高岡蒼佑、宮崎あおいの“第2の不倫”を暴露!「岡田准一だけなら苦労しない」 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

高岡蒼佑、宮崎あおいの“第2の不倫”を暴露!「岡田准一だけなら苦労しない」

女優・宮崎あおい(26)と昨年末に離婚した俳優・高岡蒼佑(30)が、4か月ぶりに再開したTwitter(ツイッター)で宮崎の“第2の不倫”をほのめかした。

宮崎は昨年末に発売された週刊誌にV6・岡田准一(31)との不倫疑惑を報じられたが、ほかにも不倫をしていた…?

uwaki_genba_woman.png

(以下引用)

あんなCMバンバン出してこっちの気を逆なでするとは思わないのか。本当に奴の周りはどうしようもない。好い加減に不快極まりないし、本人も本人。薄っぺらい表面的だけの人間性にただ呆れる。感謝のかの字もないのが日に日に解ってくる>

(引用元:NEWSポストセブン)

宮崎あおいが「あたしもあなたもぶっ壊れ続けてる…」とつぶやくのは、アパレルブランド「earth music & ecology」のCM(運ぶ編)。

深い意味はないと言われればそれまでだが、ぶっ壊れ続けている「あたし」と「あなた」は宮崎と高岡蒼佑を連想させる。

ましてや不倫をされた高岡の方が「あなたもぶっ壊れ続けてる」などと言われては、はらわたが煮えくりかえるのも無理はないのかも。

ただし高岡は離婚時の取材で「自分はとにかく彼女の邪魔をしたくないというのがあるので、本当に感謝はしてるし、(出会ってから)10年も一緒にいたんで、すごくいいものをもらったなというか、何も(彼女を)否定するつもりもない」(情報元:井上公造芸能、2011年12月20日の取材で)と殊勝な態度で宮崎をかばっていたが、時間の経過とともにその我慢も限界の域に達している可能性もある。

そうした兆候が現れたのが、高岡が3月25日に再開したTwitterだった。

高岡は「本当は誰が社会的に問題がある人間なのか、問題ある事務所なのか。ここまでされて何であんな阿呆共を庇わなきゃいけない?」、「かたや旦那が海外に行ってる最中に人妻に手を出す不倫男もいる」などとツイートし、元妻・宮崎と岡田准一の不倫に関するものを思われる内容が物議を醸した。

高岡と宮崎の離婚は、2011年7月に高岡がTwitterで発信した“フジテレビの韓流ゴリ押し批判”をきっかけに、所属事務所(スターダストプロモーション)を退社するハメになったことなどが原因とされ、どちらかといえば高岡が一方的に悪者にされていた。

だが離婚の決定打となったのは宮崎の不倫ともいわれ、一方的に離婚を切り出してきたのは宮崎の方だったともいわれる。

不倫をしていた宮崎がクリーンなイメージを守られ、我慢をしてきた高岡が十分な話し合いもできずに離婚を余儀なくされてしまったことに、高岡も黙っていられなくなってしまったのかも。

高岡はさらなる“Twitter爆弾”を投下したようで…?

(以下引用)

あまりの暴走に見かねたフォロワーから<不倫はダメだけど、高岡さんにも問題はあったと思います。岡田くんに相談しているうちにとか…>と責められると、ついに怒りは沸点にしたのか、高岡は新たな衝撃の事実まで語り始めた。

岡田だけなら苦労しないですね

(引用元:NEWSポストセブン

なんと、宮崎には“第2の不倫相手”がいた可能性があるという。

「岡田だけなら苦労しない」と言ったことで、一人目の不倫相手が岡田であることもほぼ確実な雰囲気だ。

高岡は後日つぶやきを削除したとはいえ、感情の高ぶりが抑えられない様子。ある程度気が済むまでは仕方がないところかもしれないが、落ち着いたらまた役者として歩んでくれると嬉しい。

もともと演技には定評があるのでしょうし、この怒りを役者へのエネルギーに変えた方が将来的にも本人のためになると思う。

応援してくれる人はきっといると思いますが。そんな時には宮崎サイドにもぜひ大人の対応を取ってほしいものだ。

★関連記事

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2020/12/15
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

2012-04-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★第7話(2月23日)の平均視聴率11.4%!
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.