラマの記者会見では(相葉、沢尻、有村、南、寺尾が出席)、南が家族のために“たけのこの煮物”を持ってきたエピソードも披露されており(情報元:cinemacafe.net)、こちらも微笑ましい差し入れといえるのかも。

また同会見では、寺尾が倉田家の相葉、有村、南にそれぞれギターをプレゼントしたことを明かしていたほか、相葉もそのギターで寺尾の大ヒット曲「ルビーの指環」(1981年2月5日発売)を練習していることを報告していた。倉田家の団結ぶりは、こうした撮影外の時間も有効活用して上手に築かれているもののようだ。

さらに現場には、同ドラマには出演しないある方たちからの“豪華な差し入れ”も届いていたようで・・・?

(以下引用)

《嵐様より》と、高級ハンバーグ弁当が約100人分差し入れされたんです。

『VS嵐』(フジ系)の罰ゲームだったようですが一同、大喜びでした」(前出・制作関係者)

(引用元:週刊女性PRIME

同ドラマの撮影現場には、相葉が所属する嵐からも高級弁当が差し入れられていたようだ。これには伏線があり、2015年4月9日放送のバラエティ番組「VS嵐」に同ドラマのPRも兼ねて、ドラマ出演者の寺尾、南、有村、足立梨花(22)、ジャニーズWEST・藤井流星(21)が出演しており、「ようこそ、わが家へ」チーム(相葉も同チームに参加)が「嵐」チームに勝てば、嵐メンバーがドラマの撮影現場に差し入れをするという条件付きでゲームが行われたが、最終的に「ようこそ、わが家へ」チームが勝利したようだ。

この結果を受け、嵐メンバーが同ドラマの撮影現場に高級弁当を差し入れたようで、南は2015年4月10日付のツイッターで「VS嵐での公約通り、嵐さんから差し入れのお弁当を頂きました!お肉を食べてパワーアップ 美味しかったですう!」のコメントとともに、高級弁当の画像をアップしていた。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 南果歩・ツイッター(2015/4/10)
(※「ミート矢澤」の「矢澤ステーキコンボ弁当」ではないかとの噂)

美味しそうなステーキ弁当に出演陣を始め、スタッフらも舌鼓を打ったのでは。倉田一家の現場での地道な団結ぶりに、嵐の嬉しい後押しもあり、徐々に巻き返しの体制を築きつつあるドラマ「ようこそ、わが家へ」の今後の展開に注目したいと思う。

【管理人からのお知らせ】2017/5/29
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★ワンクリック・アンケート

★関連記事 相葉雅紀のニュースを探すなら
タグキーワード
2015-05-27 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.