長澤まさみ、伊勢谷友介と結婚間近の破局だった?夏ドラマの依頼を早々に辞退していた! - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

長澤まさみ、伊勢谷友介と結婚間近の破局だった?夏ドラマの依頼を早々に辞退していた!

交際が伝えられてきた女優・長澤まさみ(26)と俳優・伊勢谷友介(37)が破局したことを、2014年2月24日付の「スポーツ報知」が報じた。

伊勢谷は2013年末にテレビ番組で「結婚?そろそろじゃないかな」と発言したり、長澤も2014年7月期のドラマのオファーを断っていたことなどから、結婚間近ともみられていたのだが…?

※結婚問題は解決できなかったようです。

伊勢谷と長澤は2013年3月4日付の「スポーツ報知」に、スペシャルドラマ「女信長」(フジテレビ系、4月5〜6日放送)での共演をきっかけに急接近し、交際して約半年になると報じられた。

その後2013年3月14日発売の「女性セブン」には、同3月7日深夜に伊勢谷が長澤の自宅マンションを訪れ、“13時間お泊まり”したことをキャッチされた。

伊勢谷友介、長澤まさみの自宅マンションに“13時間”お泊まり!長期ロケ前夜「離れたくない」

この“お泊まり”報道によって交際はほぼ確実となったが、その後2013年6月20日発売の「週刊文春」に2人が同棲生活をスタートしたことが報じられ、より親密な関係に発展したことをうかがわせた。

同誌によると、2人は2013年6月上旬ごろに東京・目黒区内の高級賃貸マンションに引っ越してきたとか。

伊勢谷友介&長澤まさみ、同棲スタート!東京・目黒の高級マンションへお引っ越し

また2人は2013年9月3日発売に「週刊女性」に、オーガニック野菜(有機野菜)を使った料理が食べられるカフェでデートをしていたと報じられた。

このとき伊勢谷が愛犬のチワワを連れていたようなので、上記のマンションからほど近い“お散歩デート”だった可能性もうかがえた。

長澤まさみ&伊勢谷友介、愛犬連れて“オーガニックデート”!ご近所で旬野菜に舌鼓

2人の距離が順調に縮まっていく様子がわかるが、そんななか伊勢谷は2013年12月8日放送のトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)でいよいよ「結婚?そろそろじゃないかな」と発言し、結婚も視野に入れての真剣交際に進展していることも感じ取れた。

またこの頃、長澤にも2014年7月期の主演ドラマの打診があったらしいが、長澤はこれを断っていたようで…?

(以下引用)

「フジテレビが今年7月期の連ドラの主役として長澤に打診したところ、『夏のドラマはできない』という返事だったのです。その頃、伊勢谷がテレビ番組で『結婚?そろそろじゃないかな』と発言し、長澤も周囲に結婚願望を打ち明けていました」(芸能プロ幹部)

こうした状況から、つい最近まで複数のマスコミが長澤の結婚や妊娠をマークしていたのだ。

(引用元:週刊文春)

長澤が2013年末の時点で2014年7月期のドラマの依頼を断ったということは、少なくとも(ドラマの撮影があると思われる)2014年の前半に何か大きなイベントが入っているか、あるいはすでに妊娠している可能性までマスコミは想定していたようだ。

2人は2014年2月18日発売の「週刊女性」にも、2014年1月31日に中目黒のスーパーで“手つなぎ買い物デート”をしていたとの目撃情報を報じられており、つい最近まで良好な関係だったことがうかがえますし、長澤も実際に結婚まで考えて7月のドラマを断っていた可能性もある。

だがそんな“結婚秒読み状態”から一転、2014年2月24日付の「スポーツ報知」に2人の破局が報じられた。

あまりの急転直下に、いまだに一部メディアでは交際説も取り沙汰されているほどだが、長澤の所属事務所が暗に破局を認めていることなどから、破局の見方が強いようだ。

すでに都内のバーでは伊勢谷が別の美女とデートする姿も目撃されているといいますし(情報元:週刊文春)、どのような原因で亀裂が生じたかはわからないが、やはり2人は別々の道を歩むことになったのかも。

ちなみに長澤が断ったとされる、2014年7月期の主演ドラマとはいったいどんな内容だったのだろうか…?

(以下引用)

長澤が出演を固辞したのは、フジ木曜十時の枠で、不倫に走る主婦という設定でした。相手役には人気俳優の斎藤工(32)の名前が挙がっていた。

長澤が断った後、最終的に主演は上戸彩(28)で内定したそうです。彼女もEXILEのHIRO(44)と結婚したばかりですが、スキャンダラスな役柄もいとわずに、話題作への出演に意欲を見せているそうです」(同前)

(引用元:週刊文春)

長澤の代役は上戸彩が務めることになったようだが、まだ結婚もしていない長澤からすれば主婦役を演じることに抵抗があったのかもしれないですし、7月期は在宅率が低いとされるため視聴率が期待できないと長澤の所属事務所が考えた可能性もある(そうした意味では、2013年7月期に高視聴率をマークしたドラマ「半沢直樹」(TBS系)は革命的でしたが)。

だが先述の通り、もしそうではなく長澤が結婚準備のために辞退したにもかかわらず伊勢谷と破局してしまったのだとすれば痛い話で、結果的に主演ドラマ1本を飛ばしてしまった形だ。

傷心の今になってみれば気持ちを紛らわすためにもポッカリと空いた今後にむしろ仕事を詰め込みたいくらいかもしれないが、昨年は台湾ドラマや連ドラ、映画と突っ走ってきた長澤だけに、束の間の充電期間ととらえてリフレッシュするのもいいかも。

2014年5月10日には長澤も出演した映画「WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜」(染谷将太主演。おそらくすでに撮影は終了済み)の公開も控えていますし、この恋愛経験を今後の糧にさらなる飛躍に期待したいと思う。

★いろんなところに抜けられます 【ネタたっぷり】人気ブログランキング

★関連記事

人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2019/6/17
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

タグキーワード
2014-03-08 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.