仲間由紀恵と田中哲司の結婚、TBSが情報リーク?10月に仲間主演ドラマがスタートで - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

仲間由紀恵と田中哲司の結婚、TBSが情報リーク?10月に仲間主演ドラマがスタートで

女優・仲間由紀恵(34)が俳優・田中哲司(48)と結婚すると9月18日付の「日刊スポーツ」が報じ、同日午後には仲間が所属事務所を通じたFAXで田中と入籍したことを報告した。

この結婚に沸くのが仲間主演のドラマ「SAKURA 〜事件を聞く女〜」が10月20日にスタートするTBSだが、あまりに喜びすぎて「情報をリークした?」と疑惑の目を向けられているようで…?

※結婚発表は絶妙のタイミング。

仲間由紀恵田中哲司といえば、2009年11月18日発売の「日刊スポーツ」に熱愛を報じられた。

同紙によると、2人はドラマ「顔」(フジテレビ系、2003年4月期)で初共演し、ドラマ「ジョシデカ! -女子刑事-」(TBS系、2007年10月期)で再会したことをきっかけに交流がスタートしたという(双方の所属事務所は友人関係であることを強調)。

意外な“年の差”にも驚かされる熱愛報道だったが、そのわずか9日後となる2009年11月27日発売の「フライデー」に、田中が別の女性2人との“浮気疑惑”を報じられ、状況が一変した。

同誌によると、田中は2009年10月初旬に“ロングヘア美女”の肩を抱いて歩いていたほか、別の日には“ボブヘアの美女”を自宅に連れて帰ったという。

だが、この報道を受けた田中の所属事務所のコメントが滑稽だった。

お二人の女性はただのお友達で、女性が自宅に行ったことも仲間さんは知っています」(情報元:日刊スポーツ)というものだが、これは当初友人関係を強調していた仲間と交際していることを暗に告白しているようなもの。

まさかの3股!仲間由紀恵の彼氏・田中哲司が美女お持ち帰り!
(※モテモテの田中さん。情報元:エンタメスクープ)

結果的に田中の本命は仲間なのではないかとの疑惑も生じるなかで、それから約1年後となる2010年10月1日発売の「フライデー」に、田中が仲間のマンションへ向かう姿をキャッチされ、2人の熱愛が続いていることが濃厚となった。

仲間由紀恵、「龍馬伝」 慶喜役の田中哲司と熱愛交際。フライデーが報じる
(※田中の浮気を仲間が許した?情報元:にゅーす特報。)

だがその後は音沙汰もなく、破局説もささやかれたりしたが、交際は順調だったようで、2014年9月18日付の「日刊スポーツ」に2人の結婚が報じられ、同日午後には仲間が所属事務所を通じたFAXで田中との入籍を報告した。

結婚発表のタイミングも絶妙で、仲間は現在高視聴率を連発している連続テレビ小説「花子とアン」(NHK、9月27日に最終回)でヒロインの“腹心の友”である蓮子を演じて話題になっているほか、10月20日スタートのドラマ「SAKURA〜事件を聞く女〜」(TBS系、月曜20時〜)でも主演を務めることが決まっている。

TBSサイドとしては“新妻”となったばかりの仲間の演技を最初に届けることができそうなだけに、鼻息も荒いようで…?

(以下引用)

局内はこの新婚さんに大フィーバー中だとか。別のTBS局員は「ドラマでの仲間の役柄は桜という捜査官。決めゼリフは『この事件、桜が聞きました!』ですが、早くもドラマスタッフは『蓮子さま≠ゥら桜さま≠フ番だ!』が合い言葉です。

しかも、昼は駒込中央署生活安全課で働き、夜は祖母が営む小料理屋を手伝い、客から情報を聞く役。小料理屋シーンは人妻っぽい雰囲気なんです」と、新婚さながらの雰囲気もドラマで味わえると力説する。

(引用元:東スポ)

仲間が10月20日スタートの「SAKURA〜事件を聞く女〜」(TBS系)で演じるのは極秘潜入捜査官・水沢桜役で、朝はFM局のパーソナリティー、昼は駒込中央署・生活安全課の相談窓口係を務め、夜は祖母が営む小料理屋でなじみ客から情報を得る複数の顔を持つ主人公となるようだ(情報元:まんたんウェブ)。

奇しくも仲間が刑事ドラマの主演を務めるのは、田中と急接近した「ジョシデカ! -女子刑事-」(TBS系、2007年10月期)以来、約7年ぶりだといいますし、「小料理屋シーンは人妻っぽい」というから新婚ホヤホヤの雰囲気も味わえそうで、話題性は十分といえるのかも。

TBSは7月期のドラマ(「おやじの背中」、「同窓生」、「家族狩り」)が軒並み平気視聴率10%を割り込むなど不振にあえいだだけに現在、仲間のドラマにかかる期待感が大きく膨らんでいるところだろうか。

それにしても今回の仲間の結婚は「日刊スポーツ」のスクープだったが、この報道で一番得をしそうなのはTBSにもみえるだけに、実はTBSが“ネタ元”なのではないかとの疑惑もささやかれているようで…?

(以下引用)

「律儀で有名な仲間さんはCMスポンサーなどにもきちんと報告していましたが、『SAKURA』のスタッフにも報道前に近々の結婚を報告していたそうです。

もちろん結婚はシークレットになってましたが、今回の結婚報道で一番得するのはどう考えてもTBS。ぶっちゃけ、局内でも『最初に漏らしたのはウチじゃないか』という声が多いですね」とはある局内関係者。

(引用元:東スポ)

芸能人同士の結婚ともなれば、それぞれのタレント活動にとってベストな時期などを双方のタレントや事務所の間で話し合って決定し、それぞれの所属事務所と近しいメディアに報じてもらうのが理想だと思われる。

今回の結婚発表は9月18日だったが、実は田中もこの日に東京公演がスタートした、俳優で演出家の長塚圭史氏(39)による演劇ユニット「葛河思潮社(くずかわしちょうしゃ)」の第4弾公演舞台「背信」(2014年9月10日〜15日:神奈川公演、9月18日〜30日:東京公演、10月4日〜5日:愛知公演、10月7日〜8日:宮城公演、10月11日:新潟公演)に出演しており、格好の宣伝になったはず。

必ずしもTBSさんだけが美味しい思いをしたわけではないのでしょうし、様々な思惑が絡んだことは間違いないにしても、最終的に「日刊スポーツ」さんに報じてもらうのがベストという選択だったのかも(ちなみに「日刊スポーツ」は朝日新聞やテレビ朝日の系列なので、今回のスクープでは朝日系列も美味しい思いはしたものと考えられる)。

タレント側もメディア側も持ちつ持たれつの関係なのだと思いますが、なにはともあれ10月スタートのドラマ「SAKURA 〜事件を聞く女〜」が仲間の“結婚効果”で高視聴率を記録できるのか注目したいと思う。

★仲間由紀恵のプロフィール&ニュースはこちらからどうぞ

★関連記事

人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2019/7/11
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

タグキーワード
2014-09-24 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
何やってもヤンクミ口調から
何やっても連様口調に変わるだけの気がする
Posted by at 2014年09月24日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.