妊娠中の青木裕子アナ、爆笑問題かかりつけの病院付近で目撃された裏事情!矢部浩之も安心? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

妊娠中の青木裕子アナ、爆笑問題かかりつけの病院付近で目撃された裏事情!矢部浩之も安心?

ナインティナイン・矢部浩之(42)の妻で、現在妊娠中の青木裕子アナウンサー(30、フリー)が“芸能人御用達”のS病院の近くで目撃されたという。

夫が大物芸能人だけに特に違和感はないが、青木アナにとってこの病院はどちらかといえば矢部よりも旧知の芸能人にあたる爆笑問題にゆかりのある病院のようで…?

青木アナといえば2013年3月27日にナイナイ矢部と入籍し、矢部はその足で相方・岡村隆史(43)が司会を務めるインターネット番組「めちゃ×2ユルんでるッ!-めちゃユル-」(3月27日放送)で結婚を生報告した。

その後、矢部と青木アナは2013年4月6日放送のバラエティ番組「めちゃ×2祝ってるッ!矢部浩之・裕子結婚披露宴緊急生放送スペシャル」(フジテレビ系)で祝福され、プロポーズのエピソードや誓いのキスを披露するなど、バラエティ番組としては異例の平均視聴率20.8%を記録し、お茶の間にもそのアツアツぶりを伝えた。

ナイナイ矢部浩之&青木裕子アナが『めちゃイケ』で結婚披露宴!ちょ、矢部の髪型ww
(※2人とも幸せそう。情報元:毒女ニュース)

そんな幸せいっぱいの2人は、2013年9月28日に「この度、私ども夫婦は、赤ちゃんを授かりましたことをご報告します」と連名のFAXで報告し、青木アナが妊娠5か月の安定期に入ったことが明らかになったばかり。

青木アナは現在、検診などのため定期的に通院していると思われるが、“芸能人御用達”のS病院近くで目撃されたこともあるようで…?

(以下引用)

私が目撃した場所は、芸能人御用達のS病院近くだったことに後から気づきました

お住まいの超セレブマンションからもほぼ一直線 頑張れば歩けない距離ではありませんし、芸能人ママの多くが出産しているS病院は、産科のみならず、多くの有名人が出入りしています

(引用元:女性セブン「ウラ山田eyeモード」)

青木アナがS病院に通っているかは不明だが、夫が矢部ともなれば彼女が同病院を選択したとしても何ら違和感はない。

実績のある病院であれば夫婦ともに安心でしょうし、自宅からそう遠くない距離にあるのだとすれば何かあった時にすぐに駆けつけることもできる。

【画像】 青木裕子 妊娠発表後初公の場に登場
(※2013年10月16日。お腹もふっくら。情報元:デイリースポーツ)

特に不思議のない話に聞こえるが、このS病院は青木アナにとってひょっとすると矢部以上に縁の深い芸能人と関係があるようで…?

(以下引用)

実はS病院は、太田サンと田中サンのかかりつけの病院なんですよね そして、そのS病院の向かい側にある花屋さん『Ariel a Flower of Grass』は、太田光サンの奥さま、太田光代サンが経営しているお店なんです

小さいお店ながらセンス抜群だし、時折、「爆笑問題 太田光より」「爆笑問題 田中裕二より」という木札が刺さったスタンド花がお店の奥に並んでいるのを見かけます 500円のサービスブーケから2万円台のスタンド花まで扱っているということですね

(引用元:女性セブン「ウラ山田eyeモード」)

S病院は爆笑問題の太田光(48)、田中裕二(48)もかかりつけの病院だという。

そういえば2012年12月18日に太田が声帯ポリープの手術を受け、同じ日に同じ病院で田中が扁桃の除去手術を受けて話題になったが、もしかするとこの病院がS病院なのかも。

そんな爆笑問題といえば青木アナと約7年間も情報バラエティ番組「サンデージャポン」(TBS系)で共演したことで知られる(青木アナは同番組の4代目アシスタントとして、2005年7月〜2012年12月まで担当)。

青木アナにとって「サンジャポ」は、TBSに入社したばかりの2005年に起用されたことや、彼女が同番組のアシスタントを務めた期間が歴代(のアシスタントの中で)最長であることなどから、最も思い入れのある番組の一つといえそうで、爆笑問題のふたりとも長きに渡って信頼関係を築いてきたとも推察できる。

先述のバラエティ番組「めちゃ×2祝ってるッ!矢部浩之・裕子結婚披露宴緊急生放送スペシャル」(フジテレビ系、2013年4月6日放送)でも、ナイナイと青木アナが爆笑問題に挨拶に行くシーンがあり、その中で爆笑問題の2人は「(青木と共演中)いつも青木から矢部のグチを聞いていた。毎週会うと、前日矢部が家に帰って来た時間を聞かされていた」(情報元:ビジネスジャーナル )とのエピソードを明かし、笑いを誘っていた。

そんな懐かしい思い出話も出てしまうほど長い付き合いだった爆笑問題と青木アナだけに、彼女がS病院に通っているのだとすれば、もしかすると爆笑問題の紹介によるものなのかもしれないが、そんなことを連想させるもう一つのポイントがS病院の近くにある花屋の存在だという。

この花屋「Ariel a Flower of Grass」は、太田の妻で、爆笑問題の所属事務所「タイタン」の社長でもある太田光代さん(49)が経営されているようで…?

(以下引用)

光代サンは『タイタン』の社長さんだけあってさすがに商才があるなぁと思うのは、S病院の売店事情 あれだけ大きな病院なら、ちょっとしたお花を売っている売店があるものなのに、なぜかS病院にはナシ もっとも近いお花屋さんも100メートル以上、離れていて、ちょっとわかりにくいのです

ならば、もっと近くに自分で作っちゃおうと思われたのでしょうね 『Ariel〜』はS病院のはす向かいで、再来年に新設されるS病院の救急病棟の目の前なんです

(引用元:女性セブン「ウラ山田eyeモード」)

光代さんが経営するお花屋さんは、爆笑問題の2人がお世話になっているS病院のはす向かいにあるようだ。最近は院内に花屋が入っているケースもあるようだが、S病院にはないらしい。

だが近年はお見舞い用の花も、場合によっては患者に悪影響を及ぼすことが指摘されたり(花瓶の中での菌の増殖や、花粉アレルギーなど。実際にどれだけのリスクがあるのかは不明)、看護士の仕事増加(花の管理)などが懸念され、花の持ち込みそのものを禁止している病院もあるようだが、その辺はクリアにしたうえで経営されているのでしょうし、何より患者さんが少しでも元気になってもらえるのであればこれ以上にない試みといえる(もちろんお見舞い用の花を意識して経営されているとは限りませんが)。

また光代さん自身も長いあいだ不妊治療を続けていることで知られており、2013年11月26日放送のバラエティ番組「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)にゲスト出演した際には「 月に3分の2ぐらいは病院に通わないといけない」「 薬を飲むと(副作用で)電車に一駅乗っていられない」などと過去4年ほどに及ぶ辛い治療経験を語っており、個人的にS病院にお世話になっている可能性もある。

太田光代さん 爆問光と離婚しない理由
(※11月26日放送の「ナイナイアンサー」で光代さんが激白。情報元:デイリースポーツ)

そうしたことを考えると病院のそばに花屋を経営したのは、恩返しの意味を兼ねてのものとも考えられる(いずれも憶測ですので、ご容赦ください)。

またS病院の副院長さんが「タイタン」に在籍されているようで(情報元:女性セブン)、光代さんはタレント活動のサポートの面でもS病院をバックアップしているようだ(あくまでも個人的なつながりかもしれませんが)。

いずれにしてもこうした一連の流れから考えると、光代さんと爆笑問題の2人はS病院に大きな信頼を寄せていることがうかがえますし、そんな3人がイチオシの病院なら青木アナにとっても矢部にとっても安心なはずで、こうした縁も後押しして同病院を選択したとも考えられる。

あくまでも青木アナがS病院の近くで目撃されただけの話なので断定はできないが、もしこうしたつながりを大切にされているのだとすれば素敵な話ですし、ぜひ無事に元気な赤ちゃんを産んでほしいものです。

※太田光代さんのエッセイ。爆笑問題との対談も。

★裏情報がたっぷり!芸能界のうわさはこちらでどうぞ

★関連記事

人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2019/6/12
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

2013-12-14 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.