森且行、今秋開催の「SG日本選手権」制覇でSMAPと夢の共演が実現?カギは“大雨”か - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

森且行、今秋開催の「SG日本選手権」制覇でSMAPと夢の共演が実現?カギは“大雨”か

2014-07-28 | ジャニーズ>SMAP

オートレーサーの森且行選手(40)が、かつて所属していたSMAPといよいよ共演を実現させるのではないかと、テレビ局関係者の間で注目されているという。

森はSMAPと袂を分かった時に「やるからにはお互い日本一になろう」と誓い合ったとされ、過去には「40歳までには何とかしたい」と意気込みを口にしていたこともあったようだが、彼も今年40歳を迎えたようで・・・?→ uwasa

※今年、日本一になってSMAPと共演へ?

にほんブログ村 芸能ブログ

森且行といえば1996年にSMAPを脱退し、オートレーサーに転身した。その後は、SMAPのメンバーもメディアで森について触れることはタブーとされ、テレビで過去のSMAPの映像が放映される際も森が映らないよう編集されたこともあった。

だが、2009年1月31日放送の「SMAPがんばりますっ!!」」(テレビ朝日系)で、SMAP・木村拓哉(41)が森について突然言及し、大きな話題となった。またその後も、2011年10月10日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀 SMAPスペシャル」(NHK)で、メンバーが森の脱退当時を振り返るシーンが放映されるなど、徐々にタブーとしての森の存在は薄らぎつつあるようだ。

そんななか、森はレーサーとしての実績を着実に積み重ね、オートレースでのPR役を務める立場にまで成長した。2014年7月24日には都内で行われた「ラ・ピスタ新橋×JRA Presents レーサー&ジョッキー夢の共演!!」に登場したばかり。

競技実績も日本一に手が届くところまで来ていると言っても過言ではなく、2014年6月11日に行われた「GII川口記念」では見事1番人気に応えて勝利し、自身5度目となるグレードレース制覇を成し遂げた。

ひらめき元SMAP森且行、G2川口記念の優勝戦を1番人気で快勝!((動画あり)
(※素晴らしい走り)

そんな森は2014年6月26日に浜名湖ボートレース場内で開催されたトークショーで、今でもバラエティ番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)を見ているかと聞かれ、「見てますよ」、「ベストフレンドなんで」と返していたという。「BEST FRIEND」といえば、1992年にSMAPがリリースした4枚目のシングル「負けるなBaby! 〜Never give up」のカップリング曲としても知られることから、森が今でもSMAPのメンバーを大切な存在であることをアピールしたかにもみえる出来事だった。

ひらめき日本一になったらSMAPと共演する!森且行がトークショーで「SMAPはベストフレンド」と今でも大切な存在だとアピール!
(※もはやSMAPはタブーではない?)

森とSMAPはまだ強い絆でつながっているようにも感じられるが、はたして両者の今後の共演はあるのだろうか。実は森は2013年にスポーツウエアブランド「Kappa」のブランドアンバサダーに就任したのをきっかけに、同社のプロモーションムービーに出演した際、自身の夢について「目標は日本選手権で優勝すること」、「昔の仲間と別れるときに『お互い日本一になろう』って言って出てきたんで、その夢だけはあきらめたくない」と語っていた。

ひらめき【動画】 Kappa × オートレーサー森且行「ゼロからの挑戦」
(※You Tube。音が出ますのでご注意ください)

SMAPは今年、「27時間テレビ」(フジテレビ系、2014年7月27日〜28日)の総合司会を務めるなど、まさしく“国民的アイドル”に登り詰めたと言える。そうなのだとすれば、あとは森がその年のナンバーワンレーサーを決める「SG日本選手権」を制し、日本一に登り詰めることが彼らとの約束を果たす時でもある。

(以下引用)

森はかつて「40歳までには何とかしたい」と意気込みを口にしていた。今年、その「40歳」を迎えた。本人にとっても10月30日開幕のの日本選手権は重要な意味を持つ。

(引用元:東スポ)

つまり、今年節目の40歳を迎えた森が「SG日本選手権」を制覇することができれば、SMAPとの奇跡の共演も現実味を帯びてきそう。そんな森にとって重要な鍵を握るのが“大雨”のようで・・・?

(以下引用)

実は最近の森は「雨のレースが大得意」なのだ。あるベテランオートレースウオッチャーによると「晴れの日でも森は速いけど、強い選手に競られるともろい一面がある。それを解消しないとSG制覇は難しい。でも雨だと『水を得た魚』じゃないけど、走りが違う。水かきでもついてるんじゃないかって感じ」なのだという。

実際に前述した「GII川口記念」も雨で圧勝。その約1年前の「GIキューポラ杯」もレース直前に雨が降り、自身2度目のGI制覇を果たした。ある意味でオート界の「雨男」なのだ。

(引用元:東スポ)

森は雨でのレースにめっぽう強いようで、天気も味方につけることができれば「日本一」も夢ではなさそう。

ちなみに「SG日本選手権オートレース」(2014年10月31日〜11月4日、埼玉・川口オートレース場)は5日間制で3日目までに優秀な成績を挙げ、4日目の準決勝戦で2着以内に入れば、優勝戦に進出できるようだ。過去の森は準決勝4位が最高成績のようなので、少なくとも優勝戦に進出し、悲願達成をかなえることができるのか注目したいと思う。

★関連記事 ★今日の注目ニュース 森且行のニュースを探すなら
タグキーワード
2014-07-28 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.