徳光和夫が嫌いな「女優N」とは?「世界ウルルン滞在記」での態度にブチ切れ寸前 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

徳光和夫が嫌いな「女優N」とは?「世界ウルルン滞在記」での態度にブチ切れ寸前

1月17日放送の「私の嫌いな有名人ズバリ実名で発表するぞSP2」(日本テレビ系)で、芸能人やアナウンサーらが“嫌いな有名人”を告白した。

フリーアナウンサー・徳光和夫(70)が嫌いな「女優N」や、モデルでタレントのJOY(26)が嫌いな「実力派イケメン俳優M」とは…?

1月17日放送の「私の嫌いな有名人ズバリ実名で発表するぞSP2」は、芸能人、アナウンサーなどが嫌いな有名人を告白するという内容。実名を告白したケースもあれば、イニシャルなどにとどまる場合もあったようだ。

その中の一人・徳光和夫が嫌いだという「女優N」とは、いったい誰なのか。

(以下、「私の嫌いな有名人ズバリ実名で発表するぞSP2」の放送より。一部要約)

フットボールアワー・後藤輝基「それは今でも、一線でご活躍されている方ですか?」

徳光和夫(以下、徳光)「大変な活躍ですね。大女優までいってないかもしれませんが、大女優への道は確実に進まれるんではないかと。そういうことを認めることが悔しいくらい、あることがあったんですね(苦笑)

一同「えーー」

菜々緒「エピソードだけでも」

徳光「『世界ウルルン滞在記』という番組で、ある場所にリポートに行ってもらって、旅人になってもらった。それで、ほとんどの人たちが現地で協力的だし、やっぱりとけ込むわけですね。にもかかわらず、その人は最後の最後まで女優で通したという。だから帰ってきて隣にいていろいろ話をうかがいましてもね、中身がない。で、オレもちょっとキレかかって、『何なんだ』と。見ることも嫌だなと思ったんであります」

菜々緒「イニシャルなんかは教えていただけたりしますか」

徳光「Nです

宮迫博之が徳光に耳打ちすると(ドンピシャだったようで)、徳光「何で分かったの?」。一同「ええーー」。

徳光「もう人間的にこの人は絶対好きになれないって、今後会うこともないかもしれないんでありますけれども、無茶苦茶うまい女優なんだよ。女優のために生まれてきたんじゃないかと思うくらい」

(情報元:「私の嫌いな有名人ズバリ実名で発表するぞSP2」の放送より)

「大女優への道は確実に進まれる」とフォローしつつも、「女優N」が嫌いであることを告白した徳光アナ。2ちゃんねるでは、以下のような意見が出ていた。

(以下、2ちゃんねるより抜粋)
「中谷美紀??」
「永作ひろみだな」
「中越典子」
「中島朋子のうるるんなら見た事がある」
「名取裕子か」
「仲間由紀恵」
「長澤まさみか」
(情報元:2ちゃんねる)

この中で「ウルルン」に旅人として出演したことがあるのは、中谷美紀(36)、永作博美(41)、中越典子(32)、中島朋子(40)、名取裕子(54)あたりのようだ(あくまでもネット上の情報。正確にはわかりません)。この中で、名取は大女優といっても差し支えなさそうなので、それ以外の4人が怪しい?

それぞれが出演した「ウルルン」のVTRを見れば、わかるかもしれないが。次に、JOYが嫌いな「実力派イケメン俳優」とは…?

(以下、「私の嫌いな有名人ズバリ実名で発表するぞSP2」の放送より。一部要約)

JOY「同じ番組に出るということで、楽屋に挨拶にいったわけですよ。で、目があったので、「JOYです。よろしくお願いします」と言ったら、フルシカトで、僕のことをこんな風に(上から見るような表情で)、微動だにしないの。昔の俺だったら、パチ切れていってますからね。オメェなんだと。同い年なんですよ」

フットボールアワー・後藤輝基(以下、後藤)「同い年ということは何才?」

JOY「26ですね

後藤「どういうドラマに出てるんですか?」

JOY「まぁ割と主役やる人なんで、ドラマ名とか言っちゃうと…

後藤「イニシャルだけでも言って欲しいんですけどね」

JOY「M

後藤「Mさん。イニシャルだけ聞いてもね、ピンとこないんですよね。ピーすらも名前すらも言えないやつなのか、僕が判断しますよ(と耳打ちで教えてくれるよう、そそのかす)」

JOYが耳打ちすると、後藤「ほおぉぉ〜。これ、ダメですね。これ言っちゃダメなやつ

(情報元:「私の嫌いな有名人ズバリ実名で発表するぞSP2」の放送より)

JOYが嫌いな「俳優M」とは誰なのか。こちらは、年齢(26才)でかなり絞れ込めそうで、松田翔太(26)、あるいは松山ケンイチ(26)あたりになるか。あくまでもイニシャル話で。

同番組では、他にも多くの“嫌いな有名人”が紹介された様子(イニシャルも含めて)。告白後にご本人が登場して、思い出話に花を咲かせるといった、もうすでに過去の笑い話として流せる例もいくつかあったが、コソコソと暴露するのは相手もあることですし、どうなんでしょうね。

“嫌いな人”は誰にでもいると思いますが、そういう人とどうやってうまく付き合っているか、といったところまで引き出せたのだとしたらまだ良かったと思いますが。

【管理人からのお知らせ】2019/4/10
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ。

人気ブログランキング(芸能人)

タグキーワード
2012-01-17 | Comment(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
ふじわら Nのりか・・・しかいない。
Posted by うがうがうーーが at 2012年01月21日 23:15
JOYが小物過ぎだったか・・・。
Posted by at 2012年03月14日 22:28
ウルルンではなかったと思うけど名取裕子が南国に取材に行った番組みた事あって
そのとき幅広ぼうしに長袖ブラウスにパンツスタイルおまけに
顔を白いシフォンのスカーフで覆ってて完璧に肌を守ってた
それで短パンにサンダルしか身につけてない
現地ガイドと歩いてたから違和感ありすぎで
どうしてこの仕事引き受けたのか?っておもった
Posted by at 2012年04月04日 21:33
まぁ、評価を得るために仕事してる側から見たら、生き残るために芸能界にすがりつこうと仕事してるバラエティタレントって、違う人間に見えるんだろうね。
Posted by at 2012年07月16日 02:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.