瀬戸康史、貫地谷しほりとの“ロイド眼鏡ツーショット”を公開!「似合い過ぎ」【画像】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

瀬戸康史、貫地谷しほりとの“ロイド眼鏡ツーショット”を公開!「似合い過ぎ」【画像】

2015-05-05 | 男性芸能人>全般

俳優・瀬戸康史(26)が5月3日付のブログで、女優・貫地谷しほり(29)との“ロイド眼鏡ツーショット写真”を披露している。「普段僕はロイド眼鏡をかけている」という瀬戸。

ネット上では「なにもうかっこいい!!!」、「2人とも似合い過ぎ」、「お揃いな感じが可愛い」などと、絶賛の声が挙がっている。→ geinougazou ranking

※2人はドラマ「マザー・ゲーム」(TBS系)で共演中。
MEN’S PHOTORE VOL.1 瀬戸康史 in Hawaii! ([バラエティ])

にほんブログ村 芸能ブログ

瀬戸康史が、2015年5月3日付のブログで「普段僕はロイド眼鏡をかけている。街でも見かけることが多い、レトロなデザインの丸い眼鏡だ」、「ちなみにこの日は貫地谷さんもロイド眼鏡でした」のコメントともに、貫地谷しほりとの“ロイド眼鏡ツーショット写真”を披露した。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 瀬戸康史&貫地谷しほり・ツーショット

瀬戸はシルバー系のフレーム、貫地谷はダークブラウン系のフレームの“ロイド眼鏡ツーショット”。ちなみに“ロイド眼鏡”といえばメガネのデザインの一つで、セルロイドでできていることや、アメリカの喜劇役者である故ハロルド・ロイドさん(享年77歳)が劇中でかけていたことから名付けられたとされている(情報元:ウィキペディア)。

“ロイド眼鏡”は丸眼鏡の一種なのでスクエア型のように角がなく、柔らかみのある優しい印象を与えるデザインで、瀬戸いわく「調べたら、おおらかな印象を与えたい方、普段目つきがキツイと言われている方にオススメみたいです」とのこと。近年では故ジョン・レノンさん(享年40歳)や、故スティーブ・ジョブズさん(享年56歳)が“ロイド眼鏡”をかけていたことでも知られる。コメント欄では、以下のような意見が出ていた。

(以下、瀬戸康史オフィシャルブログ コメント欄より抜粋)
なにもうかっこいい!!!
「すごくお洒落で可愛い」
「めがねしてるとさらにかっこよさ増すー!」
2人とも似合い過ぎ
お揃いな感じが可愛い
「ロイド眼鏡っていうのね〜ふたりとも素敵」
「瀬戸さんがロイドメガネならわたしもそうすれば良かった!!!」
(情報元:瀬戸康史オフィシャルブログ コメント欄)

なにもうかっこいい!!!」、「2人とも似合い過ぎ」、「お揃いな感じが可愛い」などと、絶賛の声が出ていた。

ちなみに貫地谷も2015年4月28日付のスタッフブログで、瀬戸との“ロイド眼鏡ツーショット写真”を披露していた。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 貫地谷しほり&瀬戸康史・ツーショット(2015/4/28)

こちらも瀬戸がアップした写真と同じものと思われるが、貫地谷のスタッフによると「しほりさんのメガネは『女くどき飯』の時に掛けていた物だそうです」とのことで、貫地谷の眼鏡は主演ドラマ「女くどき飯」(TBS系、2015年1月期)の劇中でかけていたものだとか。この時も、ネット上では「帽子に眼鏡…ガーリーなしほりさんがなにゆえ」、「しほりさんめがねあっています」などと、絶賛の声が挙がっていた。

そんな瀬戸康史貫地谷しほりといえば現在、名門幼稚園を舞台にしたドラマ「マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜」(TBS系、2015年4月期、主演・木村文乃)で共演しており、瀬戸は母親(室井滋が演じる奈良岡フミ)が経営するしずく幼稚園の教員・奈良岡信之助役を、貫地谷は少し背伸びしたセレブママ・神谷由紀役をそれぞれ演じている。瀬戸はドラマ内ではオーバル型の眼鏡をかけ、知的なイメージを持たせているので、今回披露した普段のメガネ姿と比較して観てみるのも面白いかも。

そんなドラマ「マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜」(TBS系)は木村文乃(27)の連ドラ初主演作としても注目を集めているが、気になる平均視聴率はここまで9.8%(第1話、4月14日)→8.7%(第2話、4月21日)→7.3%(第3話、4月28日)と伸び悩んでいる(情報元:Audience Rating TV)。初回の引きが思ったほどよくなかった原因は不明だが、タイトルに“ゲーム”や“階級”などやや現実離れした言葉が並び、ママ同士のドロドロとしたストーリー展開を連想させることが抵抗感を招いたか、あるいは過去に放送された、やはり5人のママの人間関係を描いたドラマ「名前をなくした女神」(フジテレビ系、2011年4月期)に重ねた人もいたかも。

もともと子育てママをターゲットにしたドラマと思われるだけにニッチなラインなのかもしれないが、ドロドロ要素もありつつ、本質的にはスカッとした心温まる内容になっている印象も受けるので、今後はいかにメリハリの利いた展開で視聴者を飽きさせないか、あるいは子育てママが抱える人間関係の在り方をどのように提示してくれるのかが、浮上の鍵を握りそう。現場の仲は良さそうなので、中盤辺りで何かきっかけをつかめるといいのですが。

【管理人からのお知らせ】2017/5/6
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★関連記事 瀬戸康史のブログを探すなら 瀬戸康史のニュースを探すなら
2015-05-05 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.