松本潤は“ポスト稲垣吾郎”?地味すぎる装いでも業界関係者が「変わった」と大絶賛のワケ - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

松本潤は“ポスト稲垣吾郎”?地味すぎる装いでも業界関係者が「変わった」と大絶賛のワケ

2013-10-06 | ジャニーズ>嵐
嵐・松本潤(30)がバラエティ番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系、10月9日放送予定)の収録を終え、タレントクロークの長い廊下を歩いて帰宅の途についたが、気づく者はほとんどいなかったという。

この日の松潤は地味目の装いだったとはいえ、ここ2年ほどは業界関係者の間からも 「松本潤くんが『変わった』」と評判になっているとか。外見以上に、彼が大きく変化した部分とはいったいどんなところなのだろうか・・・?→ ranking



にほんブログ村 芸能ブログ

(以下引用)
実は、長い長いタレントクロークの廊下を、一人で歩いてきた松本くんが近くに来るまで全く気がつかなかった私 同日、収録をしていた『ジェネレーション天国』(同)のスタッフたちも「気づかなかった〜〜〜」と驚いていました

というのも、その日の松本くんのファッションは、茶色のカーディガンにグレーのスラックスという、どちらかといったら地味な…でも秋を先取りした大人っぽい装いだったことに加え、表情などを含めた“現れ”が以前より格段と“大人”になっていらしたからです
(引用元:女性セブン「ウラ山田eyeモード」)

松潤は最近、主演映画「陽だまりの彼女」(10月12日公開)の宣伝も兼ね、バラエティ番組などをハシゴしている。この日はTOKIOの冠番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系、10月9日放送予定)の収録があったようで、その収録後にはタレントクローク(楽屋なども含めたタレント専用のスペースでしょう。フジテレビでいえば「めちゃイケ」の“やべっち寿司”のコーナーが行われているのもタレントクロークの一部のようです)の長い廊下を歩いて帰宅の途についたようだ。

※上野樹里と共演の原作本。

だが上記の通り、放送作家で芸能コラムニストの山田美保子氏や、同日収録されていたトークバラエティ番組「ジェネレーション天国」のスタッフも、松潤の存在には気づかなかったという。

この日の松潤はシックな装いだったようですし、今をときめく嵐のメンバーといえどもその“オーラ”が若干影をひそめていたということなのかと思いきや、そう単純な話でもなさそう。山田氏によると、松潤の「表情などを含めた“現れ”が以前より格段と“大人”になって」いたのだという。

松潤は8月30日に30歳を迎えたばかりで、アイドルとしての立ち位置もすでに若手とは呼べない年齢になった。だがそうした年月の経過は、彼の佇まいにファッションのような外見の面だけでなく、大人の風格のようなものまでもたらしていたのかも。

山田氏は松潤に気づき、声をかけたようで・・・?

(以下引用)
その日は『アラフェス'13』の数日前だったことから「土曜日、伺いますね」と私が言うと、「ありがとうございます。お待ちしています」と笑顔で言い、エレベーターに乗り込んだ松本くん

ふと、廊下の反対方向に目をやると、『ジェネレーション天国』の収録を終えたKis-My-Ft2の北山宏光くんとA.B.C-Zの河合郁人くんがかなり慌てた様子で、「いまの潤くんでした?」と駆け寄ってきました

グンと大人っぽくなった松本くんのことは、かつて何度もバックをつとめた北山くんたちにもわからなかったんですね…… 大急ぎで次のエレベーターに飛び乗ったお二人は、きっと駐車場で、久々の松本くんとご対面&ご挨拶できたことでしょう
(引用元:女性セブン「ウラ山田eyeモード」)

松潤は山田氏の挨拶に笑顔で丁寧に応対し、帰っていったようだ。また「ジェネレーション天国」で収録をしていた同じジャニーズ事務所の後輩であるKis-My-Ft2・北山宏光(28)、A.B.C-Z・河合郁人(25)も松潤の存在に気づかなかったようで、慌てて後を追っていたとか。

同じ所属事務所でも共演機会が少ない先輩であれば気づかないこともあり得そうだが、世間を賑わす“嵐の松潤”だけにいくら装いが地味だったからといって、見過ごすというのは普通は考えにくい(まぁ、そう言いながら全員なんとか気づいているんですが)。となると、やはり松潤の内面や姿勢のようなものが大きく変わってきたことが大きいのかも。

確かに最近の松潤は好エピソードが多い。2013年6月25日発売の「週刊女性」には、松潤が俳優・三浦翔平(25)、小栗旬(30)、三浦春馬(23)らと一緒に都内の高級焼き肉店で食事をしたが、会計はすべて松潤が支払ったと報じられた。またこの時、松潤は周囲の一般客に握手を求められてもイヤな顔ひとつせず対応していたという。

大人の余裕を感じるエピソードだが、松潤は小栗旬&山田優の結婚式(ハワイ、2013年1月6日=現地時間)に参加した際も、サプライズで小栗の友人(一般男性)のプロポーズの手助けをしていたという。どんなサプライズだったかは不明だが、常に人を喜ばそうとしたり、仲間の幸せ(間接的な友人だったとしても)を願う姿勢は素敵なもの。

ひらめき松本潤の“いい人すぎる”裏話!小栗旬の結婚式で小栗の友人のプロポーズを手助けしていた
(※“焼肉話”も含め、詳しくはコチラで)

そんな松潤は、ここ2年の間に業界関係者の間でも「松本潤くんが『変わった』」と評判になっていたようで・・・?

(以下引用)
実は、ここ2年ばかり、業界関係者の間から、「松本潤くんが『変わった』」と評判になっていたのです 一言で言うなら、すごく積極的になった…ということ

取材でも、打ち合わせでも、仕事関係の人を相手にすると、松本くんが率先して話をしてくれるようになったんです いきなり嵐の渉外担当になったかのように……

ソロでのお仕事の場合も、積極的に自分のプランを話すようになり、懸命に取り組む様子が関係者の間で話題になっていたのです
(引用元:女性セブン「ウラ山田eyeモード」)

ここ最近の松潤は仕事への取り組み方も「積極的」で、自分のことだけでなくまるで「嵐の渉外担当」のような働きぶりだという。こうした姿勢が特に最近になって顕著になっているとすれば、いまの松潤は自分がグループの一員であることを客観視できており、自分だけが前に出てもいけないし、とはいえ他のメンバーに合わせるあまり自己成長のない馴れ合いになってしまうのもいけないことだと自覚し、グループ全体で成長するためにはどうしたらいいのか日々考えながら、責任感を持って行動している様子がうかがえます。

「渉外担当」といえば、SMAP・稲垣吾郎(39)が2012年5月17日に行われたコント番組「サラリーマンNEO GOLD」(NHK)の取材会で、

「多分僕は『SMAP』のメンバー中で中間管理職的な存在。間違いなくそういったポジション。上に気を使いながら下の面倒を見る。みんなにいじられながら、実は『僕は潤滑油になっているぞ』って自分で思っているんです」(情報元:映画.com)

とサラリーマンになぞらえた意外な回答をしたことで話題になった。グループ活動においてはリーダーの力も大切だが、物事を俯瞰でみることができるような、まさに稲垣の言う“潤滑油”のような働きをするメンバーがいることもグループが回っていく上で重要なことなのかも。

ひらめき『音楽のちから』の青い上着から感じた、嵐・櫻井翔の“中間管理職”感
(※櫻井にも似たような雰囲気が?)

松潤も嵐の一員として、日々与えられた仕事をこなすだけでなく、グループの現状、今後の展開等に至るまで気を配り、さらなる嵐の成長を目標に取り組んでいる最中なのかも。今後の嵐、松潤の活躍に期待したいと思う。

★関連記事
松本潤、森三中・大島との“焼肉デート”を約束!24時間ランナー決定の裏事情
松本潤とTERUの意外な交遊秘話!バーでの意気投合が発端で、GLAYが嵐の名曲をカバーしていた
松本潤、生田斗真、勝地涼が大阪の百貨店で大量買い!パン40個に焼酎2升、そのワケは?

★今日の注目ニュース
可愛すぎるオムライスが話題に!!!!! 「これを食べろっていうのか・・・(´;ω;`)」 (にゅーもふ)

芸術家・松本人志、映画「R100」初日でガラガラ 絶望の貸切状態へ (ぴろり速報2ちゃんねる)

矛盾に痛烈批判!小倉智昭がみのもんた次男報道過熱に苦言も一番報道しているのはとくダネ!だった (芸能スクープ、今旬ナビ!!)

松本潤のブログを探すなら芸能人ブログ全集
松本潤の芸能ニュースを探すならまとめサイト速報+
ジャニーズのうわさが満載芸能界のう・わ・さ!!
タグキーワード
2013-10-06 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
まおちゃんとのニャンニャン映画公開控えてるし、幸せオーラ全開だよね。
Posted by at 2013年10月10日 05:13
松本潤君、久しぶりです。
松本君は、ほんと、スターって感じなんですけど、
見た目は。性格は、ほんと良い性格だと思いました。
相手の気持ちを、尊重してくれたりして、できた人だと思いました。
イニシャルNの人とは、ずいぶん、違って好きになりました。
過去形ですけれど、Nさんは、他の人と噂があるのに、しつこいので、ずいぶん、違うなと思っていました。
松本潤君は、Nさんよりずっと優しいので、好きでした。ここだけの話ですけど。
松本潤君、頑張ってください。
Posted by ゆり at 2014年04月08日 02:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.