熱愛発覚の北川景子に“あげまん説”が急浮上!別れた山下智久は“踏んだり蹴ったり”の現在? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

熱愛発覚の北川景子に“あげまん説”が急浮上!別れた山下智久は“踏んだり蹴ったり”の現在?

歌手でタレントのDAIGO(36)との熱愛を報じられている女優・北川景子(28)に、“あげまん説”が持ち上がっているという。DAIGOは現在、イベントや番組に引っ張りだことか。

一方で過去に北川との交際が報じられた山下智久(29)は彼女との破局以降、歌手活動も思ったほど奮わず、主演ドラマの視聴率も伸びていないようで・・・?→ starblog

※逃がした魚は大きかった?
ジャニーズ公式生写真 NEWS【山下智久】ニュース

にほんブログ村 芸能ブログ

北川景子DAIGOといえば、2014年11月27日付の「サンケイスポーツ」などに熱愛を報じられた。「サンスポ」によると、2人は北川の主演ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」(TBS系、2011年1月期、第1話)にDAIGOがゲスト出演した時に出会い、2014年1月放送のバラエティ番組「火曜サプライズ」(日本テレビ系)で再共演した際には、DAIGOが「新鮮」を「SNSN」と略す独特の略語を披露し、北川が爆笑するなど意気投合したようで、そのロケ現場で連絡先を交換し、交流を深めていったようだ。

2人は2014年12月25日発売の「フライデー」にも“しゃぶしゃぶデート”と、北川がDAIGOの豪邸(実家)にお泊まりする様子をキャッチされたほか、2015年2月12日発売の「週刊文春」にも北川がプライベートFacebookでDAIGOとやり取りをしていたと報じられるなど、交際は確定的な状況だ。

ひらめき北川景子、DAIGOとFacebookでマル秘トーク!「ありがとうぃっしゅ!」の夜
(※ネット上でもアツアツの二人)

芸能人同士の熱愛報道においては多かれ少なかれ批判的な意見が出るものだが、北川とDAIGOの場合はむしろかなり好意的に受け止められているようで、ネット上では「お似合い!」、「好感持てる」、「ウィッシュ!!」などと祝福ムードが広がっている。2人の人柄の良さもうかがえる話だが、熱愛報道以降、芸能関係者の間でも北川への評価が変わってきているようで・・・?

(以下引用)

ある芸能プロ関係者は「DAIGOは、北川との交際が明らかになって以降、イベントやテレビ番組にも恋愛の話で呼ばれるようになった。

北川ってなんだかんだいって“あげまん”なんじゃないのかって業界内でいわれてますよ」と語る。

(引用元:東スポ)

北川といえば過去に、ドラマ「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」(フジテレビ系)で恋人役を演じた山下智久(29)や、映画「花のあと」で共演したダンサー・宮尾俊太郎(31)、映画「パラダイス・キス」で共演した向井理(33)、ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」(TBS系)で共演した細田よしひこ(26)らと噂になるなど“共演者キラー”と呼ばれてきた。つまり、これまでの彼女には“魔性の女”、“恋多き女”といったイメージが強く、ドラマに出演する度に共演者との熱愛説が流れていたようにも思う。

ところが今回、久々に熱愛が発覚したDAIGOは番組共演が出会いのきっかけだったとはいえ、どちらかといえば3枚目キャラで、これまで熱愛が報じられてきた2枚目タイプとは異なるように思われる。またDAIGOは愛嬌があるだけでなく、周囲にも気を遣える紳士的な一面もありそうなだけに、北川が恋愛経験を重ねる中で理想の男性像が変わってきたのかもしれないですし、彼女自身も人間的に大きく成長したのかも。

そんな意表を突く組み合わせでありながら、不思議と地に足がついた大人のカップルにもみえてしまう2人だけに、いろいろと相乗効果があるようで、上記によるとDAIGOは北川との熱愛報道以降、テレビやイベントでの露出が増えているという。もともとバラエティ番組でレギュラーを持つなどテレビに引っ張りだこのDAIGOだっただけに、それほど目立って出演が増えたようには感じないが、サービス精神も旺盛な彼のことなので、オファーが増えている可能性はあり、これも“北川効果”なのだとすれば彼女の人気も後押ししての特需といえるのかも。

北川にしてみればまさに“あげまん”として評価が急上昇しているといえそうだが(一時的なものにせよ)、そんな彼女との破局以降、完全に“ツキ”に見放された感があるのが、山下智久のようで・・・?

(以下引用)

「言われてみれば、山下が北川と付き合っていたときはドラマに出ても高視聴率を連発していたし、NEWSにいながらのソロ活動も当然のようにオリコン1位を取っていた。山下がNEWSを脱退してソロになったころには破局していたといわれている。

ソロになってからはシングル、アルバムともに1位が当然というわけではなくなった。ドラマの視聴率も陰りを見せ始めた。やっぱり“あげまん”と別れるとそうなるのかって思っちゃうよね」と同関係者。

(引用元:東スポ

山Pと北川といえば先述の通り、ドラマ「ブザー・ビート」(フジテレビ系、2009年7月期)での共演をきっかけに交際に発展したものとみられており、2009年11月19日発売の「女性セブン」に報じられた“手つなぎデート”で熱愛が発覚した。だが2010年頃には破局説が浮上し、2011年2月1日発売の「週刊女性」には山Pが白人女性と密会している様子をキャッチされ、この頃には北川と破局したものとみられている。

山Pはその後、2011年10月7日にNEWSを脱退してソロ活動に専念するなど仕事の面でも新しいステージを選び、レコードレーベルを「ワーナーミュージック・ジャパン」に移籍するなど海外も視野に入れていることをうかがわせたが、シングルやアルバムがオリコン週間ランキングで1位を取れないなど国内でも苦戦を強いられた。

また近年は主演ドラマの平均視聴率も「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」(TBS系、2012年1月期)が11.1%、「MONSTERS」(TBS系、2012年10月期、香取慎吾とのW主演)が11.9%、「SUMMER NUDE」(フジテレビ系、2013年7月期)が12.7%と、俳優業でもヒット作に恵まれていない印象を受ける。

そんな山Pは2014年6月に東京・六本木の路上で口論となった女性の携帯電話を持ち去ったとして、2014年10月21日に器物損壊の疑いで書類送検されるなど荒れた生活ぶりをうかがわせる一方で、2014年10月23日発売の「週刊文春」にハーフモデル・大森美知(29)を高級ホテルに“お持ち帰り”したと報じられたほか、2015年1月下旬にはプライベートでインスタグラムのアカウントを開設していた疑惑も浮上するなど、良からぬ噂が後を絶たない。

ひらめき山下智久、ジャニーズご法度の副業疑惑が浮上!赤西仁のグッズ販売に協力?
(※さらには、こんな噂まで浮上)

北川との破局後は精彩を欠いている印象の山Pだが、今年は久々となる主演ドラマ「アルジャーノンに花束を」(TBS系、2015年4月スタート)が控えている。公私ともに順調をアピールしている北川とは対照的な山Pの現在だが、ドラマで成長した姿をみせられるのか、気になるところ。

★関連記事 ★今日の注目ニュース 山下智久のニュースを探すなら
タグキーワード
2015-03-02 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.