伊藤利尋アナがみのもんたを超えた!「めざましテレビ」抜擢でギネス級の忙しさに - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

伊藤利尋アナがみのもんたを超えた!「めざましテレビ」抜擢でギネス級の忙しさに

フジテレビの“アミーゴ”こと伊藤利尋アナウンサー(39)が、急性リンパ性白血病のため長期休養する大塚範一キャスター(63)の代役として「めざましテレビ」(フジテレビ系)のメーン司会を務めることになった。

その伊藤が、今週にも、みのもんた(67)の持つ「1週間で最も多く生番組に出演する司会者」のギネス世界記録を塗り替える勢いだそうで…?

(以下引用)

伊藤は昨年から午前10時台の情報番組「知りたがり!」の総合司会を務めている。その2時間前まで情報キャスターをしていた「めざまし」も総合司会を担当することになり、午前中に2本の生番組に出演することになった。

さらに、伊藤は今月4日から12月2日まで「知りたがり!ワールドカップバレースペシャル」の生放送が夕方に1時間ある。つまり、平日は毎日5時間の帯番組を受け持つことになる。

「みのがギネスに認定されたのは06年11月。日テレの『おもいッきりテレビ』と、TBSの『朝ズバッ!』『サタデーずばッと』の3番組の総出演時間が1週間に21時間42分を記録しました。伊藤は単純計算で25時間ですから、申請すればギネス記録間違いなしです」(マスコミ関係者)

(引用元:ゲンダイ)

伊藤利尋アナが、期間限定とはいえ1日5時間の生番組を掛け持ちすることになり、みののギネス記録を抜く勢いだという。申請するかどうかは別として、目の回るようなスケジュールといえそう。

ちなみにみのは、自身の持つギネス記録(2006年11月に認定された21時間42秒)を、2008年4月に更新している。その記録は、22時間15秒のようだ。

ただし、それでも伊藤アナが申請すれば、十分抜くことは可能なようだ。

伊藤アナは、慶大法学部卒業の39歳。豊田皓社長に「エースだと思っている」と名指しされたこともあるそうなので(情報元:ウィキペディア、2008年6月のフジテレビ社長会見で)、中堅アナのエース格として期待されているのだろう。海外在住経験があり、英語も堪能なようだ。

「めざまし」大塚さんの穴を埋めるのは容易でないと思われるが、フジの顔としてアピールする絶好の機会ともいえそうですし、体調にはくれぐれも気をつけて頑張って欲しいですね。個人的にはスポーツ実況(サッカー、競馬など)で、もっとみてみたいですが。

★アナウンサーのニュースを探すなら

【管理人からのお知らせ】2019/4/24
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

タグキーワード
2011-11-09 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
伊藤利尋は評価しない。大塚の代役は果たしてない。代行の意味をわかってない。交代は遅すぎた。
Posted by とおる at 2012年03月28日 17:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.