赤西仁とサザンオールスターズの新曲が“同日発売”の裏事情!ジャニーズI女史の思惑とは? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

赤西仁とサザンオールスターズの新曲が“同日発売”の裏事情!ジャニーズI女史の思惑とは?

1年5か月ぶりに活動を再開させる赤西仁の新曲「HEY WHAT'S UP?」の発売日が、5年ぶりに活動を再開させるサザンオールスターズの新曲「ピースとハイライト」と同じ8月7日であることが話題になっているという。

ジャニーズといえばオリコンランキングを特に意識した戦略を取ることで知られるが、いくら赤西といえども相手が大物サザンでは分が悪い。なぜあえて発売日をバッティングさせたのだろうか…?

(以下引用)

誰もが待ち焦がれた日本を代表するバンドであるサザンは満を持してのリリース。一方、昨年2月の黒木メイサとのできちゃった事後報告婚∴ネ来、ペナルティーとして仕事を干され、その間に離れたファンも多い赤西は、所属レコード会社と契約不履行にならないために致し方なく新曲を出す。これでは比較するほうが酷というもので、CDの売り上げもどちらが圧勝するかは明白だ。

しかも、赤西の新曲情報が記載されているのはレコード会社のホームページ(HP)のみ。ジャニーズのHPには記載されていない(7月8日現在)ことから、ネット上では「事務所からも見放された」「売り上げランキングを重視するジャニーズ事務所が他のアーティストの発売日を把握していないことは考えにくく、サザンと同じ発売日にしたのは赤西が期待されていない証拠」などと書かれまくっている。

(引用元:東スポ)

赤西が2013年8月7日にシングル「HEY WHAT'S UP?」をリリースし、1年5か月ぶりに活動を再開するという。

赤西といえば2011年11月に全米デビューするなど、これまでは世界を意識した英語詞の曲を中心に制作してきたが、本作は日本語詞によるもので(赤西が作詞・作曲)、まずは国内の失地回復に務める覚悟もうかがえる。

だが今回の赤西復帰について「事務所によると、今回の発売は、今後の活動に向けての試金石になるという。世間に受け入れられることを期待する一方で、再びトラブルを起こすようなら解雇も含めた厳しい処分が検討されることになる」(情報元:デイリースポーツ)とも報じられており、事務所としても今後の彼の姿勢いかんでは再度厳しい処分を下すことを示唆している。

赤西仁が変心!活動再開を決意した裏には父親としての自覚があった?新曲ジャケット写真も私物の衣装で気合十分!
(※レコーディングでは気合いをみせた赤西。情報元:Johnny's Watcher)

そんな状況の赤西だけにいくら待望の復帰が決まったといっても浮かれている場合ではなさそうだが、早速、新曲「HEY WHAT'S UP?」の発売日がサザンオールスターズの新曲「ピースとハイライト」のそれとかぶるという試練が待ちかまえているようだ。

サザンもデビュー35周年となる2013年6月25日に5年ぶりに活動を再開したばかりなだけに、新曲「ピースとハイライト」はまさにサザンファン待望のシングルといえる(彼らも、2008年に行われたデビュー30周年の記念ライブを最後にバンド活動を無期限で休止していた)。

よってサザンの新曲が好調なセールスを記録することは間違いなさそうだが、特にオリコンランキングにこだわることで知られるジャニーズがまさかサザンの新曲発売日を知らなかったはずはないでしょうし、もし赤西を大々的に売りたければ発売週をずらすこともできたはず。

それなのにあえて大御所の復帰作に発売日をかぶせたうえに、ジャニーズの公式HPには現在(7月9日11時現在)、赤西の新曲「HEY WHAT'S UP?」のリリース情報すら掲載されていないようだ。

ジャニーズが赤西の復帰にあまり積極的でない様子もうかがえるが、今回の新曲リリースは「レコード会社との契約で一定期間内にCD発売を義務づけられていることが要因の一つ」(情報元:デイリースポーツ)ともみられており、赤西が契約中のレコード会社「ワーナーミュージック・ジャパン」との義務を果たすために仕方なく(言い方はあまり良くないですが)出したとの見方もある。

赤西仁の解雇は内定済みだった!8月の新曲発売はクビ切りの退職金代わりとの噂
(※解雇は内定済み!?新曲が赤西の作詞作曲なのは退職金代わりに印税が入るように、ジャニーさんが超特例で許してくれた?情報元:Johnny's Watcher)

だが今後、赤西をバックアップすることになったのがSMAPの育ての親としても知られるI女史(飯島三智氏。次期社長候補ともいわれる)とも報じられており、あえてサザンとバッティングさせた背景には彼女の思惑があるようで…?

(以下引用)

「8月7日発売予定のラインアップを調べてみると、サザンのほかはビッグネームが見当たらないんですよ。強いて挙げるなら韓流アイドルグループの『超新星』ぐらい。今の赤西では、その超新星にも負けてしまう可能性は高いですからね。どうせ1位を取れないなら、あの相手なら仕方ないと誰もが思う大物に大差をつけられたほうが、赤西が受けるダメージも最小限に抑えられるというわけです」(事情通)

(引用元:東スポ)

あえてサザンとバッティングさせたのは、そこまでの大御所になら売上げで負けてもダメージを最小限に抑えられるからのようだ(むしろ超新星にまで負けてしまう可能性への保険ともとれます)。

もちろんサザンに追いつけ追い越せを期待してこその熱い視線の表れかもしれませんし、仮に今回は敗れたとしても現状でトップアーティストとどれくらいの差があるのかを把握できるメリットはある。

またI女史としても、赤西にいきなり1位を取らせて慢心させてしまうより、下位に敗れることで今後、彼の発奮を促したいと考えている可能性もある。

赤西復活なるか SMAP育ての親が練る戦略
(※赤西を担当するのは飯島女史か?情報元:東スポ)

いずれにしても、赤西が長いブランクを経てどんな復帰劇をみせるのか気になるところ。復帰を心待ちにしていたファンの期待を裏切らないよう、心機一転で頑張ってほしいものです。

★ジャニーズの最新ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

★関連記事

人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2019/5/24
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

2013-07-09 | Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
この人の話題、どうでもいいよ!よっぽど改心しない限り無理。コアなファンもかなり離れただろうし、前のような売り上げは期待出来ない。それよか、ジャニーズに残ろうとしてるのかな?そっちの方がびっくり。
Posted by at 2013年07月09日 15:36
散々すき勝手しておいて
今更誰も期待してないし見たくもない!

それより早くジャニーズ辞めて下さい!!
Posted by at 2013年07月11日 07:18
この曲、ジャスティン・ビーバーとリアーナのまんまパクリだと話題になってます
私もジャスティン・ビーバーのPVを見ましたが、そっくりでした…
最低ですね
Posted by at 2013年07月22日 03:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

今月の芸能アンケート
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.