視聴率競争、日本テレビがフジテレビをさらに引き離す?島田紳助の降板騒動が分岐点に - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

視聴率競争、日本テレビがフジテレビをさらに引き離す?島田紳助の降板騒動が分岐点に

2011年の視聴率競争は熾烈なデッドヒートの末、日本テレビフジテレビに競り勝ち、見事視聴率三冠王に輝いた。今年も4月までは、日テレがフジの視聴率を上回っているという。

特にバラエティ番組においては、島田紳助氏の退社騒動後の対応が明暗を分けているそうで・・・?→ ranking


【送料無料】紳助の「...

【送料無料】紳助の「...
価格:630円(税込、送料別)


にほんブログ村 芸能ブログ

(以下引用)
11年1月3日〜12年1月1日の年間視聴率で、7年連続三冠王だったフジに競り勝った日テレ。同誌の調査によると、今年1月から4月の視聴率も日テレが上回っているそうで、4月からスタートしたフジの昼のワイドショー「知りたがり!」も、同じ時間帯に放送されている日テレの「ミヤネ屋」に惨敗だという。

放送ジャーナリストによると、視聴率逆転の理由はドラマとバラエティがポイントになったとか。日本テレビは「家政婦のミタ」が大ヒットし、水曜10時のドラマ枠の年間平均視聴率が15.9%だったが、フジの看板ドラマが放送される月9枠は12.8%で、日テレが圧倒的な勝利を収めた。

バラエティでは、昨年の紳助騒動後の対応が分かれ道となったという。日テレ社員は、同局の編成トップである小杉喜信氏が「企画がしっかりしていれば紳助抜きでもやれると、『行列のできる法律相談所』『人生が変わる1分間の深イイ話』という二つの人気番組を、代役を立てるなどして継続させ、成功した」とし、かたやフジテレビの編成トップ・新井昭博氏は「看板番組に成長していた『クイズ!ヘキサゴンII』を打ち切り、数字を落としました」と同誌に語っている。
(引用元:芸能!裏チャンネル)

【送料無料】紳...

【送料無料】紳...
価格:4,872円(税込、送料別)


日本テレビとフジテレビが、終盤までデッドヒートを繰り広げた2011年の視聴率三冠王争い。ちなみに視聴率三冠王とは、全日(6〜24時)、ゴールデン(19〜22時)、プライム(19〜23時)のすべての時間帯で平均視聴率1位になることだ(ノンプライム(6〜19時、23〜24時)も含め、4冠という場合もある)。

近年は日本テレビかフジテレビのいずれかが視聴率三冠に輝いており、1994〜2003年が日テレ(10年連続。いずれも4冠。ただし1994年はゴールデン、プライムでフジと同率)、2004〜2010年がフジ(7年連続。2010年は4冠)となっていた(情報元:ウィキペディア)。

近年はフジ優勢だったが、2011年は日本テレビが8年ぶりに視聴率三冠を奪回した。ドラマ「家政婦のミタ」(日本テレビ系)が驚異的な数字(平均視聴率25.2%、最終回40.0%。情報元:ウィキペディア)を記録したことなども日テレにとっては大きかったと思われるが、今年に入ってもその勢いは衰えていないようだ。

ひらめき日本テレビが年間視聴率三冠王を獲得!
geinoublog ranking
starblog geiuwasa
geinoublog reader
(※フジテレビ、8年ぶりに首位転落!)

特にバラエティ番組においては、芸能界を引退した島田紳助氏が司会を務めていた番組への対応で明暗が分かれたとか。日テレは紳助降板後も「法律相談所」を打ち切らず、東野幸治、宮迫博之、後藤輝基らが交代で司会を務める形で継続しており、「深イイ話」も羽鳥慎一アナを司会として継続中。どちらも企画を重視した番組作りが功を奏しているようで、紳助氏抜きでも結果が出ているようだ。

一方、フジはせっかく成長させた「ヘキサゴンII」を打ち切り、現在は同時間枠に「おじゃマップ」(香取慎吾と山崎弘也による旅バラエティ)を据えて巻き返しを図っている。直近三回の平均視聴率は、9.4%(2月29日放送)、11.0%(3月14日放送)、12.3%(3月28日放送)とまずまずだが、今後安定した数字を維持できるかがカギになりそう。

ひらめきフジテレビのせいで日テレ『家政婦のミタ』続編制作が濃厚に
matome
reading
(※木村拓哉のスピード違反で?)

フジテレビは豪華なタレントを起用するなどキャスティング重視のイメージもあるが、このままこの路線で勝負していくのでしょうか。最近はテレビ朝日も好調のようで、今年の視聴率三冠争いはますます熾烈になりそう。

【管理人からのお知らせ】2014/2/13
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★関連記事 ★今日の注目ニュース

フジテレビのブログを探すなら→ 芸能人ブログ全集
フジテレビの芸能ニュースを探すなら→ まとめサイト速報+
ジャニーズのうわさが満載→ 芸能界のう・わ・さ!!

芸能ランキング
2012-04-16 | Comment(6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
「ミヤネ屋」司会の宮根誠司は、左巻きで品性のない男だと思っていたがその上、不倫の結果に生まれた子を隠していたとは開いた口が塞がらない。
本人は番組を降りる責任感がなく、制作テレビ局の読売テレビも、彼を番組から外す責任感も度量もない。
しかし、4月からの同時間帯のフジテレビの情報番組「知りたがり!」新設によって、視聴率は確実に低下して、司会者を交代させることになることを切望する。
Posted by どじょう at 2012年04月16日 13:16
どうも日テレの視聴率は眉唾臭いんだよな〜。何年も前に日テレのDが視聴率の計器を置いてる家を訪問し、金を渡して日テレを観るよう買収してたからね。それが発覚し日テレは視聴率競争から外れた。だから今回も何かしてないか!?
Posted by at 2012年04月16日 15:41
視聴率は株価に表れる。視聴率が良ければ、スポンサーが殺到してCMが増えて収益が上がる。
因みに、業界は競争していない。1社が良ければ、全体を引き上げるから。
Posted by at 2012年04月16日 20:52
>金を渡して日テレを観るよう買収してたからね

いつの話?
ソースは?記事張って!
Posted by at 2012年04月16日 22:40
日テレだけでなく、当時は全局やってましたよ。多分。就活のとき「目を瞑ってください。自宅にビデオリサーチ社の機械がある人!」と聞いてきたのは、フジサンケイ(一律採用だったので)だけだけどw
Posted by at 2012年04月18日 12:28
追補すると、あの頃は各局、他リサーチ社の視聴データと併用していた。(表向きは)
つまり、ビデオリサーチ社のデータが嘘八百だったことを皆が知っていたのだよw
Posted by at 2012年04月18日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.