松田龍平、人生初のモヒカン姿を披露!「これはびつくり」「おもしろそーすぎ」【画像】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

松田龍平、人生初のモヒカン姿を披露!「これはびつくり」「おもしろそーすぎ」【画像】

俳優・松田龍平(31)が主演映画「モヒカン故郷に帰る」(2016年春公開予定)で売れないデスメタルバンドのボーカル役を演じるため、人生初の“モヒカンヘア”に挑戦した。

ネット上では、「これはびつくり」、「なかなか似合っとるではないか」、「おもしろそーすぎでしよ!!!」などと、絶賛や驚きの声が挙がっている。

※龍平さんのモヒカン姿とは?

松田龍平が主演映画「モヒカン故郷に帰る」(2016年春公開予定)で売れないバンドマンのボーカル役を演じるため、人生初の“モヒカンヘア”に挑戦したという。

同作は2015年4月にクランクインする予定だが、松田は撮影に向けて髪を数か月伸ばし、頭頂部だけ残して散髪したほか、金色や緑色を混ぜた色に染め、強力なハードスプレーを使用してモヒカンを完成させたようだ(情報元:スポーツニッポン)。

その松田のモヒカン写真がコチラでみられる(↓)。

【画像】 松田龍平・モヒカン
(※情報元:スポーツニッポン)

頭頂部だけ長めにガッツリとがらせた“モヒカンショット”。

もともとクールなイメージもある松田だけにそのギャップも新鮮ですし、あえて“売れてない”感じに寄せているようにもみえる振り切った一枚かも。ツイッターでは、以下のような意見が出ていた(↓)。

(以下、Twitterより抜粋)
これはびつくり
「超かっこいい!!!」
なかなか似合っとるではないか
「この麗しい龍平さんが、今はモヒカンなのか」
「超可愛いんですけど…」
「ハンパない高揚感!」
おもしろそーすぎでしよ!!!
(情報元:Twitter)

ちなみに松田龍平といえば、これまでの作品でも役柄に応じた様々な髪型に挑戦してきた。

連続ドラマ小説「あまちゃん」(NHK、2013年上半期)で演じた“ミズタク”こと水口琢磨役(主人公・天野アキのマネージャー役)ではダメージ感のあるヘアスタイルがやつれた表情にマッチしていましたし、「まほろ駅前シリーズ」(2011年および2014年に映画、2013年にドラマ)では肩に掛かるほどのワイルドなロン毛、映画「NANA」(2005年9月3日公開)では髪を逆立てたパンクスタイルに挑戦するなど、役柄の個性を引き出すためにはヘアチェンジも厭わないようだ。

そんな松田が“モヒカンヘア”でヘッドバンギング(頭を激しく上下に振る動作)を披露するという「モヒカン故郷に帰る」は、映画「南極料理人」(2009年8月8日公開)や映画「横道世之介」(2013年2月23日、第56回ブルーリボン賞作品賞)の代表作で知られる沖田修一監督(1977年生まれ)の完全オリジナル脚本で、注目の若手監督(沖田)と「第37回日本アカデミー賞」(2013年度)で最優秀主演男優賞(舟を編む)を受賞した実力派若手俳優(松田)の初タッグとしても注目を集めそう。

松田は、金アレルギーの銀行員を演じる主演映画「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」(松尾スズキ監督。共演者は阿部サダヲ、松たか子、二階堂ふみら)の公開も2015年4月4日に控えており、今年も順調なスタートを切りそう。

いつか父で俳優の故・松田優作さん(享年40)を彷彿とさせるアフロヘアも見てみたいものです。

★松田龍平のプロフィール&ニュースはこちらからどうぞ

★関連記事

人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2019/8/2
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

タグキーワード
2015-03-31 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.