生田斗真、ジャニーズ事務所から夏フェス禁止令!夏から秋に仕事をビッシリ入れられたワケ - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

生田斗真、ジャニーズ事務所から夏フェス禁止令!夏から秋に仕事をビッシリ入れられたワケ

ジャニーズ俳優の生田斗真(30)が現在、主演映画「秘密 THE TOP SECRET」(2016年公開予定)の撮影中であるほか、今後も6月に主演映画「予告犯」、11月に主演映画「グラスホッパー」の公開を控えるなど、多忙を極めているという。

順調な活躍を続ける生田だが、昨年も今年同様に夏から秋に仕事が集中したという。その背景には生田の趣味をめぐる裏事情があるようで・・・?→ uwasa

※“夏フェス”が大好きすぎるため?
ウロボロス〜この愛こそ、正義。 DVD-BOX

にほんブログ村 芸能ブログ

生田斗真が、2015年の年明けから快進撃を続けている。まずドラマ「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」(TBS系、2015年1月期)で主演を務めた後、2015年4月27日には主演映画「秘密 THE TOP SECRET」(2016年公開予定)の撮影がスタートしているほか、2015年6月6日には主演映画「予告犯」が、2015年11月7日には主演映画「グラスホッパー」の公開がそれぞれ控えている。

こうしてみてみると切れ目のない活躍が目立ち、今年は春から夏にかけて来年の映画の撮影、さらに今年公開の映画(6月、11月)の前後にはプロモーション活動などが活発化しそうで、さすがの人気っぷりといえる。だが生田がこのように夏から秋にかけて多忙になるスケジュールは昨年も同様だったという。いったいなぜなのだろうか・・・?

(以下引用)

「昨年夏から秋にかけて、映画『グラスホッパー』『予告犯』と立て続けに撮影したのですが、それは事務所からの“夏フェス禁止令”が関係しています。

生田は音楽好きで知られるだけに、一時は『フェスに行けば生田斗真に会える』と言われるほど、全国各地で開催されるフェスに参加していました。(後略)」(週刊誌記者)

(引用元:サイゾーウーマン)

生田は2014年も夏から秋にかけて映画の撮影をしていたようだが、これはむしろジャニーズ事務所が無理やりこの時期に仕事を入れたことが原因らしい。というのも生田はロックバンド「マキシマムザホルモン」の大ファンであることで知られており、彼らが参加する“夏フェス”にも足を運ぶこともあるようで、2013年夏に開催された都市型ロック・フェスティバル「SUMMER SONIC 2013(サマーソニック2013)」(千葉・QVCマリンフィールド&幕張メッセ)ではマキシマムザホルモンが出演した2013年8月10日付のツイッター上で生田の目撃情報が相次いだほど。

ひらめきあれ?もしかして…サマソニでみかけた芸能人まとめ(生田斗真・ローラ・平岡祐太・中川翔子・栗原類)
(※生田に話しかけられた人までいたみたいです)

さらに生田の“マキシマムザホルモン愛”は、2014年5月にも意外なスキャンダルという形で取り沙汰されていたようで・・・?

(以下引用)

「(前略)昨年5月に大好きだと公言している『マキシマムザホルモン』のナヲとの手つなぎデートをフライデーされてしまった。

ナヲは人妻ということもあり、生田は事務所から厳しく注意を受けたそうです」(週刊誌記者)

(引用元:サイゾーウーマン)

生田は2014年5月16日発売の「フライデー」にマキシマムザホルモンのドラム兼ボーカル・ナヲ(39)との“食事&手つなぎデート”を報じられた。ナヲは同誌の取材に動揺することもなく一笑に付したようだが、彼女が既婚者で子供もいることもあり、生田の“不倫疑惑”が取り沙汰される始末だった。

ひらめき生田斗真が人妻と不倫!フライデーにマキシマムザホルモンのナヲとの腕組み手つなぎ公園デート現場を激写された!!
(※マキシマムな関係?)

生田にこうしたプライベートでの騒動が続いたこともあり、ジャニーズ事務所もペナルティとまではいかないまでにしても、夏フェスのある夏場に生田への仕事を詰め込み、猛省を促しているといったところかも。そんなわけで今年も現在、撮影中の映画「秘密 THE TOP SECRET」のロケは夏までビッシリ続きそうで・・・?

(以下引用)

「今月から映画『秘密 THE TOP SECRET』の撮影が始まったため、『今年の夏も撮影をビッシリ詰め込まれそう』と斗真本人は嘆いているようです。(後略)」(前出の週刊誌記者)

(引用元:サイゾーウーマン

生田にとって“夏フェス”は趣味であり息抜きでもあるでしょうし、異なる分野とはいえ芸能仲間との交流はむしろ彼自身に良い意味での刺激を与えてくれそうなものだが、さすがにナヲとの“手つなぎデート”は余計だったのかも。それでも仕事を詰め込まれるほど需要があるのだとすればむしろ幸せな話ですし、生田が過去の“しくじり”を謙虚に受け止めつつ仕事に打ち込むことで、役者としてますます成長されることに期待したいと思う。

★関連記事 ★今日の注目ニュース 生田斗真のニュースを探すなら
タグキーワード
2015-05-26 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.