工藤夕貴の顔が変わった?「別人じゃん」「もっと薄味の顔だった」と驚きの声【画像】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

工藤夕貴の顔が変わった?「別人じゃん」「もっと薄味の顔だった」と驚きの声【画像】

2013-01-11 | 女性芸能人>全般

女優・工藤夕貴(41)が主演を務めた映画「カラカラ」(1月19日公開)の完成披露試写会が1月10日にカナダ大使館で開催され、登壇した工藤のが以前に比べて「変わった?」と話題に。

ネット上では「別人じゃんw」、「顔かわりすぎだろwww」、「もっと薄味の顔だった」、「こんな顔だったと思うけど」などと様々な声が挙がっている。

(以下引用)

工藤は「17歳くらいから英語のお芝居を続けてきましたが、初めて英語でお芝居をしていることを心地良く感じました」と笑顔で語った。

『カラカラ』は、工藤扮する沖縄在住の主婦が、カナダ人の元大学教授と出会い、沖縄の離島を旅することで、心が癒されていくというロードムービーだ。工藤は「題材はなかなか深いんですが、フレンチっぽいコメディだと思っています」とアピール。

(引用元:MovieWalker)

その工藤の試写会の時の写真がコチラでみられる(↓)。

【画像】 工藤夕貴・顔
(※情報元:MovieWalker)

10代から芸能界で活躍している工藤だけに、年齢的なことを加味しても印象はだいぶ変わるかも。2ちゃんねるでは、以下のような意見が出ていた。

(以下、2ちゃんねるより抜粋)
別人じゃんw
顔かわりすぎだろwww
「山本りんだ?」
「やかん持って走ってもらわないと分からないな」
もっと薄味の顔だった
こんな顔だったと思うけど
「これは整形じゃなくて、トシと化粧だろw」
「ナチュラルがいいと思うけど、やっぱ心の問題なんだろうな」
(情報元:2ちゃんねる)

工藤といえば、「お湯をかける少女」として話題になったインスタントラーメン「303」のCM(ハウス食品、1987年)や、梅酒「ウメッシュ」のCM(チョウヤ、1993年頃)などが印象に残っている人も多いかも。

【動画】「お湯をかける少女」CM (You Tube)

また若い頃からハリウッドに挑戦しており、「ミステリー・トレイン」(1989年)や「ピクチャーブライド」(1994年)、「ヒマラヤ杉に降る雪」(1999年)など海外作品への出演が多いことでも知られる。

今回の主演映画「カラカラ」は第36回モントリオール世界映画祭で視点賞・観客賞をW受賞しており、工藤にとってはまさしく代表作となりそう。

先述の試写会では、現在の結婚生活(2010年に公務員の男性と再婚)や、幼い頃にDVを受けていたことも告白したそうで(同作では、夫の暴力に苦しむ役を熱演)、ご本人にとっても様々な思いが交錯する作品となったようだ。

「カラカラ」は1月19日(土)より公開予定のほか(沖縄では1月12日から先行公開)、1月16日には自著「ハリウッドが教えてくれた人生で一番大切なこと」(ベストセラーズ)も発売予定なので、興味のある方はセットで堪能してみるのもいいかも。

工藤夕貴の顔の変化(成長、メイク前後、美容整形手術前後、老化?)
(※情報元:芸能人の顔の変化)

★とっておきの芸能裏ネタはこちらでどうぞ 人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2019/5/4
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

タグキーワード
2013-01-11 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.