染谷将太、菊地凛子と「富士そば」券売機の前で熱烈キス!食後も“ラブラブモード”止まらず - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

染谷将太、菊地凛子と「富士そば」券売機の前で熱烈キス!食後も“ラブラブモード”止まらず

俳優・染谷将太(22)が女優・菊地凛子(33)と現在交際中で、そば屋チェーン「名代 富士そば」の前で熱烈キスをしていたと、11月6日発売の「女性セブン」が報じている。

2人は「富士そば」の券売機前で何度もキスをし、同店で食事を終えた後も、キスをしながら同棲中のマンションへと帰っていったようで…?

※年の差はほぼ一回り。

意外な演技派俳優同士の熱愛が明らかになったという。

まず染谷将太といえば、2011年の「第68回ヴェネツィア国際映画祭」に出品された映画「ヒミズ」で、共演した女優・二階堂ふみ(20)とともにマルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)を受賞したことが大きな話題となった。

染谷はこの快挙をきっかけに映画を中心に引っ張りだことなり、2013年には11本、2014年も「WOOD JOB! 〜神去なあなあ 日常〜」(2014年5月10日公開、主演)、「ぶどうのなみだ」(2014年10月11日公開)、「寄生獣」(2014年11月29日公開予定、主演)など9本の出演作を抱えている。まさに今ブレイク中の若手実力派俳優の一人といえそう。

寄生獣が実写映画化!キャストは泉新一を染谷将太、田宮良子は深津絵里、村野里美を橋本愛、監督は山崎貴!
(※超人気コミックの実写版にも抜擢。情報元:げいのーの壺)

一方の菊地凛子も、2006年のアメリカ映画「バベル」(日本公開は2007年4月28日)で米アカデミー助演女優賞にノミネートされたことなどをきっかけに一躍脚光を浴びたという面で、染谷と似た経歴の持ち主といえるのかも。

菊地はその後も「ノルウェイの森」(2010年12月11日公開、直子役)や「47RONIN」(2013年12月6日公開)などの注目作に出演している。

そんな染谷と菊地が、仙台から東京へ向かう新幹線の中で仲よく牛タン弁当を食べていたという。2人の共演作はないようだが、どんなきっかけで知り合い、またどんな目的で仙台まで足を伸ばしていたのだろうか…?

(以下引用)

菊地さんと染谷さんは今年に入って共通の友人の紹介で知り合って、すぐにつきあい始めたと聞いています。

染谷さんは今映画監督としても評価されているんですが、その日は、仙台短篇映画祭へ出品した作品のイベントがあったんです。それで菊地さんは彼の活躍を見ようと、現地まで付き添ったそうですよ」(映画関係者)

(引用元:NEWSポストセブン)

2人は共通の知人を介して知り合い、すぐ交際に発展したというからよほど馬があったのかも。

なお染谷は映画監督としても活動しており、自身が出演した映画「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」(2011年1月22日公開、主演は大政絢)のスピンオフDVD(episode.0 回遊と誘拐、2011年1月28日発売)に収録されているショートムービーでは監督・脚本も務めている。

また染谷は11月1日〜3日に開催された「仙台短篇映画祭2014」(宮城・せんだいメディアテーク)にも自身の監督作品「シミラー バット ディファレント」(11月2日上映)を出品しており、同映画祭で開かれたイベントに出席した染谷の活躍を見るため菊地も同行していたようだ。

仙台短篇映画祭「シミラー バット ディファレント」(染谷将太監督)紹介ページ
(※予告編動画もあり。情報元:仙台短篇映画祭公式サイト)

ちなみに菊地といえば、2007年3月16日発売の「フライデー」にアルゼンチン出身俳優アレッタ・フェデリーコとの“半同棲”をキャッチされたほか、2010年9月4日配信の「シネマトゥデイ」には映画監督スパイク・ジョーンズ(45)との熱愛を報じられたが、いずれもすでに破局しているようだ。

菊地凛子、熱愛発覚!お相手はハリウッドの奇才スパイク・ジョーンズ監督!【第67回ヴェネチア国際映画祭】
(※堂々の発覚でしたが。情報元:シネマトゥデイ)

そんな菊地が次に選んだのは年齢が一回りも年下の染谷。2人は仲良く仙台から帰京し、夜10時過ぎに東京駅に到着するとタクシーに乗り込んだようで…?

(以下引用)

15分ほどして下車し、再び通りを歩き始めると、菊地はたまりかねたように染谷に抱きつきキス、キス、キス。

そしてしばらく歩いたところにあるチェーン店の『名代富士そば』の前で立ち止まった。券売機を見ながら相談しているふたり。すると、再びキスを始めた。

染谷の首に抱きつくように菊地が手を回すと、染谷が彼女を抱き寄せ、とうとうベロチュー。

(引用元:NEWSポストセブン)

名代 富士そば」といえば関東圏を中心に約100店舗を展開するそば屋チェーンで、24時間営業や酒類も扱っていることなどを持ち味にサラリーマンらを中心に人気を集めていることで知られる。

2人はそんな気軽さをウリにした店の前で、完全に二人だけの世界に入ってしまったようで、通行人もそれはビックリしたことだろう。

それも券売機を前にメニューを相談している最中だったというから、「どっちかにしなさい」とツッコミたくもなるワンシーンだ。

だがその後は店内でさっとそばを食べ(そこは早かったようです)、体を寄せ合って店を出てきたという。それでも、2人のラブラブモードは収まらなかったようで…?

(以下引用)

菊地は染谷の顔を自分の顔に寄せてキス。5歩も歩けば、今度は染谷のほうから菊地にブチュー。

最後は菊地が染谷の肩に腕を回し、染谷は彼女の腰を自分のほうに寄せるようにしながら、同棲中のマンションへと帰っていったのだった。

(引用元:NEWSポストセブン

2人が片時も離れたくないほど夢中になっていることがうかがえる光景。

人目を気にせず堂々としたところが絵になるお二人ですが、それが「富士そば」の前だったというのが、なかなか庶民派っぽくて微笑ましい話。意外とお似合いかも。

★とっておきの芸能裏ネタはこちらでどうぞ 人気ブログランキング

人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2019/7/19
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

タグキーワード
2014-11-06 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.