松村沙友理、妻子持ち集英社編集者と“熱烈キス”!ラジオで釈明も、拭いきれない大問題に? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

松村沙友理、妻子持ち集英社編集者と“熱烈キス”!ラジオで釈明も、拭いきれない大問題に?

乃木坂46・松村沙友理(22)が集英社の編集者である30代の男性・S氏と“週一密会&熱烈キス”していたと、10月8日発売の「週刊文春」が報じた。

今回の一件は“清純派”を売りにする乃木坂46の人気メンバーの初スキャンダルであるだけでなく、S氏が既婚者であることから不倫であること、さらにこれまで多くのAKB48グループのメンバーがS氏の所属する集英社の発行する「週刊プレイボーイ」や「週刊ヤングジャンプ」などでグラビアを飾ってきた背景を考慮すると、AKBサイドと集英社との蜜月関係に亀裂を生じさせかねない大問題に発展する可能性まで秘めているようで・・・?→ uwasa

※かえってややこしいところにいっちゃったかも。

にほんブログ村 芸能ブログ

乃木坂46松村沙友理といえば大阪府出身で、乃木坂46の1枚目のシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューし、同グループの白石麻衣(22)、橋本奈々未(21)とともにファンの間では「御三家」と呼ばれる人気メンバーとして知られる。

ひらめき乃木坂46の成人メンバー4人(橋本奈々未、衛藤美彩、松村沙友理、白石麻衣)がやっぱり美人な件
(※“さゆりんご”の愛称で人気!)

そんな松村が、乃木坂46初となるスキャンダルを報じられた。お相手は集英社に勤める30代の編集者・S氏で、最近までは同社の青年漫画誌「週刊ヤングジャンプ」の編集部に所属していたが、現在はコンテンツ配信を専門とした部署にいるという。

今回の「週刊文春」によると、松村とS氏は9月16日夜、オシャレな焼き鳥屋で食事をし、バーでお酒を楽しんだ後、公園へ移動し、30分以上の抱擁やキスをしていたという。さらにこれだけで終わらず、松村の自宅マンション前では名残惜しいのか、再び10秒以上の熱いキスを交わしたとか(詳しくは「週刊文春」をご覧下さい)。

ひらめき乃木坂46の松村沙友理に初スキャンダル(画像あり)週刊文春に路チュースクープ写真を撮られるwwww
(※止められない、止まらない)

2人はこの日以外にも“週1ペース”で会っていたらしく、誰にも止められないラブラブっぷりのようだが、焼鳥屋ではS氏が繰り出す知的なトークに松村が何度も頷くなど、彼女がS氏に惚れ込んでいるフシも見受けられた(このトーク内で、S氏が松村の自宅を訪れたことがあることも判明)。

だがそんな2人の親密関係は、後に大問題へと発展する可能性を秘めているようだ。まず松村は乃木坂46初のスキャンダルでファンを裏切ってしまったのだから、今後ファン離れを招く可能性は当然あるだろう。

そしてさらにやっかいなのが、S氏が妻子持ちだったという点だ。つまり、今回のスキャンダルは不倫だったことになる。松村は報道当日となる10月8日22時放送のラジオ番組「レコメン!」(文化放送)に生出演し、同報道についてS氏に妻子があることは知らなかったと釈明したが、イメージダウンは避けられないかも。

さらにS氏の所属する集英社といえば、AKB48グループのメンバーがこれまで多数のグラビアを飾ってきた「週刊プレイボーイ」や「週刊ヤングジャンプ」を発行している。いわばAKB48グループと集英社は“持ちつ持たれつ”の蜜月関係だったわけだが、S氏が生きた商品であるタレント(松村)に手をつけてしまった形だけに、双方の信頼関係が崩れる危険性もはらんでいる。ある週刊誌記者も、厳しい見方をしているようで・・・?

(以下引用)

「漫画雑誌のグラビアは、登場するタレントで発行部数が左右されることもあるほど重要な要素であり、人選やタレントたちの扱いにおいては公平性に十分配慮する必要があります。そのため、担当編集者が起用する特定のタレントと交際するなど“御法度中の御法度”であり、もしバレれば会社にいられなくなってもおかしくありません。

集英社としては、自社を代表する雑誌の表紙を飾った人気アイドルに担当社員が“手を出した”ことになり、“清純派”を売りにする松村のイメージにダメージを与えてしまった。これだけでも大問題ですが、今後自社の媒体で乃木坂46のみならずAKB48グループという強力コンテンツを起用できない事態にもなりかねず、会社にとっては大損害を被る可能性もあります

(引用元:ビジネスジャーナル

今回の松村とS氏の“週1デート&熱烈キス”報道は、AKBサイドと集英社との間に亀裂を生じさせないかねない危険性を秘めた、意外と大きな爆弾スクープだった可能性もある。

松村は上記のラジオ番組「レコメン!」で、S氏との出会いについて「街中で声を掛けられて食事に行きました」とナンパだったと報告したほか、自身は偽名を使い身分を隠していたとし、両者ともに面識がなかったことを強調したが、さすがに苦しい言い訳にも聞こえる。

百歩譲って、仮に両者ともに面識がない上での偶然の出会いだったとしても、松村がナンパされた男性にホイホイとついていき、偽名を使って仲良くなって野外で熱烈なキスをしていたことにはなるのだから、応援してくれるファンを裏切ったことに変わりはないように思う。

ひらめき乃木坂46 松村沙友理の号泣謝罪会見が酷いと話題に 「ナンパされて路上キスした」
(※さすがに苦しいか)

誰にでも過ちはあると思いますし、もし自身のやったことを顧みて否があったのだと認めるのならば、真実を話し、心の底から謝るのがファンに対して最も誠実な対応だと思う。運営側もそうした真摯な姿勢があるタレントを残すべきだと思いますし、ファンも今回「週刊文春」に報道された内容以上に、その後の松村の釈明に誠意を感じたかどうかに目を向けてほしいものです。

今回のスキャンダルで松村に処分が科されるかはわからないが、奇しくも松村のスクープが報じられた10月8日には乃木坂46の10枚目のシングル「何度目の青空か?」がリリースされた。グループ全体に暗雲が立ち込めなければいいのですが。

★今日の注目ニュース 松村沙友理のブログを探すなら 松村沙友理のニュースを探すなら
タグキーワード
2014-10-09 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.