里田まい、田中将大との新居は“家賃650万円”セレブマンション!ビル・ゲイツ氏も隣人に - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサードリンク

里田まい、田中将大との新居は“家賃650万円”セレブマンション!ビル・ゲイツ氏も隣人に

田中将大投手(25、元東北楽天ゴールデンイーグルス)が1月22日、米大リーグのニューヨーク・ヤンキースと7年総額161億円(推定)の大型契約を結んだと報じられた。

そんななか、妻でタレントの里田まい(29)は1月上旬にはすでにニューヨークで新居探しをしていたようで・・・?→ ranking

※次の夢は?

にほんブログ村 芸能ブログ

田中将大投手といえば2013年シーズンに24勝0敗1セーブという記録的な成績を残し、東北楽天ゴールデンイーグルスの球団創設以来の日本一に貢献したほか、シーズンを通して一定以上の基準を満たした最高の投手に贈られる沢村賞も獲得した(2011年シーズンに続き2度目)。

そんなマー君は2012年オフの時点で将来的なメジャー挑戦の意向を表明しており、楽天球団側も彼の意向を尊重する姿勢をみせていたことから、2013年のオフにはすんなりとメジャー移籍がまとまると思いきや、意外にも交渉は難航した。

日米球界において2年ごとに更新されてきたポスティングシステム(フリーエージェント権を持たない日本のプロ野球選手が、米メジャーリーグへ移籍を希望し、所属球団がそれを認めた場合、米球団が日本の所属球団から移籍の交渉権を入札で獲得する制度)が、2013年10月の時点で合意に達しておらず(2011年に北海道日本ハムファイターズからテキサスレンジャーズに移籍したダルビッシュ有の落札額が高騰したことなどから、米球界側がシステムの見直し案を提示したが、日本球界側が難色を示したため)、ポスティングシステムの妥結を見ない限り、マー君と米球団の交渉そのものができない事態に陥ったためだ。

だが2013年11月にようやく新ポスティングシステムが成立し、マー君はメジャーリーグの複数球団と交渉できることになった(詳しくは「新ポスティングシステム」(kotobank)をご参照ください)。

そして先述の通り、最終的にマー君はメジャーリーグ屈指の名門ニューヨーク・ヤンキースを移籍先に選んだ。その契約内容が発表されたのは1月22日頃だったようだが、妻の里田まいはすでに1月上旬にはニューヨークに渡っていたようで・・・?

(以下引用)

「1月上旬、マーくんがロスにいたころ、まいさんは単独でニューヨークを訪れていました。現地で彼女を案内したのは、元ヤンキース所属の松井秀喜さんの通訳だった米国人男性です。彼が用意したリムジンでまいさんが向かったのは、世界最高のセレブマンションとして有名なトランプタワーでした」(現地の野球関係者)

このタワーマンションの賃貸物件は、標準的な部屋で14部屋5寝室。家賃は月額650万円。購入すると15億円はするという。現在の住人は、マイクロソフトの創始者ビル・ゲイツ、歌姫ビヨンセ、ハリウッドスターのハリソン・フォード、ジュリアーニ元ニューヨーク市長など、超セレブが目白押しだ。

(引用元:女性自身)

マー君は1月8日にロサンゼルス入りし、現地の病院で身体検査を受けたほか、代理人のケーシー・クロース氏とともに複数の球団と面談し、1月11日に帰国したと報じられた(情報元:日本経済新聞)。

各球団との交渉期限は日本時間1月25日午前7時までだったため、マー君が移籍先の球団を決定するには1月11日の時点でまだ2週間程度の猶予があったはずだが、その頃には里田がすでにニューヨークに足を運んでいたというから、マー君が比較的早い段階でヤンキース入りを熱望していた可能性もある。

ひらめきヤンキースの先輩・松井秀喜氏、生電話で田中将大の入団を後押し
(※松井氏のビデオメッセージ&生電話が一役買ったとの噂も)

いずれにしても里田が物色していたマンションには、20年連続で米長者番付1位を記録したビル・ゲイツ氏(マイクロソフト社の共同創業者)や、世界的歌姫・ビヨンセらも住む超高級マンションだったようで、家賃が月650万円とは一般庶民から考えるとケタが二つ違うレベルだ。

さすがというよりないが、“トランプタワー”とはいったいどんなマンションなのだろうか・・・?

芸能ランキング
(以下引用)

このマンションのいちばんの売りは、総ガラス張りでマンハッタンが一望できる絶景だ。天井の高さは約5mもある。室内には高級家具が備えられ、リビングには暖炉もあり、バーカウンターに来客用のポーカーテーブルも。

共用施設としては、プールやヘルスクラブがあり、いつでも利用できる。1階の日本食レストランからは好きなときにルームサービスを受けられるという。

(引用元:女性自身

“トランプタワー(Trump Tower)”はアメリカの不動産王ドナルド・トランプらが所有する58階建てのビルで、高級マンションだけでなく、オフィスやショップも入っているようだ。“絶景”はもちろんのこと、日本食のレストランも入っているというから田中&里田夫妻にとっては申し分のない住み心地を備えているといえるのかも。

ひらめき国民栄誉賞の松井秀喜も同物件を所有?ヤンキース・ジーターが約15億5000万円(15.5 milion)で売却したマンハッタンのトランプタワー・ペントハウス 【家・写真】
(※松井秀喜氏も購入済み?)

里田といえばマー君との結婚後は芸能活動をセーブし、食事等を含めた献身的なサポートに専念してきた。一度、芸能界で築いたステージから何事もなかったようにアッサリと降りて、次のステップに進むことは並の人にはできないことと思われるが、その決断が大きな実を結び、さらに大きなステージへと進むことになったことは彼女にとってこれ以上ない喜びだと思う。

日本の試合でも夫を堂々と応援する彼女の姿が度々話題になったが、メジャーの大舞台でも彼女の応援がマー君の支えになることは間違いなさそう。米国でも変わらぬ田中投手&里田の活躍に期待したいと思う。

★関連記事 ★今日の注目ニュース

里田まいのブログを探すなら→ 芸能人ブログ全集
里田まいの芸能ニュースを探すなら→ まとめサイト速報+
女性タレントのうわさが満載→ 芸能界のう・わ・さ!!

芸能ランキング
タグキーワード
2014-01-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
芸能人の熱愛 - 芸能界のうわさ - 芸能人のすっぴん - SMAP - ベッキー - 北川景子 - 高畑充希
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.