川口春奈、「夫のカノジョ」打ち切り寸前で女優生命の危機!研音の“ゴリ押し”が裏目? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

川口春奈、「夫のカノジョ」打ち切り寸前で女優生命の危機!研音の“ゴリ押し”が裏目?

2013-11-19 | 女性芸能人>全般

女優・川口春奈(18)が主演を務めるドラマ「夫のカノジョ」(TBS系、木曜21時〜)が、低視聴率のために早くも「打ち切り間際」とささやかれている。

同ドラマが放送されているTBS系の木曜21時枠といえば、「一部の大手事務所のゴリ押し」ともいわれるキャスティングに批判もあるようだが、川口にとってはこの“ゴリ押し”でかえって女優生命を短くしてしまうかも…?

(以下引用)

深夜では主演を張れる女優かもしれませんが、ゴールデンで主演を張るには誰が見ても早すぎる。事務所としては次世代の女優として育てたかったのでしょうが、将来有望な女優なのにこのまま打ち切りにでもなったら、大コケ女優≠ニいうレッテルが付きかねないですよ」(芸能プロ関係者)

(引用元:東スポ)

川口の主演ドラマ「夫のカノジョ」(TBS系、木曜21時〜)が、出だしから大苦戦している。現在は第4話まで消化し、平均視聴率の推移は以下のようになっている。

第1話(10/24)=4.7%
第2話(10/31)=4.8%
第3話(11/07)=3.7%
第4話(11/14)=3.1%
(※情報元:Audience Rating TV)

ゴールデンタイムにもかかわらず第1話から5%を割り込み、第4話では3.1%まで下落してしまった。

ちなみにこの数字(3.1%)は、今世紀以降のプライム帯(19〜23時)で放送された民放の連続ドラマ(テレビ東京を除く)の中で最も低かった「メッセージ」(日本テレビ系、2003年1月期、真中瞳主演)の第6話、「ライオン先生」(日本テレビ系、2003年10月期、竹中直人主演)の最終話、「家族のうた」(フジテレビ系、2012年4月期、オダギリジョー主演)の第4話に並ぶ記録で(情報元:スポーツニッポン)、まさに崖っぷちの数字といえる。

不運にも「夫のカノジョ」の裏で放送中のドラマ「Doctor-X 〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系、木曜21時〜、米倉涼子主演)が好対照ともいえる視聴率を叩き出しており、これが足かせになっている可能性もある(「ドクターX」の平均視聴率の推移は以下の通り)。

第1話(10/17)=22.8%
第2話(10/24)=23.1%
第3話(10/31)=18.4%
第4話(11/07)=21.3%
第5話(11/14)=23.7%
(※「情報元:Audience Rating TV)

だが「ドクターX」といえば2012年10月期に第1シリーズが放送され、その際の全話の平均視聴率が19.1%を記録したテレ朝のヒットコンテンツであり、今回の第2シリーズも高視聴率が期待されることは、裏のTBS側も当然承知の上だったとも推察できる。

そこでTBSとすれば「半沢直樹」(TBS系、2013年7月期、平均視聴率28.7%)のようなドラマを製作し、「ドクターX」を迎え撃てばいいのではと素人目には思ってしまうが、そう簡単にもいかない大人の事情があるようだ。

そもそも「夫のカノジョ」がオンエアされているTBSの木曜21時枠のドラマは、常々苦戦を強いられている。同枠は2011年10月以降に若者向けの作品を中心とした「木曜ドラマ9」に一新したが、思ったほど機能していないようだ。

ちなみに「木曜ドラマ9」となってからの作品名と主演俳優、平均視聴率は以下の通り。

・2011年10月期「ランナウェイ〜愛する君のために」(市原隼人、平均視聴率10.2%)
・2012年01月期「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」(山下智久、平均視聴率11.1%)
・2012年04月期「パパドル!」(錦戸亮、平均視聴率8.2%)
・2012年07月期「ビギナーズ!」(藤ヶ谷太輔、北山宏光、平均視聴率7.3%)
・2012年10月期「レジデント〜5人の研修医」(仲里依紗、平均視聴率6.7%)
・2013年01月期「あぽやん〜走る国際空港」(伊藤淳史、平均視聴率8.7%)
・2013年04月期「潜入探偵トカゲ」(松田翔太、平均視聴率9.9%)
・2013年07月期「ぴんとこな」(玉森裕太、平均視聴率7.5%)
・2013年10月期「夫のカノジョ」(川口春奈、平均視聴率?)

これを見て、真っ先に気付くのがジャニタレ主演ドラマ(赤字)が圧倒的に多いことである。

特に「パパドル!」は関ジャニ∞のメンバーをはじめとしたジャニタレが本人役で多数出演する“ゴリ押し”ぶりだったほか、「ビギナーズ!」は売り出しのKis-My-Ft2の藤ヶ谷、北山が連ドラ初主演を務めたことでも知られる。

ジャニーズ主演以外の「レジデント〜5人の研修医」にもNEWS・増田貴久が、「潜入探偵トカゲ」にもTOKIO・松岡昌宏がそれぞれ出演していたことも加味すれば、同枠は完全に“ジャニーズ枠”といっても差し支えがないほどだ。

一方、同枠でジャニーズの次に幅を利かせていそうなのが、大手芸能事務所「研音」である(主演は青字)。

夫のカノジョ」の川口春奈に、「潜入探偵トカゲ」の松田翔太も研音所属で、「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」にも研音の反町隆史、榮倉奈々が出演していた。

そう考えると同枠は“若者向け”とは名ばかりで、ジャニーズ事務所や研音といった大手芸能事務所の“ゴリ押し”枠であると見ることもできる。

そんなキャスティングありきのドラマ作りが根底にあるのだとすれば、純粋に登場人物の役柄にあった俳優が起用されることは難しそうですし、極端な話、たとえ演技は目をつぶっても大手が推したい若手俳優の名前が売れればそれでよいというドラマ作りになっている可能性もある。

そんな“大人の事情”も見え隠れする“TBS木曜9時枠”なだけに、うまく機能しなければ当然、視聴者は離れていくはずで…?

(以下引用)

「はっきり言ってジャニーズと研音の言いなり。川口も研音ですが、『ぴんとこな』は主演の玉森裕太がジャニーズ、『潜入探偵トカゲ』は研音の松田翔太主演で(ジャニーズの)松岡昌宏も出演した。事務所が出したいのと視聴者が見たい俳優はまず一致しませんから」(同)。半ばギョウカイ枠≠ニも言われている時間帯だ。

(引用元:東スポ)

川口といえば、2007年に中学生向けファッション雑誌「ニコラ」のモデルオーディションでグランプリを獲得し、2011年まで同誌でモデルを務めた。

一方で2009年の月9ドラマ「東京DOGS」(フジテレビ系、2009年9月期)で女優デビューし、2011年以降は「ニコラ」の卒業とともに女優業に専念してきた。

そして深夜ドラマ「桜蘭高校ホスト部」(TBS系、2011年7月期)で連ドラ初主演を飾ると、深夜ドラマ「放課後はミステリーとともに」(TBS系、2012年4月期)でも主演を務めたほか、映画「POV〜呪われたフィルム〜」(2012年2月18日公開)や映画「絶叫学級」(2013年6月14日公開)、映画「マダム・マーマレードの異常な謎」(出題編:2013年10月25日公開、解答編:2013年11月22日公開)でも主演を務めた。

そう考えるとすでに女優としては4年ほど経験を積んでおり、深夜ドラマや比較的低予算の(といったら怒られそうですが)映画で主演を務め、一歩ずつ階段を上ってきたうえでの今回のゴールデン帯の連ドラ主演だったとも思われる。

研音からすれば「機は熟した」と見ての川口起用だったかもしれないが、裏番組が強力だったという不運も重なり、この低視聴率は誤算だった可能性もある。

もし打ち切りにでもなれば“大コケ女優”などと酷評されてしまいかねないだけに、“ゴリ押し”も時と場合によっては裏目に出ることもありそう。

剛力彩芽にジャニーズ…ゴリ押しタレントが毛嫌いされていることを軽視する芸能事務所とマスコミ
(※ゴリ押しドラマは結果が伴わない傾向も。情報元:芸能スクープ、今旬ナビ!!)

せめて「夫のカノジョ」が低視聴率記録を更新しないよう願うばかりだが、万が一のことがあっても川口には“世紀の低視聴率”を取ったと逆に開き直って頑張ってほしいものです。

実際、俳優・長谷川博己(36)は、2011年に連ドラ初主演だった「鈴木先生」(テレビ東京系、2011年4月期、月曜22時〜)が平均視聴率2.06%(情報元:ウィキペディア)と、ゴールデン帯の連ドラとしては21世紀以降ワースト1位を記録してしまったが(情報元:ウィキペディア)、その後出演したドラマ「家政婦のミタ」(2011年10月期、日本テレビ系)が大ヒットし、最終話で平均視聴率40.0%(21世紀以降のドラマで初の40%超え)を記録したことでも知られる。

人生何があるかわからないだけに、今うまくいかなくても諦めるのではなく、一つひとつ与えられた仕事を精一杯努めることで道が開けてくるかも。

※物事は相手の立場になって考えることが大切。

★最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

★関連記事

人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2019/6/7
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

2013-11-19 | Comment(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
この枠はジャニーズに任せておけばいいのでは?
体が入れ替わるってやつ、もうお腹いっぱいだよ
企画も悪い
研音なんだー
じゃー大丈夫でしょ
仕事なくならないよ
Posted by at 2013年11月19日 20:38
春奈ちゃんはジャニ勉のゲストで初めて知ったけど明るくて
可愛いのに変顔やものまねしたりして面白い子だなと思ったし

何かの企画のドッキリも見たけど、引っかけられた相手にも優しく対応して凄く良い子そうだったし
春奈ちゃんは好感持てる女優さんですよ。

仕事無くなったりしないと思います〜

あの枠はずっと数字録れない魔の枠だし

春奈ちゃんが悪いとかじゃ無いと思う。

Posted by 通りすがり at 2013年11月20日 03:30
ドラマの脚本自体が糞ということには全く触れてない所がw
今どき「お前が俺で俺がお前でネタ」なんか見向きもされんわw
余程、制作の方もネタがないんだろうなぁ。
ナショジオでも買ってそれ流したほうが、余程視聴率取れると思うよ?w
Posted by at 2013年11月20日 12:12
いいかげん 気づけ 
脚本がくそ 今どき 何回 似たような
入れ替わりドラマやってんだ
実につまらん!
Posted by at 2013年11月20日 15:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.