北島康介、ガルネク千紗の実家で農作業を手伝っていた!初対面の日に黒豆を収穫 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

北島康介、ガルネク千紗の実家で農作業を手伝っていた!初対面の日に黒豆を収穫

男子水泳の五輪金メダリスト・北島康介選手(30)が、婚約者で「girl next door」のボーカル・千紗(27)の実家を訪れた時の様子を、1月9日発売の「週刊文春」が報じている。

昨年9月に兵庫・篠山市にある千紗の実家を訪れた北島は、黒豆の収穫とニンニクを植える作業を手伝ったそうで…?

(以下引用)

2人が実家を訪れたのは昨年9月のことだそうで、両親と初対面した北島は、「千紗さんとお付き合いさせていただいてます。これから一緒にやっていきたいと思っています」とあいさつし、ロンドン五輪の400mメドレーリレーで獲得した銀メダルを披露してくれたという。

遠慮していたのか、2人はそれぞれ「北島さん」「千紗さん」と呼び合っていたそうで、北島はその日の夕方に実家を訪れ、その晩は宿泊した。

翌朝、千紗の父親が農作業に出ようとすると、千紗が「手伝ったら?」と促し、北島が「お願いします」。そこで、黒豆の収穫とニンニクを植える作業を手伝ってもらったとか。

(引用元:井上公造芸能)

元旦に飛び込んできた北島&千紗の婚約報道。「スポーツニッポン」によると、2人は2010年秋に共通の知人を介した食事会で知り合い、すぐに交際に発展したとか。

北島康介&ガルネク千紗は遠距離恋愛 「邪魔しない」と米国へ一度も行かず
(※情報元:スポーツニッポン)

北島といえば、アテネ五輪(2004年)と北京五輪(2008年)で「男子100m平泳ぎ」および「男子200m平泳ぎ」をそれぞれ連覇する偉業を達成したが、そのことでかえって目標を失ってしまったのか、2009年には単身渡米したことも話題になった。

その後、ロンドン五輪(2012年)に挑戦する決断を下した北島を、陰で支えたのが千紗だったようだ。北島は練習拠点を米ロサンゼルスに置いていたが、千紗は「競技の邪魔をしないように」と同地を訪れたことは一度もなく、主にメールや電話で愛を育んでいたとか(情報元:スポニチ)。

ロンドン五輪では残念ながら「男子100m平泳ぎ」が5位、「男子200m平泳ぎ」が4位に終わった北島だが、「400mメドレーリレー」では見事銀メダルを獲得した。初対面の相手がオリンピックのメダルを持ってきたのだから、千紗のご両親もさぞビックリしたかも。

そんなふたりの“デキちゃった結婚”の可能性は…?

(以下引用)

婚約発表が突然だったため、同誌が「デキちゃった婚?」と尋ねると、母親は「千紗はまだですよ」と否定。

また、愛娘について、「昔から元気で、男の子みたいでしたよ。『ダンスが好きや』というのが口癖で、『踊ってるとすごい爽快になる』とか『筋肉が笑うと、めっちゃテンション上がる』と言っていました。筋肉フェチなんですよ(笑)」と、アスリートの北島と“好相性”をうかがわせるエピソードも明かしている。

(引用元:井上公造芸能)

突然の結婚発表となったが、“デキ婚”というわけではないようだ。年内にも入籍予定で、披露宴はテレビで中継される可能性もありそう(情報元:東スポ。水泳番組に力を入れており、音楽番組(Mステ)を抱えているテレビ朝日が有力とか)。

スポーツ選手と歌手の結婚は珍しいが、運動神経が抜群で歌もうまい才能豊かなお子さんが生まれてくるかも。末永くお幸せに(ちなみにスポーツ選手と歌手が結婚した最近の例では、2010年の小橋建太(プロレスラー)&みずき舞(演歌歌手)があるようだ)。

★関連記事

★すっかりおなじみ!芸能界の裏話はこちらでどうぞ

【管理人からのお知らせ】2019/5/3
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

タグキーワード
2013-01-09 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.